大手ITコンサルタントへの転職

TOP > ITコンサルタントの転職 > ITコンサルタントが転職すべき大手コンサルティングファームを紹介!

ITコンサルタントが転職すべき大手コンサルティングファームを紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソファーに腰掛ける黒い服の男性

ITコンサルタント会社に転職を考えている方必見です!

特に今回は大手のコンサルティングファームに焦点を当てて紹介していこうと思います。

ITコンサルタントに求められる能力

ITコンサルタントは特定の業務やITに関する豊富な知識を持ち、それを軸にクライアントの要求を満たしていきます。

BtoBのコンサルなので高いレベルが求められる

具体的にはクライアントの課題を発見しIT戦略を立てる、システムの運用をすることで課題解決へと導きます。

そうすることによってクライアントの事業戦略やプロセスの改善を促し、プロジェクトの実行を支援します。

仕事を要領よく行える人が適任

そんなITコンサルタントに求められる能力は何なのでしょう。

1つはシステムやインフラ上での問題を的確に判断する能力、そして2つ目はそれら問題を解決していく能力、最後にその編み出した方法で今後どのような利害をもたらすのかという先見の明と判断力だと言えます。

そんな高い能力が求められるITコンサルタントですが、その中でもより高いレベルが求められる大手のコンサルティングファームを紹介していこうと思います。

転職者に求めるものは?実際の掲載求人から探る

まず転職するには必要な資格などはあるのでしょうか。

資格は必ず持っていなければいけないものではない

資格に関して言えば、この資格を持ってなきゃダメというモノはありません。

しかし、資格ではない必要なものは数多くあるということができるでしょう。上で書いた能力ももちろんそうですし、開発プロセスや、設計手法など豊富なIT知識も必要です。

これらは限界というものはありませんし、あればあるだけ武器になることは間違いないです。

そして、このほかに必要となってくるのは経営的視点や、コミュニケーション能力、コンサルタントとしての基本的能力も必ず必要です。

先程述べた課題を的確に見極め解決策を練る能力ももちろん含みます。

プロ意識・威厳が無くてはやっていけない

これらに加え、高いプロフェッショナルマインドは必要不可欠でしょう。

コンサルタントというのは企業の重要な経営方針に深くかかわります。それゆえ、高い職業倫理感や強い責任感は必ず要求されます。

これはクライアントの規模も大きくなるので大手になればなるほどだと思います。

そして、最後に体力と精神力。これはITコンサルタントの転職に限らないことですが、全ての基本となることだと思います。

大手のコンサルティングファームを紹介!

いよいよ大手のコンサルティングファームを紹介していきます。

コンサルティングファームとはいえ、戦略系、シンクタンク系、IT系…などなど様々な種類が存在します。

ITコンサルティングとして働くためにはITコンサルティングファームに入るか、総合コンサルティングファームのIT部門として働くか2通りの方法があります。

今回は総合系、IT系の両方を紹介していきたいと思います。

ベイカレント(ITコンサル)

ますはベイカレント。ITコンサルタントファームとしてかなりの大手。

この企業はITコンサルティングファームに属する。始まりはITソリューションの企業としてできるもコンサルティング業界に進出したというような企業です。

日経の企業ではあるが、外資から転職する人が多く、雰囲気はどちらかと言えば外資系といった雰囲気のようです。なので、結果を出せば給料が上がり、役職も2年ほどで上がる人もいるようです。

そして、インダストリーに分けられていないので、幅広いお客様と関わることができることが特徴となっています。

年収に関しても新卒で入るより中途で入った方が高く、シニアマネージャーにもなると1500万円ほどにはなるでしょう。

フューチャーアーキテクト(ITコンサル)

続いてはフューチャーアーキテクト。

こちらもまた大企業です。名前を知っている人も多いのではないでしょうか。

この企業は中小企業から大企業まで幅広く、先進的なIT技術を駆使してサービスを提供しています。

この企業の特徴は単なる一つの機能の実現を目指すITコンサルティングファームが多い仲、経営・業務・システムの3領域を見据えているという点です。

つまり、未来の結果の全体像を見据え、大きな視点でサービスを提供してくれるということです。そして、それを支える先進的なITの技術力も特徴です。

アクセンチュア(総合コンサル)

次はアクセンチュア。総合コンサルティングファームとして、世界各国にもオフィスを持ち、日本でもトップ5には入る企業です。

特徴は何といってもそのつながりの広さだと言えます。

もちろんITコンサルタントも多く在籍しています。

200都市以上展開し、国境を越えたM&Aなどグローバルな業務をすることができるでしょう。なので転職をしてみても、様々なバックグラウンドを持った人たちがいます。

そして、チームワークを重んじる風潮もあり、そんな様々なバックグラウンドを持った人と高いスキルを持った人も多くいるので、成長するにはもってこいの環境だと言えます。

デロイトトーマツコンサルティング(総合コンサル)

最後にデロイトトーマツコンサルティング。

こちらもアクセンチュアと並び総合コンサルティングファームとして世界各国にオフィスを持つ大企業だと言えます。

規模でみるとアクセンチュアに続く2番手ですが、もちろんそこには違いがあります。戦略系のコンサルティングに強いアクセンチュアに比べ業務系にも強いということができるでしょう。

こちらも外資系企業ではあるのですが他社に比べ穏やかで、社員を育成する風土があるとも言われています。

そして、近年では中途採用を積極的に行っているとも言われています。

責任が重いがやりがいもある仕事!

これまでITコンサルティングファームに転職するにあたってのITコンサルタント求められる能力や、一部の大手企業を抜粋して紹介してきました。

ITコンサルタントに必要な能力と課題を発見し解決、そして未来を予測する先見の明です。

そして、転職するにあたりそれだけではなくコミュニケーション能力や責任感なども必要であると書きました。

具体的な企業についてはいろいろ紹介しましたが、コンサルティングということもあり、そこも切磋琢磨し成長することができる環境は整っていると思います。

ぜひ一度見学なり雰囲気を味わってみることをお勧めします。頑張ってください!

関連する他の記事

レバテックキャリアに新卒採用はある?転職エージェントとは
転職エージェントとして有名なレバテックキャリア。レバテックキャリアには新卒採用もあるのか?レバテッ…
レバテックキャリアの口コミ評判とは?登録から退会まで潜入解説
レバテックキャリアの登録方法から退会方法までをどこまでも詳しく実況解説!エンジニア転職のプロである…
DODAは使えない転職エージェント?実際に登録して噂を検証
DODAについて調べていると目につく悪い口コミ。人気の転職エージェントなのに、本当に使えない転職エージ…
レバテックキャリアは紹介してもらえない?巷に溢れる噂を検証
未経験・高年齢の人は求人を紹介してもらえない?そんな噂もあるレバテックキャリア。実際のところはどう…
pagetop