リクナビネクストでインフラエンジニア転職はできるの?

TOP > インフラエンジニアの転職 > リクナビネクストでインフラエンジニア転職はできるの?

リクナビネクストでインフラエンジニア転職はできるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフラエンジニアとはどのような仕事内容なのか知っている人が少ないと思います。インターネットで検索をかけてみると、「企業のサーバーやネットワークなどの情報システムの構築・運用を担当する職種」というような内容が出てきます。転職してみたいと思うかもしれないです。

リクナビNEXTで見る、インフラエンジニア 転職への道

あなたがインフラエンジニアとして企業に就職したいと考えるならば、必ず面接を突破する必要があります。

あなたが非常に優秀だとしても、採用担当者からすれば、面接での対応であなたを判断します。

では、面接という短い時間であなたをアピールする重要なポイントが、志望動機です。

よって、インフラエンジニアの仕事をしたい人のための志望の動機を説明していきます。

志望理由から、採用担当者はあなたの考えが、企業の理念などと一致しているのかを確認しています。

この考え方や理念に相違があると、一旦採用しても、会社の方針についていけず辞めてしまう可能性が高くなります。

また、志望の理由はあなたがインフラエンジニアとしてその会社で働くモチベーションの元となり力になります。人間のモチベーションは常に一定というわけではなく、嫌なことがあれば仕事に集中出来ないときもあります。

そのとき、この動機に書かれたことがあなたがその職場で働くモチベーションづくりに役立つのです。

つまり、この質問項目は企業にとってだけではなく、これから先、その企業でインフラエンジニアとなる、あなたにとっても重要な項目になることを忘れないことが大事です。

リクナビNEXTで見る、インフラエンジニアが転職後に活躍出来る場とは?

インフラエンジニアは、企業のネットワーク、サーバーの設計や構築を扱うエンジニアです。

企業のインフラを整備する仕事の為、不況がきたとしても影響を受けにくいという特徴があります。

その一方で、仕事を受ける先で大量の仕事を任されるといった場合もあり、常に自分の都合で働けるわけではないのです。

インフラエンジニアが転職を行う場合、どの様な業種・業界であれば、内定がとれやすく、スキルを活かして働けるのか考えます。

情報技術の進展により、特にWebの業界でエンジニアの重要性が急速に高まった今の時代、エンジニアが仕事をできる業務は複数あります。

もし、技術を活かして、社会的に影響力のあるアプリ、サービスのリリースに関わりたいなら、インフラエンジニアの様な、「縁の下の力持ち」的な業種よりも、ソフトエンジニアなどの仕事に変更する事をすすめます。

SEが必ず路線に乗り昇格してきた昔とは違い、今は自分のキャリアは自分で作り上げていく事が求められます。転職においては年齢が結果に大きく作用するので、キャリアプランを早めに練っておきます。

現在、企業のタイムカード、給与明細を始め、各種データがIT化され、蓄積されています。それ故、データの蓄積が一気に疲弊してしまうと、企業は大打撃を受けます。こうしたジャンルの計画や復旧を受け持つインフラエンジニアは、必然的に普段と違う仕事が多い回復の作業も多いですし、インフラ構築にも大きな責任があります。

加えて、このような仕事は、他の仕事・世界の人たちからすると意味が分かりにくいので、評価されにくいという難点も抱えています。

もし、仕事に見合った評判を受けたいのであれば、他の業種への転職も一つの手です。

リクナビNEXTで見る、インフラエンジニアの現在

近年ではインターネットを利用したサービスが多く、業務別にサーバー機を用意することが主流となっており、インフラエンジニアの役割は高くなってきています。

そのため、ITエンジニアの転職市場においても求人数は増加の傾向にあります。

これからインフラエンジニアに、あるいはインフラエンジニアとして転職を考えている人に向けて役立つ情報を紹介します。

インフラエンジニアが構築する環境は、ロールアウト展開を行う以外では、すべて異なる環境を構築することになります。

サーバー機器・周辺構成機器・OS・アプリケーションなど導入する時期により異なる製品・バージョンが多いので、30代までのインフラエンジニア経験者にはその状況に合わせて柔軟に対応できることが求められます。

導入する機器類やアプリケーション類は、新製品・新バージョンであることが多く障害を抱えているケースも多いことがありますが、原因の追及や問題点の切り分けを行えることが求められます。

そのためにコミュニケーション力や各機器類、アプリケーションソフトの知識を有していることが求められます。

最適なシステムになるようにサーバーサイドエンジニア、アプリケーション開発者との連携や経験で適切な提案ができることが求められます。

システムが本稼働した後は、基盤環境で問題が発生しない限り作業を行う機会がないことが求められます。

そのため、構築時は、不具合が発生しない完璧な設定が求められ、高いスキルをもったインフラエンジニアが求められています。

関連する他の記事

DODAエンジニアITで内定辞退はできる?波風立てない伝え方
DODAエンジニアITの紹介で手に入れた内定。内定辞退はできるのか?気まずくない?タイミングは?そんな疑…
Windows経験者が注目される転職市場と今後の動き
いまやほとんどのオフィスに導入されているWindowsですが、そこに携わるエンジニアも存在します。この記…
サイバーサイドエンジニアに必要な言語って?
サーバーサイドエンジニアは高いスキルが必要と言われている職種です。具体的にはどのようなスキル、言語…
女性が働きやすい職場とは?転職するならレバテックキャリアで相談しよう
IT業界には女性のエンジニアがあまりいません。そのため、将来的に働きにくくなる企業も多くあります。長…
pagetop