ITエンジニアのSIerの資格

TOP > SIer業界のエンジニア転職 > SIer転職を有利にする!テッパンの資格4選

SIer転職を有利にする!テッパンの資格4選

このエントリーをはてなブックマークに追加
SIer転職を有利にする!テッパンの資格4選

システムを構築するSIer。SIとも呼ばれたりします。

SIerに就職する前は、「バリバリとコードを書いて、社会に役立つ最先端の技術を作りまくる!」そんな思いを持って就職したSEも多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ、仕様書通りにコーディングしているだけ、担当フェーズが狭くてスキルアップができない…そんな悩みを持ち、転職を考える人が多いです。

今回はそんなSEに向けて、SIer転職に役立つ資格を紹介していきます。

SIerとは

SIerのピラミッド

SIerと一口でいっても、非常に幅広い仕事を指します。企業によっても異なりますし、担当フェーズによっても異なります。

もちろんこの違いによって役立つ資格も異なるのですが…とりあえず、今一度SIerとは何か?簡単に確認していきましょう。

課題解決のためのシステムを作る企業

SIerを一言で表すと「課題解決のためのシステムづくりをする企業」です。システムを0から作り上げ、導入をするまでを請け負います。

基本的には受託開発で、受注企業の要望に沿ったシステムを開発していきます。

SIerの上流と下流って何?

SIerを語る上で外せないのが、「上流工程」と「下流工程」についてです。

大手SIerが上流作業を行い、中小、零細企業が下流作業を行っているのは知っているでしょうか。

大企業の大規模システムは基本的に資金力のある大手SIer(日立製作所やNTTデータなど)に受注が行きます。大手SIerはそれを受けてコンサルティングや業務分析を行うのですが、実際にシステム開発を行うのは大手SIerの下請け、孫請け企業なのです。

これがいわゆる「ITピラミッド」ど呼ばれるもので、末端になればなるほど誰でも出来るような単純作業…テストや簡単なプログラミングなどの仕事になってきます。

同じSIerでも上流と下流では仕事内容が異なる

SIerと言っても、上流企業はマネジメントがメインの仕事。開発などは下請けに発注するので、自分自身がエンジニアとしての技術力を磨けるという状態ではありません。

一方で、下流企業は下請けの開発がメイン。仕様書通りに、単純な作業を進めていきます。

下流になればなるほど納期が早まるので、残業をしなければいけない企業も多いです。これを解消するのなら、慢性的な人手不足を解消しなくてはいけないのですが…しかし、今後どんどんとITの領域は広がり、仕事は増えるのでこの状態が変化することは無いでしょう。

SIer転職に資格は必要?

SIerへ転職する際に資格は必要なのでしょうか。

資格はなくても大丈夫

SIerへの転職に資格は必ずしも必要はありません。そもそも、「資格を持っている」ということで圧倒的に転職が有利になるIT職はほとんどありません。強いて言うなら対外的に実力を示さなければいけないITコンサルタントくらいでしょうか。

転職市場においては、圧倒的に資格よりも実務経験が重視されるのです。

とは言え、資格を持っていると持っていないとでは持っている方が有利になることは事実。特に、経験が浅いSEは資格によって職務経歴をカバーすることも可能です。

自分のスキルを向上させる目的で取得する

資格の取得は自分自身のスキルを磨く上で役立ちます。特に、SIerで働いていたらルーチンの作業しかしないというケースも多いでしょう。

資格を通して今とは異なる分野を学んだとしたら、もしかしたらキャリアパスの幅も広がるかもしれません。

資格手当や報奨金制度がある企業も

企業の中には資格手当や報奨金制度など、資格取得によってお金が支給されるところもあります。資格手当や報酬金が支払われやすい資格は以下の通りです。
  • 情報処理技術者試験
  • Oracle Master
  • Solaris
  • Java
  • Cisco
  • Microsoft Certified Professional
  • Linux
  • XML

資格にもよりますが、資格手当はだいたい5,000円から2万円、合格報奨金は2万円から12万円程度となっています。

現在の企業にこのような資格手当、合格報奨金がある場合は本格的に転職活動を進める前に取っておきましょう。

SIer転職に有利な資格とは

SIerは企業やその企業のクライアントが抱える課題をITで解決しています。そのため、様々な業界が取り引きの対象です。近年では課題解決のみではなく、時代のニーズを先取りした新規ビジネスの創出をメインに行っており、顧客の業界・規模に関係なく、とても幅広いビジネス領域が存在しています。ITエンジニアとしてもクライアントの面が大きいため、他のエンジニアより工夫のしがいがあります。

SIerとしてスキルアップしていくなら、必要な資格を紹介します。

CCENT

PCの通信に必要なルーターやスイッチなどの構築・管理に必要なスキルです。24時間いつでも稼働し続けられるコンピュータサービスの基本的な土台となる仕事なので、夜に起こる急なトラブルに対応する業務が発生することもしばしば。トラブルに対し、スピード、質を求められます。

Oracle認定Javaプログラマ

依頼者の要望に応じてコンピュータのシステム設計を行うために必要なスキルです。業務のシステム化にあたって調査や分析をし、システムの基本設計を決定します。

Java SE Programmer

製品導入の提案から導入後の企業への問い合わせ、メンテナンスからトラブルの解決まで、他方に渡る技術支援をおこなうために必要なスキルです。クライアントに対し、専門知識を知らない人にも分かるように解説し、クライアントの要望を満たす提案をする業務です。

ORACLE MASTER

顧客情報や商品情報などの膨大なデータを効率よく管理をし、また同時に検索できるデータベースシステムを設計、構築・運用をする職種です。単に検索をするのに便利なデータベースを構築するだけではなく、不正データを受け付けないように管理することや大量の一斉アクセスを受けた場合の負荷を分散することなども検討します。セキュリティの知識も幅広く必要になるため広く、客観的な視野でシステムと接する必要があります。

他にも、クライアントの要望に基づきビジュアル面での構築を必要としたりするので、画像制作ができるようなスキル、コンピューターウイルスやハッカーからシステムを守るためのすきるなどを必要とする場面があります。それぞれ、SIer以外に専門のエンジニアがいますが、知っておいて損はないですし、クライアントに説明するために必要な資格となっています。

転職をしてみたい、興味を持ったというような方は一つでも多くの資格を獲得することをオススメします。また、多くのコミュニケーションを取るので人と話すことにも慣れておきましょう。

SIerから異業種への転職に役立つ資格は?

SIerで働いているSEの中には、「SIerから脱却したい」と考えている人も少なくないでしょう。

SIerから異業種のエンジニアへ転職する場合、いまあるスキルとそれ以上に専門的な知識が必要です。

SIerから異業種への転職の場合は、どのような資格が有効なのでしょうか。

業種ごとに価値の高い資格は違う!

当たり前ですが、業種によってエンジニアの仕事内容は大幅にことなります。まずは、どの業種に転職するのかを決め、その次にその業種ではどのような資格が求められているのかどうかを確認しましょう。

アプリケーションエンジニアの資格なら→アプリケーションエンジニアへの転職時に取るべき資格5選
→サーバーサイドエンジニアに転職するなら持っておきたい資格

まとめ

SIerの転職には必ずしも資格が必要というわけではありませんが、持っていると安心です。特に、現在担当している範囲が狭いSEにとっては資格取得によってエンジニアとしての広い視野が身につきます。

自分の市場価値を高めるために、積極的に受験をしていきましょう。

またその後は「マイナビエージェント」で求人を探すのがおすすめです。

マイナビエージェントは転職成功実績No.1であるため自分に合った求人が見つけやすくなっています。

皆さんもぜひ活用しましょう。

マイナビエージェントの公式ページへ

関連する他の記事

SE辛い!そう感じた人が壊れてしまう前に取るべき行動
SE職が辛くて心を病んでしまう人はたくさんいます。そうならないように、辛いと感じたら早めに次の行動に…
女性が働きやすい職場とは?転職するならレバテックキャリアで相談しよう
IT業界には女性のエンジニアがあまりいません。そのため、将来的に働きにくくなる企業も多くあります。長…
システムエンジニア(SE)のための転職・求人情報まとめ

こちらでは、SEの転職・求人情報や仕事内容、残業時間や求められるスキルについて紹介しています。特…

確認しよう!アプリケーションエンジニアのメリットとデメリット
未経験OKでの転職も受け入れているアプリケーションエンジニア。メリットとデメリットは何なのでしょうか…
pagetop