転職のためのセールスエンジニアの仕事内容を紹介します

TOP > セールスエンジニアの転職 > セールスエンジニアの仕事内容をつかみ転職の第一歩にしよう

セールスエンジニアの仕事内容をつかみ転職の第一歩にしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
会議室
セールスエンジニア」と聞いて仕事内容がすんなり浮かんできましたか。なんとなく浮かんだ方もいらっしゃると思いますが、浮かばない人も多くいることと思います。

それもそのはず、セールスエンジニアというジャンルは曖昧なもので、転職求人数も少ない職業なのです。

そこで今回は具体的なの仕事内容を紹介し、転職の際の参考になるようにしていきたいと思います。

転職の際の選択肢に!そもそもセールスエンジニアとは

IT業界の繁栄によりますます需要が増すエンジニア職。そこで今回はちょっと特殊なセールスエンジニアについて紹介していきます。

セールスエンジニアは営業とエンジニアの混合なの?」という疑問の声をよく見聞きます。セールスはモノを売ることなので「営業」、エンジニアはそのまま「エンジニア」で営業とエンジニアが融合したものかという声が多いようです。正確に言うと違うところは多々あるのですが、入りとしてはとても分かりやすく理解の助けになる定義です。

セールスエンジニアは営業もしますし、エンジニアのような技術職の側面も持ち合わせます。「一人で二つの職を掛け持ちするだなんて、激務になるのではないか」という次なる疑問を持った方もいるでしょう。たしかに二つの特徴を持った職業なのですが、本来の「営業」ともいわゆる「エンジニア」とも果たす役割が違うのです。

転職の際に参考になるセールスエンジニアの仕事内容を紹介

ここからは具体的な仕事内容を見ていきましょう。

専門的知識を持ち契約などの商談に同行する

セールスエンジニアが行う基本的な仕事内容の1つになります。しかしもちろんいわゆる営業職とは違う役針を果たすことになります。具体的には商談相手に勧めているシステム、ソフトウェアの説明をすることが主な役割です。

エンジニアの観点から「このシステムはここが優れている」、「既存のサービスとはここが違う」、「こういった設備が必要になるのでコストはこのぐらいになります」、など技術面の知識で営業のサポートをしていきます。セールスエンジニアは専門性が高い話ができるため、このアドバイス、プレゼンなどが契約に直結することもしばしばです。

システムなどの価値を自社のものと照らし合わせて見極める役割も

システム等の導入を検討している際にもセールスエンジニアは重宝されます。商談の際出席している役員や、営業などはたいていシステムやソフトウェアなどを詳しくは把握していません。

そこで安易に役に立たないものを契約しないように防波堤の役割を担うのも重要な役目です。また相手が一見安いコストで導入できるようにプレゼンしていたとしても、既存の設備ではうまくいかない、逆にコストがかかってします等に気づけます。

このように商談においてセールスエンジニアは重要な役割を果たすことができます。

クライアントや自社のシステム導入のサポートをする

これもの大切な仕事になります。システムを導入するにあった手はやはりそれなりの知識を持った人が必要です。

商談成立後クライアントのもとへ直接出向きシステム導入の手助けをすることもあります。このサービスまでを一環で商品として提供している場合もあるので会社の看板を背負った重要な仕事になります。

また導入後サポートも重要な役目です。システムエラーが対応したなどの時その場で直す、エンジニアに修正を依頼するなど、真っ先に対応することになります。

転職の際参考の参考に!セールスエンジニアのみなさんの声を紹介

次は実際に働いている方の声から仕事内容、仕事のやりがいなどを見ていきたいと思います。

会社から感謝されることが多い

IT業界の競争が激しい中、セールスエンジニアは貴重な存在になってきます。

「今までシステムの中まで聞かれると言葉に詰まることが多かったが、セールスエンジニアがいてくれるので安心して商談が進められる。」「セールスエンジニアがシステムのメリットを具体的にプレゼンしてくれるので業績が上がった。」などの感謝の言葉を貰う方が多いようです。

営業職などに付き添うエンジニアがいるというのはその会社の大きな強みとなってくるのでしょう。大きなやりがいを感じていらっしゃる方もたくさんいるそうです。

周りとのかかわりが増えてやりがいがアップ

セールスエンジニアになる方は普通のエンジニアからなる方が多いです。そういった方からの意見として仕事内容上、一般的なエンジニア職に比べ周りとの関わりが増えたという意見が多くあります。エンジニア時代には黙々と孤独に開発を行っていたが、セールスエンジニアになって周りの方と関わる機会が多くなった。そのことが仕事のモチベーションにつながっているそうです。

エンジニアという名前上、黙々と開発に励んでいる姿が浮かんできますが、周りとのコミュニケーションをとる機会が多い職種です。

セールスエンジニアの仕事内容は理解できましたか?

セールスエンジニアの仕事内容は数が少ないこともあり仕事内容を掴みにくい職種であると思います。

しかし最近ますます需要が増し、必要とされている職種であり、やりがいも存分に感じられる仕事です。転職の際の1つの選択肢にしてみてください。

関連する他の記事

在宅フリーランスエンジニアの働き方と現状!今から目指せるのか?
今は企業に勤めているエンジニアの方でも、いずれはフリーランスエンジニアとして独立したいと考えている…
2020年SIerで求められるスキルをご紹介!おすすめ3選
SIerから自社サービスを扱うエンジニアへの転職を考えている人は多くいます。今回は、そんなエンジニアに…
転職エージェントを活用したITエンジニアの転職活動の特徴・流れ
ITエンジニアの価値は、転職市場全体から見ても高いです。しかし、企業に自分の価値をうまく売り込めるか…
気になるITエンジニアの平均転職回数とは?
ITエンジニアの転職回数を発表!成功確率が多いのは何回目までの転職?転職回数が多くても転職成功する人…
pagetop