Java経験者のITエンジニアの転職市場の今後の求人動向と身につけておきたいスキル

TOP > Javaを使った転職 > Java経験者のITエンジニアが転職する時に役立つ求人情報まとめ

Java経験者のITエンジニアが転職する時に役立つ求人情報まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
JAVAなどの参考書

ITエンジニアが取り扱う言語の中でも経験者の多いJava。VRやウェアラブルデバイスなど新しい技術が増えていく中で、これからJavaが活躍する機会はどれくらいあるのでしょうか。

今後の、まずはじめに、Java経験者の転職市場の展望についてご紹介していきます。

Javaは世界で一番利用されているプログラミング言語!

Javaは、Web系システムで多くの分野で採用されている開発言語です。それは、プラットフォーム依存しない言語でありオブジェクト指向プログラミングをサポートしている点が広範囲のシステムで採用されている理由となっています。

Javaが採用されているシステム

大規模な業務システムやシステム制御システム、Android版スマホアプリの開発言語として、Javaが採用されていて世界的な利用状況では、一番多く採用されている開発言語でもあります。Javaはオープンソースで、javaを使用するソフトウェア料金は無料のため利用増加に寄与している点でもあります。

汎用性が高い一方で難易度も高い?

Javaの使用範囲は広いですがJava言語は言語難易度が高いため、容易に習得することができないこともありJava人口は多くありません。単純なアプリであれば短時間で習得できることもありますが、業務アプリのような規模で画面やデータベースなどを使用するアプリは、かなりの時間を要することになります。

Java経験者向けの転職求人は売り手市場なのでチャンスです

Javaでの転職求人数は多くありますが、Java経験者が少ないこともあり売り手市場となっています。これから新たに言語を取得するには、Javaがおすすめとなります。

Java経験者のITエンジニアを求める転職求人市場は今後も伸びていく

Java経験者での転職の求人では、売り手市場となっています。

転職者に求める言語スキルでは、PHP、Java、Rubyで求人の7割を占めていて、人気の言語の一つです。Javaだけで見るとAndroid版スマートフォンアプリの開発言語なため、今後も需要が多くなる傾向になります。

即戦力志向のIT企業では重宝される

Java案件が発生した際は、Java言語のもつ難易度のためJava未経験者を育てることは時間と原価が掛かるため、Java経験者を採用することが多くなっているようです。

年齢では、20代後半を中心とした採用傾向が強く、Java求人は多くなっています。

ニーズが安定しているので転職でも有利になる

プログラミング言語のライフサイクルがあると言われています。

コンピュータ創世記の言語は、今では誰も使用していないように、時代とともにシステムを稼働する環境に合わせて言語も進化してきました。

Javaの今後の動きは、現状と変わりなく利用される言語と言われています。それは、プラットフォームに影響されることがない言語であり大規模システムから小規模システムまで稼働できることが強みとなっています。

現状Javaに代わる言語が登場することがない状況なので、今後もJavaニーズは多いことがあり、Java経験者は、売り手市場で多くの企業で求人採用されることになります。

Java経験者のアピールできるスキルは業種によって変わる

単にJavaが使えるだけでは、転職時のアピールになりません。それは、各業界で求めているエンジニア像が異なることがあります。Javaができるだけでなくプラスアルファのスキルがアピールポイントとなります。

業務システム開発会社への転職

業務システムを担当している会社では、多くの人と打ち合わせで接する機会が多くなります。

お客さんや開発エンジニア・SEなどと、コミュニケーションを取って対応することが求められます。大規模システムでは自己流という作りはNGとなるので、多くの方との連携やドキュメント作成と言ったわかりやすさの追求で心がけたことがアピールポイントでもあります。

中堅と言われる世代であれば、メンバーのマネージメント経験が必要となるので、リーダー経験やプロジェクトの中核で働いた経験があればアピールポイントとなります。

スマホアプリ開発会社への転職

Android版のスマートフォンアプリを制作している会社では、大規模なものであれば大人数で対応することになり、組織的な対応が取れることが会社として求められるスキルとなります。

Javaでそのとき心がけたことやコミュニケーションの取り方、コスト削減に対する対応、納期管理がアピールポイントでもあります。

また、趣味などでスマホアプリではゲーム、ツールなど細分化されたジャンルが多くあります。特化したスキルやノウハウが求められるアプリもあるのでアプリ製作経験があれば大きなアピールポイントとなります。

Webシステム開発会社への転職

Webシステムを開発する会社では、Javaの言語スキルと同等に性能面に関する案件にも注力することが求められます。

関係者とのコミュニケーションの取り方や性能向上で心がけたポイント、データベースの高速アクセス方法などで対処したことがアピールポイントとなります。

ベンチャー企業への転職

ベンチャー企業では小人数であることが多いので、チームとして組織的な対応と個人での作業ができることがポイントとなります。

高いエンジニアとしてのスキルは必要ですが、主体性も大きなウエイトを占めることになります。スケジュール管理・コミュニケーション・仕事の進め方などで効率的な対応が必要で、今後の業務で活かせるものならアピールポイントとなります。

まとめ

Javaのエンジニアとして、転職を検討している方も多くいらっしゃると言えます。

Javaは開発言語として多くの分野で利用されていますが、言語習得にはハードルが高い言語でもあります。参考本が多く出版されているので独学で習得することもできるので、言語のレベルを確認することをおすすめします。この言語習得には、時間がかかることを念頭に置いて検討することが必要です。

関連する他の記事

DODAエンジニアITは一回辞めても再登録できるの?
DODAエンジニアITを一度辞めたけど再登録したい!でもそれってできるの?本人の状況によっては断られてし…
SE転職に資格は必要?有利になる資格3選
SEの転職において資格は必要なのか?IT業界に転職する上で有利になる資格を紹介!今回は、30代までのSEが…
リクルートエージェントの特徴と登録後の流れを徹底解説!
転職支援サービスのリクルートエージェントの特徴や登録から就職までの流れについて詳しく紹介していきま…
SEのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を

SE(システムエンジニア)のキャリアパスに疑問を持った際には自分がマネージャータイプかスペシャリ…

pagetop