Rubyなどの言語別年収を徹底比較

TOP > Rubyを使った転職 > Rubyエンジニアの年収は?言語別の年収を紹介!

Rubyエンジニアの年収は?言語別の年収を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Rubyが使える人のIT企業への授業は今非常に高まっています。今回はRubyエンジニアの年収はどれくらいなのか?求められるスキルについてまとめました。

気になるRubyエンジニアの年収は?

ビズリーチが運営する求人検索エンジンj「スタンバイ」の「プログラミング言語別の平均年収ランキング」によると、Rubyを使っている人の平均年収は第4位の564万円となっています。

他の言語ですと、第1位は「Scala」の626万円、第2位は「Python]の601万円、第3位は「Kotlin]の577万円となっています。

一見Rubyの年収は低いと思う人もいるかもしれません。しかし、RubyはWebサービス行っている多くの企業がRubyでサービスを開発しています。なのでRubyの転職の需要は非常に高いです。

Rubyは覚えやすく、現場で多く使われている!

Rubyはプログラミング言語の中でも初心者でも分かりやすく、比較的やさしい言語だと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、RubyはWebサービスを開発するのによく使われているプログラミング言語です。その理由を紹介していきます。

少人数で開発しやすい

Rubyは少しのコード量で大きなシステムを構築することができます。そのため、新規事業やスタートアップといった少人数の開発で使います。

新規事業での需要が高い

Rubyを使っている企業を見てみると、2011年以降に創業した企業が多いです。反対に2009年より前に創業している企業といった業績がある企業の場合はPHPを使っている傾向にあります。

なので、新しい事業が行われる場合や新規の企業であるほど、Rubyの求人は多くあります。

Rubyはベンチャー企業に人気

先ほども述べたようにRubyは新規企業といったベンチャー企業に使われていて、Rubyを使って様々なユニークなサービスが開発しています。例えば、

  • 料理のレシピサイトである「クックパッド」
  • 民泊情報サイトの「Airbnb」
  • クラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」

などがあります。

Rubyエンジニアに求められる能力は他の言語も使えることと実務経験

RubyエンジニアはIT企業の中でも、Webサービスを行う企業に需要があり、他のプログラミング言語を使用しているエンジニアよりも年収や収入が高い求人が多くあります。ですが、ただRubyのプログラミングができるだけでは転職をすることや年収が上がることはありません。Rubyエンジニアが他に求められるスキルを紹介していきます。

任せられる仕事が多いのでJavaやPHPの言語も

Rubyを使ってする仕事の求人はスタートアップや新規事業が多く、少人数での職場です。そのため、一人に任せられる仕事の幅が広く、データベースの設計やデザイン、コーディングといったことを担当する場合もあります。Rubyだけを使って仕事をするのは難しいので他のプログラミング言語も理解しておくようにした方が転職の成功率が上がります。日本だと、JavaやPHPなどの言語も頻繁に使うので、これらの言語も使えるようにしておけばアピールポイントになります。

実務経験がない場合は

Rubyエンジニアの募集案件の多くが実務経験者を対象にしていることが多いです。しかしこれから転職をしたいと考えている人の中にはRubyを使って仕事をしたことがない人もいると思います。そういった未経験からエンジニアに転職をしたい場合は、プログラミングスクールに通うことが転職への近道です

Ruby未経験からの転職はプログラミングスクールで

公開求人数-対応地域東京、大阪
非公開求人-職種プログラマー
強い業界ITエンジニア設立2012年3月22日

プログラミング言語を使って仕事をしたことがないけど転職したい!という人は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

    プログラミングスクールを通うメリットは2つあります。
  • 独学で学ぶことが難しいプログラミングをしっかり学ぶことができることができること
  • 転職支援サービスが手厚くエンジニア転職の近道であること

今回数あるプログラミングスクールの中でおすすめしたいのが「TECH:EXPERT(テックエキスパート)」です。

TECH:EXPERT(テックエキスパート)は転職成功率が97%とプログラミングスクール中でもトップクラスの転職成功率です。また、TECH:EXPERT(テックエキスパート)は2つ大きな魅力があります。

受講料返金制度

プログラミングスクールに通っても、目的である転職ができなかったら意味がないですよね。また、せっかく払ったお金が無駄になってしまいます。そのためTECH:EXPERT(テックエキスパート)では、転職が成功しなければ全額受講料を返金するという制度があります。

受講料は毎月19,000円から可能

プログラミングスクールの受講料は、高いイメージがありますよね?TECH:EXPERT(テックエキスパート)では毎月19,000円から受講することが可能です。一括で払わなくてもよいので負担が少なくなります。

TECH:EXPERT(テックエキスパート)を通うことで、プログラミングで作品を作ることで転職の面接のときにアピールすることができます。また、IT業界の転職市場について知ることができ人脈も広げることが可能です。

まとめ

今回はRubyを使ったエンジニアの年収について紹介しました。

Rubyを使う仕事の求人は需要があり、転職できるチャンスも多いです。また、Rubyはプログラミング言語の中でも比較的学びやすいです。

ですので、Rubyを使って転職をしたい未経験の方はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。プログラミングスクールを選ぶ際には、「今需要がある言語を学ぶこと」と「転職支援をしっかりと行っている」ことを見て、転職につながる学びをしましょう。

TECH::EXPERTの公式ページへ

関連する他の記事

インフラエンジニアの転職に役立つスキルや経験
インフラエンジニア転職に必要なスキルや経験を紹介します。レバテックやマイナビエージェントITなどの求…
30代までのサーバーサイドエンジニアのための転職で役立つ求人情報
こちらでは、30代までのサーバーサイドエンジニアが知っておきたい基本的な転職・求人情報について解説し…
レバテックキャリアはなぜ無料?転職エージェントの仕組みを暴露
レバテックキャリアが無料で利用できるのはなぜ?転職エージェントはどのように成り立っているのかを紹介…
IT業界ならリクルートエージェント?口コミと評判まとめ
IT業界での転職を目指している方へ。口コミからリクルートエージェントが本当に利用したエージェントかお…
pagetop