リクナビNEXTのアプリ

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > エンジニア転職なら使いたい!リクナビNEXTの最新アプリ情報

エンジニア転職なら使いたい!リクナビNEXTの最新アプリ情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビNEXTのロゴ

転職活動で面倒なのが求人情報を探す作業。転職エージェントに登録たけれど、なかなか電話に出ることができない、紹介メールが溜まっていく。だからと言って転職サイトで自分で探そうとしても、求人案件数が莫大で全てを確認することは不可能に近いです。

そんなストレスを解消するのが、リクナビNEXTアプリ。リクナビNEXTにいるアプリケーションエンジニアさんに感謝しながら、ITエンジニア転職をスマートに行ってみては?

リクナビNEXT公式アプリで何ができる?

2017年7月に更新されたリクナビNEXTアプリ。どんな機能があるのか?一体何ができるのか?調べてみました。

気になる条件を一瞬で調べることができる

転職求人サイトの公開求人を調べる時は、いちいち検索フォームに飛んで、毎回毎回希望条件を入力して探さなくてはいけません。無駄な作業では?どうか記憶してくれ!と思うITエンジニアの方も多いはず。

そのストレスを解消するのがこのリクナビNEXTアプリなのです。初回起動時、フォームに沿って勤務地・職種・年収・その他の希望条件を入力すると、以後アプリを開いたらすぐに条件に沿った求人検索画面に移ります。

仕事を続けながらの転職なら特に、朝の通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を利用したいもの。リクナビNEXTの公式アプリなら手軽にサクッとチェックできるというわけです。

個人に合わせた求人一覧で好条件案件が見つけやすい

求人を探す上で重視している項目に合わせて、求人一覧が変化します。新着順・話題順・締切が近い順での並び替えも可能なので、人気の求人を締め切り前に取りに行く、話題の求人で自分と同じような転職者がどんな求人を希望しているのかチェックする、締め切り間際の求人に滑り込みで応募してみる、など戦略も立てやすいでしょう。

求人を見逃さない!プッシュ通知で最新情報を見る

社内SEなどの人気職種となってくると、募集が1週間程度で締め切りになってしまったり、いくつも求人案件をストックしているといつのまにか掲載が終了してしまっていたりという失敗がたびたびあります。転職活動はいくつもの事を並行して行なわなければいけないので、タイムマネジメントが上手くいかないのはあたりまえのことです。そんな状況の助けとなるのが、プッシュ通知。リクナビNEXTに掲載されている求人の締め切り日などのリマインドだけでなく、求人更新情報などの新着情報を得ることが可能です。

気になるリストはPCと同期可能

ITエンジニア職だとメインハードはPCになってくるでしょう。そんなエンジニア達が喜ぶ、PCとの同期機能もあります。スキマ時間にスマホで求人を検索して、少し気になったものはお気に入り登録をしておく。そうして、家に帰った時にPCで詳細情報を見るという使い方がお奨めです。

アプリを利用するには無料登録をしなければならない

マイページを作らなければならないので、当たり前といえば当たり前なのですがリクナビNEXTへの会員登録をする必要があります。アプリをダウンロードしてからでもいいですが、どうせリクナビNEXTのWEBフォームで会員登録を行うことになるので事前にリクナビNEXT公式サイトから登録しておくのがベターでしょう。

登録は30秒ほどで完了

会員登録自体は非常に簡単なものです。名前と生年月日、性別、パスワード、自動ログインをするか、メルマガを受け取るか否か。以上です。住所の記入フォームもありますが、必須ではないので記入しなくても大丈夫です。

職務経歴書的なプロフィール入力は少し面倒くさい

会員登録を行った後に、希望条件とプロフィール、職歴、自己PRや資格を入力するフォームになります。これが応募時のプロフィールとなるわけですから、しっかりと書いたほうがいいわけですが後から編集可能なので登録時には適当でも問題ないでしょう。

適当でいいとはいえ、5分くらいはかかる入力量です。登録は時間がある時に終わらせましょう。

登録が済んだらアプリで希望条件を入力

リクナビNEXTへの登録が終わったら、アプリの方に移ります。ここでの希望条件入力は選択式なのでサクサク終わるでしょう。素晴らしいUXです。

以上でアプリ利用のフローは終了です。リクナビNEXTの新着情報がポップアップで欲しい場合は、プッシュ通知をオンにすることを忘れないでください。

情報収集に特化したツール

転職情報サイトは情報量が多いばかりに情報収集が非常に難しくなっています。価値のある情報があるにも関わらず、ユーザーに届かないのはもったいない。リクナビNEXT公式アプリはそんなやるせなさを解消する画期的なツールなのではないでしょうか。

大手リクルート提供なので求人に偏りがない

リクナビNEXTを提供しているのはご存知、リクルートです。大手から中小まで、幅広いパイプを持っているためさまざまな企業の求人があります。どんな企業に就職するかを決めていない人は、とりあえずリクナビNEXTに登録、アプリに登録して自分が希望している業界周りではどのような求人が出ているかを確認すると良いのでは無いでしょうか。

転職活動はできるだけコンパクトに行うのがうまくいくコツ

転職について調べていると莫大な情報量で混乱してしまうでしょう。リクナビNEXTアプリケーションツールなどを利用していらない情報を削り、入ってくる情報をできるだけコンパクトにすることが転職を迷いなく進めるコツです。

関連する他の記事

キャリアアップのための転職にレバテックキャリアは使えるのか?
年々、キャリアアップを理由とした転職希望者が増えています。この背景には、現在ITエンジニアは売り手市…
30代までのインフラエンジニアの転職時に役立つ求人情報
近年その役割が広がり、需要が高まってきているインフラエンジニアですが、転職を目指している方も多くい…
type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか
type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか。type転職エージェントの特徴や強みを紹介します。
アドバイザーが転職を左右?レバテックキャリアの賢い使い方
レバテックキャリアのキャリアアドバイザーを最大限に活用する方法を紹介!転職活動をスムーズに行うため…
pagetop