ITエンジニアSIerとして働くための志望動機を紹介します。

TOP > SIer業界のエンジニア転職 > ITエンジニアSIerとして働くための志望動機

ITエンジニアSIerとして働くための志望動機

このエントリーをはてなブックマークに追加

IT業界に適している志望動機とはどのようなものでしょうか。IT業界またはSIerになるための志望動機の書き方が分からず悩んでいる人はいませんか?SIerやITエンジニアの仕事をよく知らないと志望動機を書きにくいですよね。

しかしIT業界、SIer、ITエンジニアに応募するための志望動機の例をもとにして書けば大丈夫です。志望動機の書き方、例文を参考に志望動機を完成させましょう。

SIerに適している志望動機を例文から考えよう

まずはSIerの志望動機の例文を見ていきましょう。NTTデータの志望動機の例です。

「貴社で大規模なSIerに携わり、IT機能から多くの人の暮らしを豊かにしたいと考え貴社を志望します。」

この文のポイントはなぜSIerなのか、なぜその会社のSIerではないといけないのか主張することです。

「大学時代で情報工学を学んだ知識を活かして、インターンとしてではありますが、ベンチャー企業で簡単な社内システムを作っていました。見積書等を自動作成するだけでしたが、社内の人から感謝されたことが心に残り、ITの機能性の魅力を感じました。そのような経験からITエンジニア(SIer)として働きたいと考えるようになりました。」

この文のポイントはなぜSIerとして叩きたいのかを明確にすることです。過去の経験を入れて具体的に説明する事が大事です。

「様々なSIerとして働ける企業の中でも貴社は新日銀ネットや年金システムなど公共に関わる開発をしているところに強みがあります。貴社でなら、SIerとして携わったシステムを通してより多くの人の生活を豊かに、支えられると考え、貴社を強く志望します。

この文のポイントはSIer(ITエンジニア)として働ける企業の中でもなぜその会社なのかを強調することです。

SIer(ITエンジニア)の仕事をおさらいしよう

SIer(エスアイヤー)とはシステムインテグレーターのことですよね。社会に必要不可欠なあらゆる仕組みをITによって構築する情報サービス企業です。顧客の業務を把握し、問題解決のためのコンサルティングから開発まで行うのがSIerの仕事です。SIerの中には、コンサルティングと設計のみ等全過程の一部だけを任される場合もあります。例えばNTTデータは全過程を全てやるコーディネーターとしておこなっています。通信キャリアと協力して制作しています。

つまりSIerは企業や顧客が抱える課題をITによって解決しています。よってあらゆる業界がビジネスの対象になります。近頃は問題解決だけでなく、時代のニーズに合わせた新規ビジネスの制作も行っています。顧客の業界や規模に関わらず幅広いビジネス領域があります。特にNTTデータは官僚と民間、規模の大きさに関わらず社会を支える仕組みを幅広く携わっています。そして領域を増やし続けています。

SIerの顧客例をあげます。公共サービスや金融、小売・流通、建設・不動産、運輸・エネルギー、メーカー、マスコミ、サービスなど本当に幅広い領域です。

SIerの仕事内容を理解していることが一番大切です。なんとなくITエンジニアがかっこいいというわけで選んだのではないということを示せますよね。

ITエンジニアの志望動機はPREPで書け

志望動機の効果的な書き方にPREPというものがあります。SIerやITエンジニアの志望動機を書く場合も志望動機のポイントは同じです。

私が非常におすすめしたい志望動機の書き方はPREPです。PREPとはPint、Reason、Example、Pointの頭文字をとったものです。

P=結論

はじめのPointは結論です。自己PRの一番始めの文で結論を述べます。結論としてなぜSIerを志望するのか、あなたの強みや長所をテーマにすると良いです。自己PRこそ企業に対する自分の一番良いところをアピールすることが大切です。

R=理由

次にRです。RとはReasonです。理由を述べます。なぜSIerの中でもその会社でなければいけないのかについて述べます。例えばその会社が大規模SIerであるためより多くの人と関わることが出来るなどという理由がありますよね。また強みの理由を言う場合は経験から言える理由を述べるといいです。例えば「明るい笑顔をカフェのバイトで身につけました」に理由をつけたします。「なぜならば、笑顔は自分のためだけでなく、周りの人を規模地よくさせるために必要なことだと考えているからです。」というように、自分の強みがどのような意味を持つのか説明をすることが大事です。けつろんよりもこの理由が大切です。理由がしっかりしている人は論理的思考力が高く思われます。さらに面接でも強いです。

企業が知りたいことは応募者の人間性です。人間性は経験から生まれるものですよね。だから経験を詳しく書くことであなたの人間性が伝わるのです。企業はどんな立場にいてどんな規模のことをしたかどうかではなく、あなたがどのように考え行動したのかを知りたいのです。

E=具体例

最後はExample、具体例です。理由につながる具体例をエピソードで書きます。

そして最後もう一度結論を述べて終わりです。最後になぜSIer(ITエンジニア)なのか、なぜその会社でSIerとして働きたいのか主張します。

たくさんある企業の中で何故そこを選んだのかを説明しよう

SIerはたくさんあります。その中で、何故そこの企業を選んだのかをしっかりと述べることが重要です。

SIer転職を重ねてエンジニアとしてのスキルアップをはかりましょう!

関連する他の記事

転職エージェントは掛け持ちしないと損をする!ベストな組み合わせとは
転職エージェントは基本的に掛け持ちをするものだというのをご存知ですか?掛け持ちをするとたくさんのメ…
4期に分けて考えよう!エンジニアの転職を成功に導く準備
初めてエンジニア転職をしようと考えている方、転職活動ってどうやったらいいのか分かりませんよね。転職…
名古屋でエンジニア転職をするならDODAエンジニアIT
名古屋でITエンジニア転職を考えている人必見!名古屋にもたくさんの求人があるDODAエンジニアITがオスス…
文系出身からのプログラマー転職において知っておきたいこと
プログラマーという単語を聞いたことがあると思います。プログラマーは理系の人が就く仕事だと思っていま…
pagetop