Javaエンジニアの転職には資格が必要か徹底調査

TOP > Javaを使った転職 > Javaの資格は必要?Javaエンジニアに最適な転職方法を徹底解説

Javaの資格は必要?Javaエンジニアに最適な転職方法を徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaの資格って転職に必要なの?そんな心配をされているエンジニアの方は多くいらっしゃると思います。今回は、Javaエンジニアが転職するのに資格は必要かどうか、また最適な転職方法についてご紹介します。

結論:Javaの資格はあればいいが、無くても転職できる!

結論から申しますと、Javaの資格が無くても転職することは可能です。

資格は持っていれば評価はされますが、「即戦力になる」「実務で使える」とはなりません。

Javaエンジニアが転職するときに大切なのは、Javaの開発経験や前職でどんな役職だったか、どのような仕事内容だったのか、実績はあるのか、などとにかく「実務経験」が重要となります。

では資格どんな意味があるの?と思われる方もいると思います。資格を持っていることで、わかりやすくスキルを示すことが出来ます。資格を持っていることで「ある程度知識は持っているんだな」「勉強熱心な人」と評価され、面接まで進めることがあります。

ここで、覚えておいてほしいのが、資格を持っていることがすぐに転職につながるわけでは無いということです。

未経験の場合、Javaエンジニアに転職はできないの?と心配される方は下記の記事を参考にしてください。

開発経験に応じた年収例が記載されています。

2017.05.25
Javaのスキルを強みにエンジニア転職をする場合、どれくらいのレベルが求められるのでしょうか。今回は、実際の求人情報から調べた年収別で転職に求められるレベルを紹介します。

Javaエンジニアの有効な資格は3種類ある

資格を取得する余裕がある方や「実務経験+資格」で確実に転職したい方向けにJavaエンジニアに有効な資格を紹介します。

Javaエンジニアに有効な資格は3種類あります。それは

  • Oracle社のJava認定資格
  • サーティファイ情報処理能力認定委員会のJavaプログラミング能力認定試験
  • IT職業能力支援機構のAndroid技術者認定試験

です。

①国際資格のJava認定試験

Java認定試験は、Oracle社が行っている試験のことです。難易度は3段階に分かれていて、「Bronze」「Silver」「Goled」と「Goled」が最難関となっています。

転職で評価されるのは企業によって変わって来ますが、「Silver」からのところが多いです。転職でアピールするなら「Silver」以上を取った方がよいです。また、「Silver」からは国際資格なのでワールドワイドで評価されます。

受験料は「Bronze」は14,688円、「Silver」と「Goled」は28,728円です。

②実務的な内容が問われるJavaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、試験内容が実務的な問題が多いです。

また、受験料がJava認定試験よりも安く、3級は5,100円、2級は6,200円、1級は7,600円です。

③アプリ開発会社に転職するならAndroid技術者認定試験

こちらは、Javaに特化した資格ではありませんが、アプリ開発会社に転職したい場合有効な資格です。試験の種類は2種類あり「アプリケーション認定試験」と「プラットフォーム認定試験」、難易度は2段階に分かれていて、「ベーシック」と「プロフェッショナル」に分かれています。

受験料金は16,200円です。

資格の取得よりも転職エージェントの利用が転職の近道

公開求人数1,118件対応地域関東、関西、九州地方
非公開求人80%以上職種ITエンジニア職全般、Web系、ゲーム系、クリエイター、ディレクターなど
強い業界IT業界、その他メーカーなど設立2005年

Javaの資格について、紹介してきましたが、転職において大切なのは、面接なので、自分をアピールすることです。

せっかく、資格を取得して、面接まで進むことができても、面接で自分の実務経験やなりたい将来像などをアピールできなければ転職することができません。そこで、おすすめしたいのが、エンジニアの転職に強い転職エージェントを利用することです。

エンジニアに強い転職エージェントを利用することで

  • 一般の人が見れない非公開求人の紹介
  • 各会社ごとの面接の対策
  • 元エンジニア目線のキャリアサポート

など転職を成功させるためのサービスを受けることができます。

今回おすすめしたい、エンジニアの転職に強い転職エージェントはレバテックキャリアです。

レバテックキャリアは親身なエージェントが多い

レバテックキャリアは、Javaのスキルを使った求人件数が最も多いので、それだけでも、Javaエンジニアは利用する価値はあります。

しかし、レバテックキャリアの強みはそれだけではありません。レバテックキャリアの最大の強みは「コンサルタントの知識が豊富で親身サポート」があることです。レバテックキャリアのコンサルタントの中には業界出身者もいて、現場ならではの悩みやエンジニア市場について分かっているコンサルタントに相談することができるので、「この会社は資格を取った方がいい」など会社ごとの情報も知ることができます。

エンジニア転職を考えている方は、まず資格を取る前に、レバテックに登録してコンサルタントに相談することをおすすめします。そこで、自分がいままでを客観的に振り返って、今本当に必要なのは資格なのか考えてみてください。

レバテックキャリアの公式ページへ

関連する他の記事

SEの年収と平均以上の給与をもらえる人の条件・特徴
転職を目指すSEの方にとって、平均年収をはじめとした条件面は非常に気になるものでしょう。こちらでは、S…
インフラエンジニアの転職に役立つスキルや経験
インフラエンジニア転職に必要なスキルや経験を紹介します。レバテックやマイナビエージェントITなどの求…
SIerから脱出する!SEから別業種への転職裏事情
終わらないデスマーチ、無理難題を押し付ける顧客、マネジメントのできない上司…。そんなSIerでの仕事に…
30代までのインフラエンジニアの転職時に役立つ求人情報
近年その役割が広がり、需要が高まってきているインフラエンジニアですが、転職を目指している方も多くい…
pagetop