定時で帰るためのエンジニア転職

TOP > 転職ノウハウ集 > 定時で帰りたいエンジニアの転職なら

定時で帰りたいエンジニアの転職なら

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビールを持つエンジニアの手

毎日のように続く残業に嫌気がさして、転職を決意したというエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

そうしたエンジニアの方にとって一番気になるポイントはどうしたら定時に帰れる会社に転職できるのかという点ですよね。

今回は、そもそもエンジニアが残業から逃れることは可能なのか、定時に帰れるエンジニア転職を成功させる秘訣などを詳しく解説していきます。

エンジニアにとって残業は避けられないものなのか

エンジニアには残業が多く定時には帰れないというのはもはや定説のように言われていますが、どんな会社でもそうなのでしょうか。

会社の違いや立場の違いなどから残業フリーなエンジニアの働き口を探っていきます。

下請け会社だと残業からは逃れられない?

納期にまでにプロジェクトを終えなければ違約金が取られてしまう契約が多く、多くのプロジェクトで納期を一日でも遅らせないようにします。

プロジェクトが遅れている場合は、残業あたり前の雰囲気が作り出されていく。エンジニアの方はよく聞く状況なのではないでしょうか。

こうした状況に陥ると特に下請け会社にはしわ寄せが行きやすいですよね。ですから下請け会社だと残業から逃れられない、定時に帰れないというケースは確かに多いと言えます。

キャリアアップすれば必ず労働条件は良くなるの?

では下請け会社から元請け会社に転職を果たし、下請けエンジニアからPMなどにキャリアアップすれば定時に帰れるのでしょうか。

残念ながら必ずそうとは言えないのです。元請けであろうと納期に追われるのは変わりません。自分の担当しているプロジェクトが遅れているという場合には、PMであっても残業から逃れられないでしょう。

また、エンジニアの経験を活かしてITコンサルなどにキャリアアップするという場合も残業からは逃れられないでしょう。これはコンサル業界が残業当たり前ということが多いからです。

どちらのキャリアアップも稼ぎは良くなりますが、残業フリーにはなれないでしょう。

定時に帰れる職場はココ

薄々感づいている方も多いと思いますが、納期は残業を生み出す元凶です。定時に帰るためには納期に追われる職場を避けなければいけませんよね。

ですから残業フリーな職場の候補は

  • 自社でサービスを開発・販売している会社のエンジニア
  • 非IT業界の社内エンジニア

の二つです。こうした職場であれば、必ず納期に間に合わせなければならないというケースが比較的少ないですから、定時帰りを目指すことも難しくないでしょう。

ただ、自社開発をしている会社はサービスリリース前にデバック地獄になる可能性もあります。やはり社内エンジニアが一番残業フリーな職場といえます。

会社システムの保守全般に関わる仕事ですから、エンジニアとしてのスキルもしっかりと活かせる仕事といえるでしょう。

定時に帰れる転職を成功させる秘訣とは

では続いて、そうした残業フリーな職場への転職を成功させる秘訣についてご紹介します。

転職サイト・エージェントの求人数に注意

先程紹介した通り、残業を避けるためには社内SEを目指すのが一番と言えますが、こうした求人はあまり出回っていないのです。

これはそもそも枠が少ない上に、ホワイトな職場を辞める人も少ないでしょうからなかなか募集がかからないのでしょう。

定時に帰れるエンジニア転職を成功させるためには、レアな求人にもアクセスできるように求人数やその質で評判の良い転職サイト・エージェントを活用するのが賢い選択といえるのです。

そうしたエージェントなどを利用すれば、好条件の職場に転職することも難しくないでしょう。

元請けへのキャリアアップなら細かい情報が大切

社内エンジニアは求人数が限られていますし、エンジニアとしてのキャリアやスキルをフルに活用したいという方は残業フリーがいいとは言ってもPMなどへのキャリアアップが魅力的に感じるという方も多いのではないでしょうか。

そういった方は、綿密に情報収集をしていくことがポイントになります。紹介した通り、元請けであっても遅れ気味のプロジェクトに入れられてしまえば定時に帰るのは難しいです。

ですから、転職する前に実際にどんなプロジェクトに配属されることになるのか細かい情報を得ておくとよいのです。そうした情報があれば、遅れているプロジェクトの人員を増強するための求人を避けることができますよね。

そんな情報手に入るの?と疑問を持っている方もいるかもしれません。しかし、採用担当者と密に連絡をとっているようなエージェントであれば、キャリアコンサルトからそうした細かな情報を得ることもできますから、安心して利用できます。

転職で残業フリーに働こう!

紹介してきた通り、エンジニアであっても定時に帰れる職種を選ぶことは可能ですし、細かな情報をもとに転職をすればホワイトな職場で上流エンジニアとして活躍することも難しくないでしょう。

みなさんが、転職を通じて定時帰りできる職場に転職できることを願っています。

関連する他の記事

キャリアカーバーのスカウト制度って実際どうなの?
キャリアカーバーのスカウト制度について紹介します。またスカウト制度で転職活動を効率的に進める方法を…
文系からSEへの転職を成功させる資格やスキルを大公開
SE業界の文系理系事情、プログラマーとの違いをふまえて、転職の際に必要なスキルや資格をご紹介します!
ベンチャー企業へ転職して満足しているSEが急増中の理由とは
SEがベンチャー企業に転職して満足するのには、多くの理由があります。ベンチャー企業に共通するのは仕事…
転職活動は面接が肝?DODAエンジニアITの面接力アップ講座
DODAエンジニアITの面接力アップ講座、キャリアアドバイザー、転職活動チェックリストを利用して面接力を…
pagetop