サーバーサイドエンジニアの求人情報から見る役立つスキル経験

TOP > サーバーサイドエンジニアの転職 > サーバーサイドエンジニアの転職に求められるスキルや経験とは

サーバーサイドエンジニアの転職に求められるスキルや経験とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコン画面に映るサーバーの画像

サーバーサイドエンジニア(バックエンドエンジニア)は、サーバーサイドやデータベースのシステム設計など、動的な部分のシステム構築を行う職種。

大企業でないと、フロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの仕事が分かれていることは少ないため求人数もそれほど多くありません。

そのため、転職の際には特筆できるスキルや経験が必要となってきます。

サーバーサイドエンジニアの転職にはどのようなスキルが求められる?

サーバーサイドエンジニアには動作環境を構築する言語スキルを求められます。

これはフロントで使われる言語より圧倒的に種類が多いため、他種のエンジニアが即座に対応するのは難しいでしょう。

そのため、使える言語数によってサーバーサイドエンジニアのスキルの差が決まると言っても過言ではありません。

それでは、転職求人情報を参考に、必要とされているスキルを見ていきましょう。

JavaやC・C++などのコンパイラ型言語

コンパイルする必要のあるプログラミング言語。代表的なものはJavaやC・C++などが挙げられます。

変換の手間はかかりますが、作業速度が早いのが特徴。サーバーサイドエンジニアはコードをプログラムすることが多いので、コンパイラ型言語は必須スキルです。

PHP・Python・Perlなどのインタプリタ型言語

プログラム作成後、すぐに実行することが出来る言語。コンパイルする必要が無い分手間はかかりませんが、実行の時の作業が多いため作業速度は遅めです。

コンパイラ型言語と合わせてシステム構築等のコーディングに必要な言語なので、こちらも必須スキルとなっています。

Oracleや SQL Serverなどのデータベースに関する知識も必要

サーバーサイドエンジニアはデータベースのシステム設計や開発も行います。JavaやRubyなどの言語を使用してアプリケーションを開発しますが、ユーザーが使用できるように整えるためにはOracleなどのデータベースに関する知識も必要になってきます。

また、アプリケーションやサーバーと連携させる際にはコンパイラ型言語やインタプリタ型言語を使用します。

スキル以外に技術者としての経験も考慮されるのか?

サーバーサイドエンジニアであった人がアプリケーションエンジニアやWebエンジニアになるのは簡単だと言われています。何故なら、サーバーサイドで使っている言語は大抵他の分野でも使っているからです。

逆に、他ジャンルのエンジニアからサーバーサイドエンジニアに転職することは、多言語を使ってきた経験が無い限り非常に難しいでしょう。

サーバーサイドエンジニアは経験必須と言っても過言ではない

サーバーサイドエンジニアの求人情報を見てみると、他ジャンルのエンジニアと比べて応募資格の条件が非常に細かく書かれていることが分かります。

サーバーサイドでの開発経験、PHPやRubyなどのインタプリタ型言語を利用した開発経験など。アプリケーションエンジニアなどの求人に見ることができる「未経験OK」の文字は殆ど見ることが出来ません。

複合的要素から見て問題解決する能力が必要

例えばECサイトのデータベースを管理するサーバーエンジニアなら、注文時のバグや商品のデータベースの不備など、何かしらのトラブルが起こった際は即座に対応しなければなりません。

サーバーの問題を複合的な要素から見て、原因を突き止める必要があるため、様々なプログラミング言語やデータベースの知識に精通しているだけではなく、それらがどのように構築されているのかを理解している必要があります。

この知識は経験の中で培われるものですので、サーバーサイドエンジニアへの転職はエンジニアとしてある程度の経験があることが望ましいでしょう。

2017年は経験だけでなくコンプライアンス問題対力にも注目

チケット事業を行っているぴあ株式会社のユーザー情報漏えいや、GMOペイメントのカード情報漏えいなどの問題は記憶に新しいのではないでしょうか。

近年、このようなデータベース関連の情報漏えい問題が相次ぎ、企業ではデータベースのコンプライアンスに関する意識が高まっています。そのため、サーバーサイドエンジニアにはコンプライアンス問題やセキュリティに関する知識・経験が強く求められているのです。

また、セキュリティシステム自体も進化しているので、サーバーサイドエンジニアには新しい知識を身につけることが求められています。

多彩な言語スキルを活かした転職活動をしよう

サーバーサイドエンジニアは、システムやデータベースの基盤を作る仕事です。

それらを構築するコードを書くことが主な仕事のため、他ジャンルのエンジニアと比べて使用する言語は多岐にわたります。

必要とされる言語スキルは非常に多いですが、その分技術が付きどこでも重宝される存在であることは間違いありません。エンジニアとして自信をレベルアップさせたいならオススメの職種です。

関連する他の記事

評判が良い!?TECH::EXPERT(テックエキスパート)のフリーランスコースを大調査
今回はTECH::EXPERT(テックエキスパート)のフリーランスコースに注目していきます。フリーランスコース…
外資系のITコンサルトに転職するにあたって抑えておきたいこと
外資系のITコンサルタントとはどういった職業なのか、またどのような特徴があるのかを解説していきます。…
川崎に多いエンジニア求人の職種・傾向
東京郊外で働きたいと考えるITエンジニアにとって、神奈川県川崎市はほどよい環境のひとつかもしれません…
ITコンサルタント転職はタイミングが勝負!最善の時期とは
ITコンサルタントに転職したいと考えている人の多くは、いつすれば良いのかという疑問を抱くでしょう。ど…
pagetop