転職エージェントの活用がITエンジニアのキャリアアップの秘訣?

TOP > 転職エージェントとは > 転職エージェントを活用したITエンジニアの転職活動の特徴・流れ

転職エージェントを活用したITエンジニアの転職活動の特徴・流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミーティングする二人

ITはインターネットや銀行ATMといったシステム、または企業の運営や新規事業を展開させるうえでも重要な技術です。ITエンジニアとはその技術を構成、管理することが役目なので、より重要性が高まっていると言えます。

ITエンジニアは求人が多いですが、専門性の高い分野であるために、転職の際は自分の技術力や将来のキャリアパスも意識して企業を選ぶことが必要です。転職を考える人によって転職エージェントを活用する人もいます。

転職エージェントとはどんなものなの?

ITエンジニアで転職を希望する場合、転職エージェントを活用すると良いでしょう。通常の転職サイトでは自ら企業の情報を調べ、そして申し込みなども全て行う必要があります。しかし、こちらでは担当のコンサルタントが付き、個人が希望する内容に最適な求人を紹介してくれるサービスです。

この中にはITエンジニアの転職を主流としたものもあり、技術革新が激しいIT業界の動向を理解しているので、それぞれのIT企業の情報が集めやすいメリットがあります。つまり、IT転職でのデータバンクとしても活用できるというわけです。

非公開の求人情報を持つためレアな情報がたくさん

求人情報の中には非公開として扱われているものもあり、希望に合えばその求人も紹介してもらうことができます。非公開求人は求めている人材に焦点を当てたいと企業の狙いがあるので、転職者もスムーズに転職をすることができるでしょう。

また、転職エージェントはただ自分が望む求人を紹介するだけの場所ではありません。担当のコンサルタントは求人の応募から時間調整の交渉なども担ってくれます。ですので、働きながら転職活動を行うエンジニアにも便利です。

さらに転職のプロであるので、面接や履歴書の書き方アドバイス、転職の相談も受けることができます。このようにコンサルタントがいるということが、転職サイトとは異なる特徴です。

転職エージェントで転職活動をする流れは?

転職エージェントで転職活動を行うには、まず登録する必要があります。登録をすると担当のコンサルタントとのカウンセリングがあり、今までの経歴などを尋ね、エンジニアが専門知識での強みや特製などをはっきりさせるのです。その点を理解したうえで、コンサルタントは各エンジニアに最適な求人情報を教えてくれます。

転職でも新卒での就職活動同様に履歴書が必要ですが、さらに職務経歴書が必要です。転勤の経験がある人は書くことを知っていると思いますが、書き方によって書類選考が落ちにくくなります。担当のコンサルタントは履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり指導してくれます。

応募や日程調整に加えて推薦もしてくれます

企業を紹介してもらったら応募する必要がありますが、これも担当コンサルタントが行います。カウンセリングや相談からあなたの特性や知識、技術力を理解したうえで、企業へ推奨文を送るのです。

無事に書類審査が通過すると面接になりますが、日時設定の交渉もサポートしてくれます。面接の際の助言もしてくれるので、面接に自信がない人も安心です。

面接が終わり内定になると退職の手続きが必要になります。入社するまでの調整も転職エージェントが行い、退職の伝え方に困った時もアドバイスをもらうことが可能です。そして入社後も転職で安心して働けるようにサポートに対応しているところもエージェントならではのサービスです。

転職エージェントを利用してキャリアアップを狙う方法

担当のコンサルタントがつく転職エージェントでは、ITエンジニアとして持つ専門力や自分自身の希望に合った企業を見つけて応募することができます。その点では、効率の良い転職活動と言えるでしょう。

では、エージェントを活用してキャリアアップする方法があるのかをご紹介します。

転職エージェントは複数登録する

エージェントはいくつもあるので、キャリアアップを狙うのであれば複数のエージェントに登録するのが望ましいです。転職エージェントによってコンサルタントの質は異なります。転職を成功させるには、担当のコンサルタントの力も必要不可欠です。自分に合ったコンサルタントを決める手段として、2~3件登録していると良いでしょう。

比較するためにいくつかのサイトに登録しておくべき

また、転職エージェントによって寄せられる求人は異なるので、複数登録しておくことでたくさんの情報が得られます。さらに、情報を客観的に集められることも利点なので、比較しながらキャリアアップに繋がる求人を探すことが可能です。

また、非公開求人は求人する企業と転職エージェントとの深いつながりがあることを意味します。それぞれ保有する非公開求人も違うので、キャリアアップを狙うなら非公開求人に絞って探すのも良いでしょう。

コンサルタントとの信頼関係を築く

転職エージェントのサービスを効率よく活用するには、コンサルタントとの信頼関係をしっかり築くことです。コンサルタントは企業と転職者を仲介する人物であり、転職者はビジネスの相手と言えます。信頼関係を築き上げていれば、イチオシの非公開求人や企業の求人も紹介してもらいやすくなるのです。

コンサルタントと信頼関係を築くためにカウンセリングでの態度に気を付け、経歴や他の転職エージェントを使っている情報などは必ず伝えましょう。また転職活動の状況を定期的に伝えて、アドバイスをもらうなど積極的にコンタクトを取ることも大切です。

まとめ

転職エージェントを使えば担当のコンサルタントを通じて、自分の実力や要望に適した企業の求人情報を手に入れることができ、転職活動がよりスムーズに運びます。企業との繋がりも広いので、非公開求人を紹介してもらえばキャリアアップに繋がる転職も可能です。ITエンジニアで転職を考えている方は、ぜひITエンジニア専門の転職エージェントを活用してみましょう。

関連する他の記事

アプリケーションエンジニアの転職に役立つスキルや経験
2017年、スマートフォンの発展により需要が増えたアプリケーションエンジニア。転職にはどのようなスキル…
DODAエンジニアITの選考結果はいつわかる?連絡方法とは
DODAエンジニアITを利用して企業の面接を受けた場合、選考結果はいつ届くのでしょうか。また、どういった…
ITエンジニアが転職を考えるきっかけとは
エンジニアの方が転職しようと考えるきっかけは何があるでしょうか?実際に転職をした人のきっかけについ…
テックエキスパートの料金はいくら?費用は高い方なの?
TECH::EXPERT(テックエキスパート)の費用をご存知ですか?プログラミングスクール安ければ良いと言うも…
pagetop