転職の際に求められるJavaのレベル

TOP > Javaを使った転職 > 仕事で使えるJavaの開発経験や求められるレベルを徹底調査

仕事で使えるJavaの開発経験や求められるレベルを徹底調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
macのPC画面

ITエンジニアにとって必須スキルであると言っても過言ではないプログラミング言語、Java。実際に仕事で使えるJavaの開発経験や、転職の際に求められるレベルとはどれくらいのものなのでしょうか。

Javaは使えなくても転職出来る

実際に、リクナビNEXTに出ている未経験OKの求人の中には、Javaが使えなくても採用すると書かれている求人もあります。

アパレルショップ店員から転職した社員がいる、必須条件が「スマホやゲームが好き。新しい技術やITに興味がある」となっているところからも、Javaエンジニアへの転職はハードルが低い「ものもある」ということが分かるかと思います。

もちろん、実務経験があった方が採用確率は格段に上がるのですが、異業種・異業界からの転職も可能であるということです。

未経験OK求人の背景にあるのはプログラマー不足

中途で未経験者を採用する背景には、深刻なプログラマー不足の問題があります。

スマホやタブレット端末の普及によりプログラマーの需要は増えているのにも関わらずプログラマーの数はあまり変わらない。その結果、既存のプログラマー達の仕事量が増えその激務に耐えきれず退職者が後を絶たない、という悪循環に陥っているのです。

転職の機会が多いことはJavaプログラマーを目指す人にとってメリットではありますが、1人にかかる負担が大きいブラックな企業もあるということに留意してください。見分けるコツは、一気に大量求人をしているか否か、もしくはプロの転職エージェントを利用することです。

2018.09.21
「エンジニアになりたい。でもスキルも実績も持っていない」から無理だ…と思っている人はいませんか?未経験からエンジニアになるには、エンジニア未経験者のサポートに力を入れている転職エージェントを利用するのがおすすめです。この記事では、完全未経験でも安心して転職できる人気の転職エージェントを紹介します。

年収の金額帯によって変化するJavaエンジニアに求められるレベル

Javaプログラマー業界は未経験者でも入ることが出来る一方、高いスキル・経験がある人が非常に重宝される傾向にあります。

そのため、初心者プログラマーと豊富な経験のプログラマーでは年収の差に大きな開きがあります。年収によって求められるレベルも変わってきます。以下で確認していきましょう。

未経験の初心者エンジニアは250万円~500万円からのスタート

異業種・異業界からの転職や第二新卒での転職の場合、月収は20万円以下に設定されている事が殆どです。というのも、転職後の業務はJavaのプログラミング研修から始まるので、低めに設定されていることも頷けます。

年収250万円~のJavaを使用するエンジニアに求められるスキルは、特になし。

採用の際に見られる条件は、年齢が30歳以下であること、やる気があること、IT技術に興味があること、コミュニケーション能力があることです。

PMの経験や5年以上の実務経験があるなら500万円~800万円も見込める

転職によって500万円以上の年収を見込めるのは、豊富な経験があるエンジニアです。具体的には、5年以上の経験がある・プロジェクトリーダーの経験があるなどの条件が並んでいます。

一般的には年収に幅を持たせて求人を出しているため、500万円以上の年収を求める場合年齢や経験、能力、前職給与を考慮の上、企業側と交渉していくという形になります。

求められるスキルはJavaに関する豊富な知識、運用経験に加え、C、C++、C#.NET、VB.NET、PHPなどの言語知識、CCNA、CCNP、LPICなどの資格類などです。

800万円以上を求めるならフリーランスになるかキャリアアップ

転職でいきなり年収800万円以上のJavaを専門とするエンジニアになるには、実力のある人がフリーランスへ転職する以外の道はありません。

フリーランスで年収800万円を稼ぐエンジニアの働き方を見ていると、ビジネスマッチングサイトで高単価の案件をゲットし、継続して仕事をこなして信用を得、さらに高額な値段で案件をもらう、という形です。

もちろん並行して幾つか別の案件を持たないと稼げないため、フリーランスのエンジニアには高度なタイムマネジメント能力が要されます。また、スキル不足で高額案件を逃すことがあってはならないので、JavaやC言語などのプログラミング言語に関する深い知識はもちろん、MacやWindowsなど様々なOSで開発出来るスキルが必要です。

もしくは、転職後に経験を積み、年収800万円以上を目指すという手もあります。その場合、転職先企業にキャリアアップする機会があるかどうかをしっかり確認しましょう。

他エンジニアは年齢と共に下がるがJavaエンジニアは年齢とともに年収昇

一般的にエンジニアは年齢とともに年収が下がると言われています。そのため、PMやITコンサルタントへのキャリアアップが必須となってくるのですが、Javaエンジニアは年齢とともに平均年収が上がる珍しい職種です。

この背景には年々需要が増えているのに対し、Javaに関する高いスキルを持っているエンジニアが少ないという事実があります。

マネジメント方面ではなく技術者として年収アップをしたいというエンジニアにとっては最適な転職先と言えるかもしれません。

今後のキャリアアップのためにも取得したい言語スキルです

公開求人数1,118件対応地域関東、関西、九州地方
非公開求人80%以上職種ITエンジニア職全般、Web系、ゲーム系、クリエイター、ディレクターなど
強い業界IT業界、その他メーカーなど設立2005年

Javaエンジニア職には幅広い年収が設けられており、それによって求められるレベル・経験も大きく変わってきます。

年収アップを目指すなら、Javaに関する深い知識の他に幅広いプログラミング言語、システムに関する知識・実務を積みましょう。

一度求人を見て、企業がどのようなスキルを求めているのかを調べるのもおすすめです。

関連する他の記事

ゲームプログラマーになるのに年齢は関係ない!
ゲームに命を吹き込む「ゲームプログラマー」。憧れる人が多い反面、年齢を理由に転職を諦める人もいます…
2017年売り手市場のゲームプログラマーに必要なスキルや経験とは
現在売り手市場のゲームプログラマー業界。転職の際に役立つスキルや経験について、最新の求人情報から研…
2018年東京23区のプログラマー転職求人傾向を調査
東京23区のITエンジニア転職求人の傾向を調べました。大手ベンチャー企業も多い23区での転職なら年収700…
レバテックキャリアにゲームプログラマー求人は少ない?
人気の転職先でありながら、転職をするのが難しいゲームプログラマー。レバテックキャリアにはどのような…
pagetop