ITエンジニアが転職を考えたらまず初めに用意すること

TOP > ITエンジニア転職基本ガイド > ITエンジニアがキャリア転職するメリット・デメリット

ITエンジニアがキャリア転職するメリット・デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
給与明細書

ITエンジニアとして働いていると、理由は様々ですが最低でも1度は転職を考える事があるでしょう。ですが、本当にしても良いのか、キャリアアップに繋がるのかなどの不安も多く、デメリットの方が多いのではないかとネガティブに考えてしまう人も多くいます。

ですが、転職はデメリットだけではありません。転職をする事によってメリットが得られた人も多くいるのです。

ITエンジニアが転職するメリットとは

転職をする事によって、年収が大幅に上がる事があります。エンジニアは自分の得意なスキルを仕事に活かせるので、その能力によって仕事を選ぶ事が出来るのです。今現在行っている仕事よりも自分に合う企業を見つける事が出来たり、待遇の良い企業を選べたりする事で、今よりも更に給料が上がる可能性が高くなります。

今まで育んできた自分のスキルを更に発展出来る企業を見つけ、自分のやりたいことを見つけることが先決となってくるでしょう。

高い志でキャリアのレベルを上げていくことも可能

また、チャレンジしたことが無くても、これから様々なことを培っていくことが出来るのであれば、最初は今よりも少ない給料になりますが、今後増えていく事にもなりますし、新たなスキルを身につけることが出来て、ステップアップのチャンスが掴めるようになるでしょう。

自分の能力を今よりも更に増やしていくことが出来るのです。

ITエンジニアが転職するデメリットとは

給料をアップさせるために転職を考えた場合、必ずしもアップするとは限らないので注意が必要です。年齢やスキルの能力などによっても賃金の違いはあるため、更なるスキルアップを考えなければ、給料は上がらないでしょう。そのため、今の自分にはない力、英語力や、他の社員を纏めていく力など身につけることが必要になります。

また、回数が多い事によって、希望先の企業に不審に思われることもあります。そうなると次のステップアップのチャンスを逃してしまう事もあるので注意が必要です。

迅速にたくさんの情報を集められるかどうかがカギ

また、今勤めている会社よりも待遇が悪くなる可能性もあります。毎日夜遅くまで働くことを強要されたりする会社も少なくはありません。待遇は仕事をしていく上で大切なことなので、難しいでしょうが出来る限り情報を集めるようにしましょう。

その他にも、年齢が上がるにつれて難しくなる職種でもあります。ステップアップを望んでいるのであれば、考えすぎると難しくなる年齢になることもあるので、するのなら早めの行動をするように心がけましょう。

転職を考えたら初めに用意すること

転職をするために用意しなければいけない事は履歴書などの物だけではありません。まずは、自分が希望する条件で働ける企業を見つける事が先決です。自分にはどのような企業が合っているのか、条件通り働くことはできるのかをしっかりと考える事が大切です。

そして企業を見つけることが出来たら、自分の魅力を伝えなければ働くことが出来ません。自分のスキルを余すことなく伝えることで、採用される確率も高くなるでしょう。

自分の能力がどのくらいなのかを知る

求人を探す際には、自分のスキルが現在どのくらいのレベルかをまずは確認しましょう。自分のレベルを知ることで、企業側が求めている人物が本当に自分なのかそうでないかなども判断しやすくなります。

また、その得意分野の求人があるかどうかも探しやすくなります。得意なことや今までどんな仕事内容を行ってきたかなどを纏めておくと、求人票にも書きやすいですし、面接の際にも企業に自分の事を伝えやすくなるでしょう。

スキルアップをしようと考えているのなら、その事についても企業に伝えられるよう細かく纏めておきましょう。

まずは自分の実力がどのくらいなのかを把握する事が大切です。同じ業種で働く人たちと話をする機会を作ることで、知識を共有出来ます。また、実力を知る機会が増えます。たくさんの人と交流を持つことは自分の可能性を上げるチャンスにもなります。

転職したい理由は何なのかをハッキリさせる

働きたい企業が決まったら、自分がなぜ転職したいのか答えられるようにしましょう。面接官に必ずと言っていい程、理由を聞かれます。特に回数が多い人は注意が必要です。安易な理由を述べてしまうと仕事を転々としていると思われ、飽きやすいなどと思われたら不利になってしまいます。

自分の得意な分野をより発揮出来る企業を探していたのであれば、素直に伝えてもいいでしょう。今後の目標や目指していきたい方向を見据えることで、相手にしっかりと気持ちを伝える事が出来ます。

また、賃金のアップだけが理由でない場合には、転職をしたい理由を考えることによって、実は部署を異動するだけでも自分の得意な分野の仕事が出来るといった答えが見つけ出せる可能性もあるのです。

まとめ

ITエンジニアは人手不足とも言われています。人材育成にも時間が掛かってしまいますし、様々な分野があるのでそれぞれにただ人材を置けばいいだけではありません。エンジニアそれぞれに得意分野があり、それに合ったスキルも必要になります。

そのため、自分のスキルを把握して、ステップアップ出来るように考えているのなら、まずは自分がどのくらいの実力なのかを理解し、いま一度見つめ直してみましょう。

関連する他の記事

アプリケーションエンジニアになるならレバテックキャリア一択?
アプリケーションエンジニアになりたいと考えている人へ。IT業界での転職なら忘れられないレバテックキャ…
DODAエンジニアITの評判を徹底調査!メリットとデメリットとは
日本最大級の転職エージェント企業のインテリジェンスが運営しているITエンジニアに特化した転職サイトのD…
DODAの「面接確約オファー」裏事情を徹底紹介!
DODAには面接確約オファーというスカウトサービスがあります。書類選考免除で進むことができるので、スピ…
エンジニアはなぜうつ病になる?自分を守る方法を伝授
エンジニアはうつ病になりやすい職種です。発生確率は一般企業の2~3倍という声も。うつ病になりそうなエ…
pagetop