エンジニアが転職をするきっかけ

TOP > 転職ノウハウ集 > ITエンジニアが転職を考えるきっかけとは

ITエンジニアが転職を考えるきっかけとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
机に座って悩むSE

「ここだと自分が満足する仕事ができない」「この会社あまり自分に合っていない気がする」「これって転職したほうが良いのかなあ」などと転職を考えるようになるきっかけは人それぞれあると思います。

エンジニアであれば、自分のスキルに対する評価(給料や待遇など)に納得いかないという方もいるでしょう。

転職をしたいと思うけどなかなか一歩が出ない方、転職をするべきなのか悩んでいるという方の不安を少しでも解消します。

今回は、面接で話すような形式的な転職理由などではなく、エンジニアの方が転職を考えるようになったきっかけについて紹介したいと思います。

エンジニアが転職を考えるようになったきっかけ

実際に転職をした方から、転職を考えるようになったきっかけについて聞いてみました。

7個のきっかけについて紹介したいと思います。

自分だけでなく、後輩や上司もこのような悩みを持っているかもしれないという視点で見ても面白いかもしれません。

給与などの金銭面の不満

エンジニアに限らず、多職種でも多い転職理由のひとつが「金銭面」でしょう。

正社員として会社内部にいるだけだと、階級が上がったとしても給与額の上昇にあまり大きくは影響しないものです。

特に、有能なエンジニアの場合だと給与の低さに不満を感じることは多そうです。

エンジニアの場合、技術や好きが高ければ高いほど、他業界より転職の幅や数が広がり、現職より好条件な待遇や給与となる場合が多いからです。

また、現職ではそこまで目立たなくても会社を変えると大歓迎され良い待遇で迎え入れられることも多いです。

それだけ求められるスキルや技術があることは必要となりますが、有能なエンジニアの場合、自分の能力を武器に転職で好条件の待遇・給与の会社に就ける可能性は大きいでしょう。

スキルアップしたい

これはエンジニア特有の転職のきっかけとなることじゃないでしょうか。

近年ではキャリアアップのために転職に踏み切る人もたくさんいます。

エンジニアの場合、選択肢は多いが専門的分野を扱うため、自分でスキルアップの方向性を決めて、そのキャリアを積んでおかなければなりません。

現在の職場にそれキャリアパス

IT業界より魅力がある他業界にいきたい

IT業界にチャレンジしてみたもの「自分には合わない」と感じ、他の業界にチャレンジしようというエンジニアも多いようです。

IT未経験者は特にIT業界はどんな仕事があるのか知りません。

目の前の仕事に精一杯で、自分のキャリアパスを描く余裕が無い方がいるのも事実です。

人間関係が上手くいかない

ITの現場では個人よりも圧倒的にチームプレーで進めていく仕事が多いです。

自社の社員同士はもちろん、常駐先のお客様や関係部署の担当者、後輩や上司との人間関係が上手くいかないと、出社するのが嫌になっていきます。

一度悪化した人間関係を修復するのは難しいですが、仕事を続けていくためには努力することも必要です。

あまりにひどい場合であれば、転職をした方が良いかもしれません。

労働条件が合わない

企業によっては、月の残業時間が80時間以上であったり、家から会社までの通勤時間が片道2時間以上だったりということがあります。

そのような負荷がエンジニアにとって集中力を欠かせてしまったり、モチベーションが下がったりすることに繋がります。

精神的にも体力的にもきついので、転職を考えるきっかけとなる方もいるでしょう。

将来性の不安

エンジニアの仕事は競争社会です。

常に、新しい技術を学んで自分の価値を高めていかなければならないので、技術の伸びがなくなってしまうと、将来が不安になって転職する方が多いです。

技術が十分あったとしても、その技術が社会的に不要になったり衰退してくものであったりするのも不安要素となります。

将来性に不安を感じて早期で見切りをつけて転職するのもエンジニア特有の転職のきっかけとなります。

独立したい

有能なエンジニアに多い転職理由です。

実力があり、市場価値のあるエンジニアの場合、独立する道も開けてきます。

独立するほうが、サラリーマンより多額の給与を得られるというエンジニア特有のメリットもあります。

有能なエンジニアの場合、より良い収入を求めて、フリーランスや自ら会社を立ち上げる場合がよく見られます。

2017.07.31
年々、キャリアアップを理由とした転職希望者が増えています。この背景には、現在ITエンジニアは売り手市場で転職が容易になっているということがあります。このようなキャリアアップを目的とした転職をする際は、どのように転職活動を進めればいいのでしょうか。レバテックキャリアを利用した転職活動にフォーカスして紹介します。

まとめ

エンジニアの転職のきっかけを紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 給与などの金銭面の不満
  • スキルアップしたい
  • IT業界より魅力がある他業界にいきたい
  • 人間関係が上手くいかない
  • 労働条件が合わない
  • 将来性の不安
  • 独立したい

エンジニア特有のきっかけもあるので、共感できる部分もあったのではないでしょうか。

それぞれ不安や不満を抱えて仕事をしています。

思い切って転職するのもひとつの手でしょう。

関連する他の記事

インフラエンジニアが転職後に活躍出来る業種・業界を徹底調査
インフラエンジニアは、景気に左右されない業種である一方で、多忙で評価されにくくもあります。もし転職…
プログラマーの年収と平均以上の給与をもらえる人の条件・特徴
プログラマーは比較的転職がしやすく、求人数に恵まれている職種です。ただ、その中でもできる限り年収な…
レバテックキャリアを使って第二新卒の転職を成功させよう
レバテックキャリアは第二新卒の転職者へのサポートが充実。実際に転職エージェントサービスを利用して転…
ビズリーチはITエンジニアの転職に本当に向いているのか
ITエンジニアニアに転職を考えているけど、「ビズリーチ」は他の転職サイトと何が違うのか、使うほうが良…
pagetop