TOP > 広告・デザイン業界のエンジニア転職 > Webデザイナーになるにはどんな資格が必要?

Webデザイナーになるにはどんな資格が必要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webデザイナーを目指すそこのあなた!

Webデザイナーに関する資格を取得してはいかがでしょうか?


Webデザイナーに関係する資格は様々な種類があります。

勉強を通してWebデザインに必要な知識を学べるだけでなく、転職の際のアピールとしても役立てることができます。


今回は、Webデザイナーになるために持っておくと有利なWebデザインの資格と「難易度についてご紹介していきます。

Webデザイナーになるには資格が必要?

結論から述べるとWebデザインに関係する仕事をしていれば、Webデザインに関する資格がなくてもWebデザイナーを名乗ることができます


しかし、特に転職活動を行う際にはWebそのものに関する知識やデザインセンスなど言葉で表すことが難しいスキルの証明を企業から求められることがあります。

その場合はWebデザイナーに関する資格を取得していれば、実務的な能力のレベルを提示することができます。

実際にどのような資格を持っていると有利?

Webデザインに関係する資格は、民間の企業が提供している資格から国家資格まで様々存在します。

そのため難易度や必要とされる知識にそれぞれ違いがあるため目的に応じて資格に取り組むことが必要になります。

①Webクリエイター能力検定試験

Webクリエイター能力認定試験は株式会社サーティファイが主催している民間資格試験です。


Webページを制作するために必要になるファイルのコーディング能力や、基礎的なデザイン能力が試されます。

受験資格は特に決まっておらず、経験の有無に関係なく誰でも試験を受けることが可能です。


また、試験では実務的な問題が多く問われるため、勉強の過程で習得した知識を業務に直結させやすい点がこの資格の魅力です。

Webクリエイター能力認定試験は、Web関連の資格に中では比較的取得が簡単であるとされています。

そのため、初めてWebデザインに関係する資格に挑戦する方におすすめです。

②HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格は、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が認定するHTML5、CSS3、Javascriptなどの最新マークアップに関係する認定資格です。


この認定制度にはLevel.1(2014年1月リリース)とLevel.2(2014年9月リリース)の2つのレベルがあります。

取得したいと考えている方が多く人気のある資格になっています。

③ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、厚生労働省が認定する、Webデザイン関連で唯一の国家資格です。

また特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が管理しています。


検定には1級から3級まで存在し、1級、2級においては一定年数の実務経験や前段階の級に合格していることが受験資格として求められています。

そのため、初めてウェブデザイン技能検定に挑戦する方はまず3級の検定試験を受けることをおすすめします。


試験は筆記経験と実技試験の2部構成になっています。

Webについての幅広い基礎知識が求められます。

100点満点中70点以上で合格です。

企業における認知度も非常に高いため、転職を考えている方はぜひ受けておきたい資格です。

④アドビ認定エキスパート

Adobe社公式認定資格のアドビ認定エキスパート(ACE)は、その名の通り、Adobe社製 ソフトに関する知識や技術を証明できる資格になっています。

資格には単一製品認定、スペシャリスト認定、マスター認定の全部で3つのレベルが用意されています。

それぞれの取得条件は以下の通りになっています。

  • 単一製品認定
  • 特定のAdobe製品に関係する試験に合格すること。

  • スペシャリスト認定
  • プリントスペシャリスト、Webスペシャリスト、ビデオスペシャリストの3種類があり、それぞれに規定された複数の製品の関する認定試験に合格すること。

  • マスター認定
  • すべての製品の認定試験に合格すること。

試験ではAdobe社製品に対する知識はもちろん、デジタルソフトウェアを用いた実務フローに関する十分な認識が必要とされます。

特定のソフト運用能力に関連する認定試験とはいえ、Webデザイナー業務におけるAdobe社製ソフトの高い普及率を考えると、広く効力の高い資格と言えます。

⑤Webデザイナー試験

社団法人全日本能率連盟から株式会社ボーンデジタルが認定を受けた資格4つのうちの一つです。

必須知識をまとめた「Webリテラシー」がベースになっており、その上位専門知識として「Webデザイン」の他に「Webディレクション」「Webプロデュース」が用意されています。

合格後は2年ごとにオンライン試験を受けることで資格が継続できます。

終わりに

いかがだったでしょうか。

Webデザイナーになるためには資格は必要ありませんが持っていると大きな武器になります。

そのため持っていて損はありません!


そのためみなさんもぜひ今回紹介した資格に挑戦してみてください。

少しでも転職への道が広がり、みなさんが転職に成功することを祈っています。

関連する他の記事

dodaの求人検索会は非公開求人が見放題のサービスだった!
dodaを使っている人は必見!今回はdodaのサービスのひとつである非公開求人を見ることができる「求人検索…
DODAエンジニアITのキャリアカウンセリングを有効活用するには
DODAエンジニアITのキャリアカウンセリングを利用しようか迷っている人もいると思います。そこでキャリア…
経験者が話す社内SEの仕事内容の実情を転職前にチェックしよう
一般企業の中で働く社内SE。良くも悪くもエンジニアらしくない仕事環境で行われている業務とはどのような…
ゲームプログラマーとして働くことのメリットデメリット
人気のエンジニア職、ゲームプログラマー。未経験からの流入も多く活性化しています。ゲームプログラマー…
pagetop