レバテックキャリアの登録から退会方法

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > レバテックキャリア潜入調査!登録から退会までを徹底解説

レバテックキャリア潜入調査!登録から退会までを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルの画像

レバテックキャリアとはIT・Web業界のエンジニア専門転職エージェント。IT業界に多い専門用語や、最新技術の話も通じるレベルの高いキャリアドバイザーが多数所属しているのも売りのひとつです。

このページでは、レバテックキャリアの登録から退会方法までを徹底解説。この記事を読めばレバテックキャリアの全てを理解することができます。

【レバテックキャリア公式ページ】

レバテックキャリアの3つの特徴を抑えよう

レバテックキャリアがエンジニア転職市場において評価されているのには、大きく分けて3つの特徴的な理由があります。

①専門性が高いキャリアドバイザーが所属している

レバテックキャリアの一番の売りがキャリアドバイザーの質の高さでしょう。実際に筆者が利用してみると、「同じ業界人と会話している」と錯覚するほど。やはりこれは IT・Web業界に特化したエージェントだからこそできることだと感じます。(総合系の転職エージェントのコンサルタントの中には「プログラミング言語」を詳しく知らない…なんてひともザラに居ます。)

キャリアドバイザーの中には元SEという経歴を持つ人もおり、自分以上に業界に詳しい人も。やはり、相談をするなら知識量がある人がいいですよね。

また、ITエンジニアの現場と、転職業界の両方を知っているので、正しい市場価値を図ってもらえます。

②登録件数は4,000件以上!IT業界の求人数が多い

レバテックキャリアを運営しているのは株式会社レバレジーズ。IT業界では名の知れた企業です。エンジニア転職サイトだけでなく、フリーランス向けの案件情報サイトなども運営しているのでとにかくコネクションが強い。

レバテックキャリアに掲載されている求人件数は4,000件を超える上、非公開求人も全体の80%と大きな数字を締めています。

また、リクルーティングアドバイザーと呼ばれるいわゆる「営業担当」の社員もおり、企業側の採用担当者と直接やり取りをして企業の風土・業務内容を把握しています。直接企業へ脚を運ぶこともあるという熱心さなので、レバテックキャリアにしか取れない独占求人も多いのです。

③企業別に対策をするので内定率が高い!

レバテックキャリアはIT・Web業界に特化した転職エージェント。その分、業界に特化した転職対策を練ることが可能です。また、リクルーティングアドバイザーが直接企業の採用担当者とやり取りをしているので、求人票以上に「企業がどんな人材を求めているのか」の情報をゲットすることができます。

転職初心者に嬉しいのが、履歴書や職務経歴書の添削、模擬面接などの面接対策です。

転職が初めての場合、職務経歴をどのように書けばいいのか分からないでしょう。インターネットを検索しても、さまざまな書き方、フォーマットが存在するので混乱してしまいまうでしょう。

その点レバテックキャリアには履歴書や職務経歴書のフォーマットが用意されているので安心です。転職成功者の経験を元にしたアドバイスも貰えるので参考になります。

2017.12.25
IT・Web業界の転職に特化した「レバテックキャリア」を運営しているレバレジーズに潜入取材!面接場所や美人キャリアアドバイザーさんを写真とともにお届けします!アドバイザーの質が高いのは本当?好条件の求人はあるの?気になる質問を調査。転職を考えているエンジニア必見の内容です!

レバテックキャリアの登録までの流れを潜入解説!

文字とスーツを着た女性

レバテックキャリアの公式ページによると、無料登録は「簡単30秒!」と書かれています。果たしてこの数字は真実なのでしょうか?実際に登録をしてみました!

登録には11個の質問項目に答える必要アリ

登録にかかる時間は転職エージェントの中でも最短クラス!

  • ご希望の転職時期
  • ご希望の勤務地
  • 氏名
  • 氏名かな
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 職務経歴書(任意)
  • 履歴書(任意)
  • ポートフォリオURL(任意)
  • その他ご要望(任意)

筆者が実際に登録にかかった時間は…「1分14秒!」簡単30秒!とは行きませんでしたが、転職エージェントの中では登録時の質問項目が少なく、登録のハードルが低いと言えるでしょう。

職務経歴書やポートフォリオの提出に関しては任意です。登録後のキャリアカウンセリング時に作成することができるので、まだ作成していない人は無理に作る必要はありません。ここで提出しなかったからといって以降のサービス利用に悪影響を及ぼすことはありませんよ。

登録後にも希望条件と経歴を入力するアンケートフォームがある

レバテックキャリアの登録完了画面

登録自体は簡単ですが、登録後に経歴や求人の希望を入力するアンケートがあります。

  • 就業状況
  • 転職回数
  • 現在の職種
  • 担当工程の経験年収
  • メインのスキルについて(任意)
  • 希望の年収
  • 契約形態
  • 業務内容
  • ヒアリング希望日程

アンケート後に送られてきたメールをを見てみると、ここの入力フォームでサポート可否を判断しているようですね。

嘘を書くのはいけませんが(のちのち職務経歴書でバレます)、しっかりと丁寧に入力していきたいところです。

レバテックキャリア側では合否のボーダーラインを公開していませんが、転職エージェントの利用経験、そして転職エージェントで働いている知り合いから話を聞いたことのある筆者が、落ちる人と通る人の傾向をまとめました。

サポートが受けられる人

  • 3年以上のエンジニアとしての実務経験がある人
  • 短期での転職を考えている人
  • エンジニアとしてのスキルがある人
  • 求人がある地域で転職を考えている人(レバテックキャリアの場合都内)
  • 40代以下の人

サポートが受けられない人

  • エンジニアとしての実務経験がない人、短い人
  • 求人の少ない地域で転職を考えている人
  • 希望求人の条件が高すぎる人
  • 40代以上の人

登録フォームと希望条件・経歴を入力後に電話orメールがくる

レバテックキャリアの登録画面

登録フォームの入力、その後のアンケートフォームを入力すると、電話かメールでの連絡が来ます。

サイト上には3営業日以内と書かれていますが、一般的にその日のうちに連絡が来る場合がほとんどです。(筆者の場合もそうでした)

そこでの電話(orメール)で、面談の日程を決定していきます。それに合わせて、このタイミングで一度履歴書・職務経歴書の提出が求められます。日程確認時のメールにExcelファイルでのフォーマットが添付されているので、ここでは深く考えずに最低限の情報を入力するだけでOKです。

レバテックキャリアのメール画面

面談~求人紹介までのフローを確認!

登録が完了すると、キャリアアドバイザーとの面談です。その場で求人紹介もしてくれるので、スピーディーに転職活動に移ることが可能ですよ。

平日夜や土曜日でも面談可能!

ITエンジニアとして働いていると「残業後はコンビニ以外営業終了している」なんてこともよくある話。転職エージェントの面談を設定したいけど、都合が付かない場合も往々にしてあります。

しかし、レバテックキャリアはIT・Web業界専門の転職エージェントなのでITエンジニアのワークスタイルに合わせた日時設定が可能になっています。

平日は21時~、土日にも面談の枠が用意されています。ありがたいですね!

面談に力を入れていることでも有名!だいたい1時間、長くて2時間程度

レバテックキャリアは面談に力を入れている転職エージェントとしても有名ですね。面談時間はだいたい1時間程度、長くて2時間を使います。

この面談は事前に提出した履歴書・職務経歴書と照らし合わせながらキャリアプランを決定、希望求人を絞り込んでいくことが目的。場合によっては当日の面談終わりに求人を紹介してくれます。

できるだけこのタイミングで職務経歴書をブラッシュアップしよう!

面談では、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップも行っています。ここで作成した職務経歴書は、今後キャリアカウンセラーが企業に推薦する際に使用するものとなるので、できるだけ完成度の高いものを作るようにしましょう。

筆者としては2時間くらいかけてもらっていいところだと思います。なぜなら、もしも転職可能性が低いと判断された場合2回目以降の面談(キャリアカウンセリング)を入れることが難しくなってくるからです。

求人紹介から内定・入社までの流れとは?

求人を紹介してもらったあとも、レバテックキャリアでは担当キャリアカウンセラーが間に入ります。どのようにフローが進んでいくのか確認していきましょう。

履歴書と職務経歴書、推薦状を元にした書類選考

キャリアカウンセラーから紹介された求人が気に入れば、書類選考にエントリーする流れになります。その際に利用されるのは以下の3点です。

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 面談時にキャリアカウンセラーが作成する推薦状

推薦状というのは、キャリアカウンセラーが面談時に感じた利用者の所感。筆者は企業の採用担当としてこの推薦状を見たことがあるのですが、書かれていることは「自分のご意見をしっかりと伝えられる誠実な人柄です」「少し物静かですが、丁寧に返答をしてくれるのが好印象です」など。転職エージェント側も内定をさせたいわけなので、当たり障りのないいい感じにのことを書いてくれます。

この書類選考の結果はだいたい1週間程度でキャリアカウンセラーの方から報告されます。

書類選考が通ったら面接を設定してもらう

書類選考に合格したあとは、面接の日程調節を行います。ここでの企業のやり取りもすべてキャリアカウンセラーが行ってくれるので、利用者は自分の都合の良い時間をいくつか伝えるのみでOKです。

レバテックキャリアはこの面接を複数社並行して進めていくことを推奨しています。その方が内定後の交渉が有利とのことですが…筆者は体力が持たなそうなので断らせていただきました。転職活動になれていない人は自分のペースで進めていくのが良いと思います。

内定獲得後の入社までサポートしてくれる!

転職エージェントによっては内定取得した段階でサポートが終了するのですが、レバテックキャリアは内定後の企業の交渉まで担当してもらうことができます。

年収や福利厚生面での交渉は、今後の居心地が悪くなってしまうのではないか…と心配して遠慮がちになってしまったりするのですが、エージェント経由でしたら何も気にせず交渉することができますね。

レバテックキャリアの登録~内定までのまとめ

サービス利用の流れ

レバテックキャリアの内定までの手順をまとめてみましょう。

  • ①登録
  • ②面談
  • ③求人の紹介・応募
  • ④日程調節・面接
  • ⑤内定・入社

内定をゲットするまでに短くてだいたい1ヶ月、長めで3ヶ月くらいかかります。

気をつけて欲しいのは、一般的に転職エージェントにはサポート期限があるということです。

エージェントの中には3ヶ月でサービスを打ち切られてしまう場合も。レバテックキャリアは今のところ無制限ですが、半年以上かけて進めていこうと考えている人は注意です。早めの段階でキャリアアドバイザーに相談しておきましょう。

レバテックキャリアを退会したい!そんな時は

レバテックキャリアは、専門性の高く一人ひとりに合った求人を紹介してくれる転職エージェントです。しかし、それが、退会理由にもなってしまうことがあるようです。

具体的には、自分のスキルに合ったところしか紹介してもらえなかったという意見がいくつかありました。今後の自分のキャリアを考えて幅広い業務を見てみたい方などにとってはあまり合っていないのかもしれません。

他には、担当者の言葉遣いや対応があまりよくないという意見も、少数ですがりました。話しやすい空気を作ろうとしてくれたのかもしれませんが、ビジネスパートナーとしてあまりよくありませんよね。

キャリアアドバイザーの変更もできる

キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合、担当者を変更してもらうことをオススメします。

具体的なやり方は、利用窓口に電話あるいはメールをして担当者を変更してほしい旨を伝えるだけです。その時は、どういったところで自分が不満に思ったのかを伝えることが大切。理由をハッキリと伝えることで自分に合った担当のキャリアアドバイザーを紹介してくれます。

キャリアアドバイザーの変更はよくあることで、転職エージェントには担当変更のためのフォームが用意されているほど。「相手に悪いな…」なんて思わず、気軽に行いましょう。我慢して担当を変えないよりも、自分の満足のいく形で転職活動を進めたほうがいいに決まっています。

それでも満足できなかったら退会しよう!

退会を考える際にはいろいろな理由があるかと思います。担当のキャリアアドバイザーが気に入らなかった、他の転職サービスで内定が決まったなど。いずれにせよ、思い立ったらすぐに退会したいという気持ちは共通でしょう。

どこの転職エージェントもそうですが、登録の時はとても分かりやすく書いてあるのに、退会方法についてわかりやすく書いているものは「なぜか」非常に見つけにくいですよね。この記事でしっかりと紹介します。

電話かメールで手続をしよう

退会するのは、ものすごく簡単です。基本的には、担当のキャリアアドバイザーへ電話かメールをして退会の意思を告げます。利用するつもりがなく、連絡を無視し続けることは避けましょう。

担当のキャリアアドバイザーが困ってしまうのはもちろんですが、ずっと連絡がくるのはこちらとしてもとても迷惑ですよね。つまり、無視をしても誰も得しないのです。

しかし、今まで求人を紹介してもらった担当者の方に直接言い辛いと思う方もいるでしょう。そういった場合はレバテックの事業部に電話して登録を解除してもらいましょう。

やっぱり必要となった場合に再登録は可能なの?

レバッテクキャリアの登録を一回解除した後に登録できるのかどうかですが、基本的にはすることは可能です。しかし、以前登録したあなたの情報がすべて消えてしまいます。

そのため、再登録の際は一から登録しなおさなくてはなりません。たとえどんなに細かい情報入れていたとしても消えてしまいます。

何かしらのトラブルが原因で退会した場合は再登録できない可能背もあるので注意が必要です。個人情報は全て削除されるので漏えいなどの心配はいりません。

レバテックキャリアはこんな人にオススメの転職エージェント!

もちろん、転職エージェントにも向き不向きがあります。自分の転職スタイルに合ったエージェント選びが大切です。

レバテックキャリアの利用をオススメしたいのは以下のような人です。

東京都内での転職を考えている人

レバテックキャリアに掲載されている求人の80%以上が都内の求人です。つまり、都内の求人がめちゃくちゃ充実しているのです。

都内の求人は、公開求人だけでも1,069件(2017年9月現在)。全体の80%の求人が非公開求人なので、実際にはもっと多くの求人があることが予想されます。

さらに、都内でもIT企業が密集している渋谷区、港区、新宿区、千代田区にはたくさんの求人が出ています。都心への転職を考えている人にとっては選択肢の多いエージェントサービス。数が多い分マッチング率も高くなるでしょう。

マイナーなスキルを持っている人

マイナースキルは転職市場での価値が高いものの、エージェント側がその価値を理解していない場合があります。

IT・Web業界に特化しているレバテックキャリアなら、他のエージェントと比べて専門的な目で、正しい価値を測ってくれます。

地方への転職を考えている人には向いていない

レバテックキャリアの求人があるのは、現状「東京・神奈川・千葉・埼玉・関西圏」のみです。つまり、関東圏の地方への転職案件はすっかり持っていないのです。

今後地方の求人案件は増えるかもしれませんが、面談の会場となっているレバレジーズのオフィスは東京と大阪にしかありません。目処は立っていないというのが正直なところでしょう。

全国区の求人がある転職サイトも併用しよう

地方転職なら、全国規模で求人のあるリクナビNEXTがオススメです。

うまいやり方としては、レバテックキャリアに登録して履歴書添削などのサービスも利用しつつ、レバテックキャリアが対応していない地域はリクナビNEXTで応募するという方法。ただし、レバテックキャリアから応募する意志が無い場合はサポートサービスを受けることができないので、都内と地方どちらも視野に入れている人のみの利用法です。

リクナビNEXTのサービスをもっと知る→【リクナビNEXTの詳細】

レバテックキャリアのメリット・デメリットを把握しよう

レバテックキャリアのメリットとデメリットをまとめておきましょう。

レバテックキャリアのメリット

  • 登録が簡単
  • 履歴書・職務経歴書の作成を手伝ってくれる
  • 内定後のフォローも充実
  • 都内の求人案件が豊富
  • 特に渋谷区、港区、新宿区、千代田区の求人が多い
  • 非公開求人が多いから人気の大手企業案件もあるかも
  • マイナースキルの正しい市場価値を測ってくれる

レバテックキャリアは「都内での転職を考えている転職初心者のITエンジニア」にぴったりの転職エージェントです。都内にある非公開求人の数も非常に多いので、他の転職サイトで見つけられなかった好条件の求人も見つかるかもしれません。

また、履歴書や職務経歴書、面接のサポートを行ってくれるところも魅力です。

レバテックキャリアのデメリット

  • 担当キャリアアドバイザーの当たりハズレがある
  • 地方の案件が極端に少ない

筆者の周りにいる利用者の声を聞いても、レバテックキャリアへの不満は「担当アドバイザーとの相性」と、「地方の求人案件が無い」という2点に集中しているように思えます。

担当アドバイザーが気に入らなければ、すぐに担当の変更をしましょう。

地方求人が無いという問題はレバテックキャリアの今後の発展を祈るしか今はできることがありません。「サポートだけでも受けたい…」と思う人も多いかと思いますが、転職可能性がない人のフォローはしてもらえません。地方への転職を考えているのなら、利用を控えましょう。

利用者の口コミをチェック!

レバテックキャリアの評判を知るには、実際に利用した人の口コミをチェックするのが一番分かりやすいです。

ここでは、当サイトに寄せられたレバテックキャリアの口コミを紹介します。

評判のいい口コミまとめ

キャリアカウンセリングがとにかく長い。無料なのにこんなに丁寧に見てくれるサービスがあるの?と驚きました。担当の方もIT業界に詳しく、少ない言葉できちんと伝わるので安心感がありました。(K.Mさん、30歳/SE)


キャリアパスを組み立てる際の相談に乗ってくれた。おかげで無事希望求人が出せました。一人では企業を選べない人にオススメ。(I.Cさん、25歳/アプリケーションエンジニア)


有名ベンチャーの求人が割りとありますね。全体の求人数でいったらリクルート系に劣りますが、SEとして働いてみたいと思う企業は多いです。(M.Oさん、23歳/SE)


遅い時間に行っても担当さんがいるのがありがたかったです。平日21時からの面談で大変お世話になりました。本人にとってはたまったもんじゃないかもしれませんが。笑(S.Cさん、28歳/インフラエンジニア)

評判の悪い口コミまとめ

サポートを受けることができなかった。未経験OKと書かれた求人もあったのに、なんでですかね?(N.Rさん、23歳/プログラマー)


自分の希望と違う求人を紹介されます。(E.Oさん、31歳/社内SE)


千葉と東京で転職先を探していたのですが、千葉の求人はさっぱりありませんでした。(K.Sさん、29歳/ITコンサルタント)

ITエンジニアの転職に最も寄り添った転職エージェント!

レバテックキャリアはどこよりもIT・Web業界に向いている転職エージェントです。担当コンサルタントの知識量や求人数、またITエンジニアのワークスタイルに合わせた面談時間などが整っているので、ストレスも少なく利用することができるでしょう。

すべてのサービスを無料で利用刷ることが可能なので、一度登録してみてはどうでしょうか。


レバテックキャリアのサービスをもっと知る→【レバテックキャリアの詳細】


レバテックキャリアに登録してみる→【レバテックキャリア公式ページ】

関連する他の記事

マイナビエージェントITの口コミ評判からわかるメリットとデメリット
マイナビエージェントITはITやWEB分野に関する力を入れている転職サイトで業界NO.1という声もあります。…
川崎でIT業界への転職を目指すなら、DODA
川崎でIT業界に転職したいがどのエージェントを使うべきか悩んでいるという方に向けて、今回はDODAに掲載…
レバテックキャリアは未経験だと転職できない?実際に応募してみた
レバテックキャリアは未経験者に求人を紹介しないの!?ネットに転がる噂は本当なのか、実際に利用して検…
Web系エンジニア転職にはこのスキルを!SIerからの転職
SIerエンジニアからWeb系エンジニアに転職する際に必要なスキルや経験を紹介。実際の求人情報から企業に…
pagetop