ビズリーチはITエンジニアの転職に本当に向いているのか

TOP > おすすめ転職エージェント > ビズリーチ > ビズリーチはITエンジニアの転職に本当に向いているのか

ビズリーチはITエンジニアの転職に本当に向いているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビズリーチのロゴ

ITエンジニアに転職するにあたってビズリーチを利用する利点を紹介します。ビズリーチのいい面と悪い面の両方を調べて紹介します。他の転職サイトとの違いやそもそも使用価値があるのかについて調査しました。

ITエンジニア志望のビズリーチを使うべき人の3つの条件

ビズリーチの良い点と悪い点紹介すにあたって、ビズリーチとはそもそもどんなサービスがあるのか、どのような人が使うべきなのか紹介したいと思います。

ビズリーチの特徴

主なサービスは1,000人以上のヘッドハンターや人事担当者からヘッドハンティングを受けることができます。

登録されているヘッドハンターは、厳しい基準で選ばれており、ランキング化されているため、ヘッドハンターの質がとても高いです。

年収750万円以上の求人が多く、役員クラスの求人もあるため、求人の質は高いと言えます。

1つ目の条件(年収)

求人の特徴にも関係してきますが、現年収が750万円以上の人が使うとよいと思われます。

2つ目の条件(専門性)

ITエンジニアの管理職経験者やスキルを身につけている人が適しています。

3つめの条件(転職活動期間)

中長期的に転職を考えている人がビズリーチの利用に向いています。

登録してスカウトを待つのが主なビズリーチの使い方なので、ITエンジニアとして転職希望者の、市場価値が低ければ課金して登録してもスカウトがこないことが考えられるからです。

ITエンジニアとしての経験やスキルがある長期的に転職活動を進める人はビズリーチを使用すべきだといえます。い

ITエンジニア志望だからこそビズリーチを利用するメリット3つ

ビズリーチを利用するメリットを主に3つ紹介します。転職活動で重視されることは情報収集ですよね。たくさんの案件があることで、より多くの企業に応募することができますよね。ビズリーチの目的は情報収集の効率化です。

年収1,000万円以上の求人情報が多数

企業の人事部やヘッドハンターが登録する求人情報は、ビズリーチのスタッフが全部チェックをしています。う年収1000蔓延に満たない求人は掲載を断っているそうです。年収1,000万円以上の求人しか興味のない人にとって効率的に求人を探すことができるサイトであるといえます。ITエンジニアとしての経験やスキルを高めてきた応募者にとって年収の高さが重要ですね。

シニアレベルの求人をピックアップ

ビズリーチではシニアレベルの求人情報だけをピックアップしています。ITエンジニアとして長年同じ会社で働いてきたシニア層が、年齢で転職を断れることがないようにしています。

ヘッドハンターの見る目が高い

シニアレベルの経験を持つヘッドハンターはビズリーチが直接会って審査を行っています。

審査はヘッドハンターレベルで行っているのがよさです。

年収1,000万円以上の案件のみを探している応募者をサポートするのに適したヘッドハンターがいることがメリットの1つです。

ビズリーチの悪い評判

ビズリーチには、年収1,000万円以上の求人情報が多数あることやシニアレベルの求人に絞られていること、ヘッドハンターの見る目が高いなどのメリットがあることが分かりましたよね。

次はビズリーチの良い面だけでなく悪い面を紹介したいと思います。

有料の価値がない

ビズリーチの悪い評判で多いのは、有料の価値を見いだせないことでした。

ビズリーチは転職希望者やヘッドハンター、登録企業の3者がそれぞれ独自の基準を設けています。それぞれの基準を満たした場合にのみ利用が可能となります。このシステムで高い質を保っています。高い質を保つことで他のサービスとの差別化を図っています。

しかし転職サイト以上にサービスが手厚い転職エージェントであっても無料のエージェントがある中で、ビズリーチに会費分の価値を見出すことができないと思う利用者がいるということです。

ビズリーチに限らず、自分のIT技術に合う案件があるかどうかは、運や世界情勢にも左右されるので、会費を支払ったが、転職先が見つからなかったという人は不満を感じるので、悪い口コミが残るのでしょう。

他の転職サイトに掲載されている案件がある場合もあるため、有料だからこそ得られる案件があるという利点を活用することができないことも利用者の不満ができる理由の1つです。

ビズリーチを利用することがITエンジニアへの転職の近道

ビズリーチの良い面だけでなく悪い面も検証した結果、総合的に評価してビズリーチはITエンジニア志望の転職希望者には有効的な転職サイトであると言えます。

なぜならビズリーチは、企業と求職者の双方から利用料金をもらっているからです。通常の転職サイトは求人を掲載する企業からのみ利用料金をもらいます。すると顧客(企業)にとってメリットの高いサイトになる恐れがあります。

よってビズリーチは企業だけでなく求職者にとってもメリットの高いサービスを提供しているということです。

ビズリーチの良い面悪い面を理解できたでしょうか。ITエンジニアへの転職が成功するようにビズリーチを1度利用してみてはどうでしょうか。

関連する他の記事

キャリアパスを広げるインフラエンジニアの転職に効く資格
インフラエンジニアへの転職を考えている人が持っておきたい資格をまとめました。インフラエンジニアへの…
未経験でもtype転職エージェントで転職できる?
人材派遣で実績のあるキャリアデザインセンターが運営している「type転職エージェント」は、未経験者の転…
DODAエンジニアITはアプリケーションエンジニア転職に適しているのか
アプリケーションエンジニアへの転職を考えている人にとって、DODAエンジニアITのサービスは適したものな…
type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか
type転職エージェントはプログラマー転職に強いのか。type転職エージェントの特徴や強みを紹介します。
pagetop