レバテックキャリアはデータサイエンティスト転職に最適なのか?

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > レバテックキャリアはデータサイエンティスト転職に最適

レバテックキャリアはデータサイエンティスト転職に最適

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバテックキャリアのロゴ

IT業界に転職するにあたって、どの転職サイトを使おうか悩んでいる方も多いと思います。データサイエンティスト転職をするにあたって、レバテックキャリアは使用しやすいサイトなのでしょうか。今回は実際の求人を見ながらレバテックキャリアのデータサイエンティスト求人を調査していきます。

レバテックキャリアのエンジニア職種は細かく分類されている

レバテックキャリアのデータサイエンティストは、エンジニア(SE、プログラマー、インフラエンジニア)のカテゴリの中のマーケティングカテゴリにあります。

データサイエンティスト求人は約35件ある

レバテックキャリアにあるデータサイエンティスト求人は34件です。公開求人・非公開求人の割合はサービスによって違うとはいえ、エン転職に掲載されている求人件数は3件なので豊富な方であると言えるでしょう。

転職の場合、10社面接して3社合格すれば良い方とも言われています。候補がたくさんみつかることは、転職をスムーズに進める上でとても大切なことですよね。

エンジニアの中でもポジションやジャンル別で検索することが可能

レバテックキャリアのデータサイエンティスト求人は豊富にあります。エンジニアの職種というカテゴリの中でも、以下のようなカテゴリに細分されています。

プログラマー、SE 、インフラエンジニア、サーバーエンジニア、フロントエンドエンジニア、データサイエンティストに分かれています。

データサイエンティストはビジネスにおいて需要度の高い職種の1つです。統計学、データ分析、数学などの経験がある人はマーケティングカテゴリのデータサイエンティストを見てみると良いでしょう。また各エンジニアに必要なスキルもカテゴリ別に説明されているのでそれらを参考に転職を考えてみるのも良いですね。

データサイエンティストの傾向や特徴は?

レバテックキャリアに掲載されているデータサイエンティストにはどのような特徴があるでしょうか。実際の求人情報から見ていきます。

データサイエンティストの求人が半数以上を占める

レバテックキャリアに掲載されているマーケティングカテゴリの中で、半数以上の34件(2017年9月11日現在)を占めるのがデータを資源に変えるデータサイエンティストです。

データサイエンティストの求人を見てみると、業務内容や必須条件が詳細に記載されています。例えば、業務内容であれば、クライアントに関する各種データやデータベースを用いたシステム設計などです。必須条件はデータ設計、集計、分析に関する専門知識や経験です。

スキルだけでなく高いコミュニケーション能力を必須条件としている求人もあります。

必須条件を見て自分が応募できる求人か即座に確認できるとことが良いですよね。

レバッテクキャリアのデータサイエンティストではどのようなスキルが求められている?

レバテックキャリアに掲載されているデータサイエンティストの求人で、求められているスキルはDBやクラウドです。

データサイエンティストのようなデータ活用専門家はDB操作に習熟している必要があります。GCPやAWSなどの大手クラウドの利用が浸透し、大手企業も基幹システムをクラウドに移行しています。よってクラウドを使いこなせるスキルがあることは重要です。このようなスキルがあると転職に有利だといえます。

Webサービスに関わった経験はほぼ必須

データ分析の経験年数を問う求人は少なかったです。

先ほど紹介したDB及びBI技術におけるスキルを必須条件としている求人もいくつかありました。他にも統計学における知識やBI設計技術、機械学習における研究経験、SQLに関する知見、経験などが必須条件となっています。

ネット広告プロモーション事業の経験やマーケティング経験などを歓迎条件としてあげている求人もありました。

必須条件、歓迎条件両方でモチベーションが高くチームで協力できる人が挙げられています。技術面だけでなく精神面も面接では評価されるということですね。

求人の具体的な業務内容はシステム導入後のユーザーへのヒアリングやシステム改善の提案などがありました。他には戦略企画を立てて実行すること、マーケティング効果の分析、予測モデルの構築です。企業の膨大なデータを資源に変えるため、数値化できる情報を使い、分析、分析結果の提案、改善に活かすことがどの会社でも主な仕事となるようです。

レバッテクキャリアはデータサイエンティスト転職におすすめ

レバッテクキャリアは、インフラエンジニアなどのエンジニア求人やデータサイエンティストなどのマーケティング求人が豊富にあります。求人数は他の転職サイトに比べて多いようです。

たくさんの求人があると、自分に合う求人はどれなのかと悩んでしまうかもしれません。自分のキャリア設計が不明確の場合キャリアアドバイザーに相談するのが良いと思います。

転職活動のプロであるキャリアアドバイザーと相談して希望のデータサイエンティスト求人に応募しましょう。


レバテックキャリアのサービスをもっと知る→【レバテックキャリアの詳細】

関連する他の記事

将来性無い?話題のインフラエンジニア年収と仕事内容公開
インフラエンジニアはエンジニア職の中でも年収の良い職種なのか?インフラエンジニア転職にまつわる年収…
SEの転職で失敗してしまうのはこんな人!年収アップしている成功者に学ぶ方法
SEで転職を考えている人に、今までの実際の失敗例、成功例を提示した上で、転職成功に向けてアドバイスを…
求人紹介がウザいならリクルートエージェントのアプリを使おう
転職エージェントは情報が多くて使いにくい!そんな人にお奨めしたいのが、ツールやアプリが発達している…
DODAエンジニアITで内定辞退はできる?波風立てない伝え方
DODAエンジニアITの紹介で手に入れた内定。内定辞退はできるのか?気まずくない?タイミングは?そんな疑…
pagetop