仕事で使えるLinuxの開発経験や求められるスキル

TOP > Linuxを使った転職 > 仕事で求められるLinuxの開発経験やスキルのレベルは?

仕事で求められるLinuxの開発経験やスキルのレベルは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミング画面

Linuxを利用するエンジニアへの転職には、どの程度の経験やスキルが必要になってくるのでしょうか。

ここでは、実際の転職求人情報を参考に、必要な開発経験やスキルのレベルについて説明します。

Linuxエンジニアへの転職には最低3年の開発経験が必須

Linux技術者の転職には、一体何年くらいの経験が求められるのでしょうか。ここでは、実際に掲載されている求人を参考にしながら経験年数について調べていきます。

未経験の求人はほとんど見つからない

これまでの実務経験がものを言うIT業界において、未経験でエンジニアを目指すのはやはり厳しいようです。特にLinuxの場合は独学で学ぶことが難しいので、現職(前職)でのある程度の仕事経験が求められます。

また、Linuxを利用する仕事でも未経験の応募もあるにはありますが、「Unixサーバー構築経験」「C++での開発経験者」といったように、その他のOSの経験やプログラミング言語での開発経験が必要な場合が多いです。

そのため、基本的にLinuxを使用するITエンジニアとしての仕事経験がない場合はLinuxを利用する仕事への転職は難しいと考えていいでしょう。

仕事経験年数は3年以上あることが望ましい

応募条件に最も多いのはLinuxのサーバー構築経験というように経験さえあればその年数は問わないというものです。

次に多いのは Linuxのサーバー構築経験(3年以上)というように3年程度の実務経験を転職者に求める場合です。

大企業の求人や、かなり専門的な仕事になると5年以上の実務経験が必要という場合もありますが、基本的に経験年数が求められる場合は3年程度のものが多いので、選択肢を増やしたいなら3年以上の経験があること望ましいです。

Linuxエンジニアとして働くなら設計や運用管理など一通りの流れを習得しよう

転職において、Linuxエンジニアにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

Linuxシステムの設計や運用まで行えると吉

まず前提として、Linuxを採用しているシステムは多くあるにも関わらず、そのエンジニア数は少ないというのが現状です。

そのため、システムの知識があるエンジニアに少しでも多くの業務を幅広く行って欲しいというのが企業の本音です。

つまり、企業はシステムの構築だけではなく設計や運用、障害対応といったことまで行えるエンジニアを喉から手が出るほど欲しがっています。

資格を取得しておけば実力の証明になる

書類や面接の場でLinuxのスキルを証明する時に最も効果的なのは、ズバリ資格や成果物です。

資格や成果物を提示することによって、企業側は実際にどれだけの仕事ができるのか・どのくらいの仕事を任せられそうかといったことレベルを判断できるので、より具体的に採用やその後のキャリアについて考えることができます。

自分のスキルや経験を証明できることに加え、企業とのミスマッチをなくすことにも一役買ってくれるためこれを提示しない手はありません。

Linuxの経験やスキルや経験以外に中途採用で求められる能力2選

ここでは、Linuxのスキルや経験以外に企業から求められていることをご紹介します。

コミュニケーションスキルやマネジメントスキル

Linuxエンジニアに関わらず、ITエンジニアはチームで仕事をすることがほとんどなので、企業側からは人間関係を円滑に行えるコミュニケーションスキルがある人間が求められます。

また、プロジェクトのスケジュールやコスト、品質を管理するマネジメントスキルもプロジェクトを滞りなく進めるために必要不可欠なスキルとなってきます。

この2つのスキルは、エンジニアからSE、PMとキャリアアップしていく上で必要となってくるもの。面接などで「現職(前職)でチームによるプロジェクトを成功させた経験やプロジェクトの管理を任されていた」「プロジェクトマネージャーの資格を持っている」などとアピールできると強みになるでしょう。

サーバーやネットワークシステムについての幅広い知識

現在のIT業界にはLinuxが扱えるエンジニアは非常に少ないので、企業側としては一人のエンジニアに多くの業務をこなしてもらうことを望んでいます。

例えば、システムの構築が業務であったとしても、設計や運営も行えるというエンジニアは企業側から非常に重宝されます。

そのため、Linuxに関するスキルや経験が企業の求めている基準に達していなかったとしても、システム全般に関する知識や経験があれば採用される可能性は充分にあります。

現在Linuxを扱えるエンジニアは不足しているということを念頭に置いて、戦略的に自分のスキルや経験をアピールするのが採用への近道です。

Linuxスキルの効果的なアピールが転職採用の明暗を分ける

転職において現職(前職)の経験や身につけたスキルは必ず役立ちます。特にIT業界は経験がスキルで年収やその後のキャリアなども決まるので、転職者は企業側に自分のスキルや経験をうまくアピールする必要があります。

その際、経験やスキルは口で説明するよりも、資格や成果物として目に見える形で企業に提出したほうが効果的です。

効果的なアピール方法で自分の価値を上げ、より良い環境の企業へ転職しましょう。

関連する他の記事

DODA利用はIT志望20代に適しているか?
大手転職エージェントといえばDODAです。営業から企画、コンサルタントなど様々な職種の求人が揃うDODA、…
IT転職エージェントリーベルの評判は?利用者の声から徹底分析
IT系に特化した転職サイトであるエージェントリーベルの評判を調査していきます。実際の利用者の声から分…
プロジェクトマネージャーへの転職は年齢が関係する?
プロジェクトマネージャー職への転職に適した年齢とは?実際にPMへの転職をしている人は何十代の人が多い…
激務SEの実情!ホワイトな職場に転職する方法を紹介
SEというものは大半の場合激務で、転職したいと思っている方がたくさんいる職業だと思います。そこでSEの…
pagetop