DODAの祝い金がもらえるエンジニア求人とサービスの魅力

TOP > おすすめ転職エージェント > DODAエンジニアIT > 祝い金が貰えない?エンジニアがあえてDODAを選ぶべき理由

祝い金が貰えない?エンジニアがあえてDODAを選ぶべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAエンジニアITのロゴ

最近は、TechClipsエージェントレバテックキャリアなど、採用時に祝い金がもらえる転職エージェントが増えていますよね。20万円近い金額を貰えるというケースもありますし、サービスに差がないのであればお金が貰えたほうが嬉しいし、そうしたエージェントを利用しようかなと考えている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そうした祝い金制度を設けていない人材大手のDODAがエンジニアの転職に向けてそれでもなお魅力的である理由や、DODAではなく求人を掲載している企業が用意している祝い金制度などを詳しくお伝えします。

DODAエンジニアITでは祝い金がもらえない!

はっきり言うと、DODA自身は採用時にお金を貰えるといったサービスを行っていません。

しかし、DODAを利用して祝い金をもらうことはできるのです。いったいどういうことなのでしょうか。

企業が祝い金をくれるという求人もある!

しかし、DODAに掲載されている求人の中には入社や結婚といったタイミングで祝い金がもらえるものもあるのでそうした求人は魅力的といえますよね。

ということでまずは、DODAに掲載されている祝い金制度がある求人の特長から紹介して行きたいと思います。

祝い金がもらえる求人が140件

実際にDODAのサイトにアクセスしてエンジニア求人のカテゴリの中で祝い金とキーワード検索すると140件の求人が掲載されていることがわかります(2017年10月現在)。エンジニア全体の求人が5000件近いことが考えると限られた求人であることはおわかりいただけると思います。

ただ、公開求人は全体の求人の1割~2割程度ですし、好条件な求人ほど非公開になりやすいというポイントを考えると、実際にエージェントサービスなどを利用した際の選択肢はより多いのではないでしょうか。

DODAに掲載されている求人で一般的なのは出産祝い金!

お祝いのタイミングは様々ありますが、制度として用意されているのは出産のタイミングが一番多いようです。何かと物入りになるタイミングですし、普段の収入とは別にお金が得られるのはとてもありがたいですよね。

それ以外にも社員のスキルアップを応援するように資格を取得した際にお祝いという形で報奨されるというケースや、入社のタイミングでもらえるということが多いようです。数は少ないですが、誕生日にもらえるという場合もあるようです。どのタイミングであっても額は数万円ということが多いようですが、額にかかわらず嬉しい収入ですよね。

採用祝い金がなくてもエンジニアがDODAを使いたい理由

最初にもご紹介しましたが他のエージェントが行っている採用祝い金の中には、20万円近い金額を貰えるものもあり捨てがたいサービスに見えます。しかし、転職は長いスパンで影響して来ます。年収が5万円違うだけで数年で20万円以上の差がついてしましますし、スキルアップにつながるような転職ができれば将来的にそれ以上に差は開いてくるでしょう。

つまり、祝い金は大きく見えますが、それ以上に転職先の条件のほうが長い目で見て影響してくるのです。ですから、やはりエージェントはそのサービスの質で選びたいですよね。ということでエンジニアが転職する際に活用したい、DODAのサービスの魅力についてご紹介します。

好条件求人が豊富に集まる大手の魅力

ここ数年、IT業界に特化したエージェントが拡大しつつありますが、DODAは人材業界の老舗的存在として古くからエンジニア求人を扱ってきた実績があります。

DODAエンジニアITなどの専門ページを見れば想像できるように、特化型が出現する前まで、DODAはもっともエンジニア求人に力を入れていたのはエージェントのひとつであったという経緯もあり、国内の有名なITベンダーなどの求人が多くあつまっているのが特長です。

DODAであれば、大企業の求人など、好条件の求人を見つけることも難しくないでしょう。

アドバイザーが代行してくれる年収交渉も心強い

先程はDODAの求人の魅力を紹介しましたが、サービスという観点では年収交渉力が見逃せません。DODAには経験豊富なキャリアアドバイザーが多くおり、また多くの人材を抱えるDODAとの関わりをなくすわけにはいかない企業との力関係もあり年収交渉がうまく進むことも多いのだとか。

実際の体験談として、提示された年収から数十万円単位で引き上げることができて、希望の年収に達したという声も聞かれます。DODAだからこその交渉力を活用すれば祝い金以上に年収を増やすこともできてしまうかもしれません。

DODAを活用して転職を成功させよう!

紹介してきたようにDODAに採用祝い金制度はありませんが、求人によっては企業から祝い金を得ることもできますし、そしてなにより年収交渉力などを考えると祝い金以上に給料が高くなるということも考えられるのです。ですから、DODAは十分魅力的なエージェントといえるでしょう。

DODAを活用することでエンジニアのみなさんが希望するような職場に転職できることを願っています。

関連する他の記事

プログラマーの仕事内容とは?SEとは違う具体的内容
プログラマーの仕事内容を徹底解説!SEとは違うその業務内容、ゲームプログラマーやWeb系プログラマーが…
転職を有利に進める!DODAエンジニアITスカウトメール活用法
DODAエンジニアITのスカウトメールについて解説します。スカウトメールをもらうコツや、DODAスカウトサー…
文系からSEへの転職を成功させる資格やスキルを大公開
SE業界の文系理系事情、プログラマーとの違いをふまえて、転職の際に必要なスキルや資格をご紹介します!
2017年版プログラマー転職を成功させる志望動機を公開
プログラマーとして会社に入りたい、でも未経験だし、せめて自分が会社を志望する思いだけでも上手く伝え…
pagetop