ITエンジニアの転職に適した年齢はいくつまで?

TOP > ITエンジニア転職基本ガイド > ITエンジニアの転職に適した年齢・年代はいくつまで?本当に20代~30代が適切なのか

ITエンジニアの転職に適した年齢・年代はいくつまで?本当に20代~30代が適切なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
若手のITエンジニア

様々な理由から転職を考えるITエンジニアも多いですが、転職に適している年齢は20~30代と言われています。エンジニアとして成功させるには、スキルや経歴だけではなく、年齢も大きく関わっているのです。

では、なぜ20~30代がベストなのかをご紹介します。

30代はキャリアアップに繋がる転職が可能

30代のエンジニアは、新卒から入社すれば約10年間のスキルを持っているということになります。さらに、チームでの開発など多くの経験を持っているということは、企業側からも活躍に期待される人材であるというわけです。

ですから、30代にはキャリアアップに繋がるチャンスがあります。

30代のエンジニアに求められるマネジメント能力

若い世代のエンジニアはまだまだ未熟な部分も多く、それを支えるリーダーが必要です。このリーダーに求められるものはエンジニアとしての技術力はもちろん、後輩の技術を引き上げる行く勢力やチームを管理するマネジメント能力などは重視されます。

万能型かスペシャリストか

また、10年間もエンジニアとして活躍していれば幅広く活躍できる万能型、もしくは一つの専門スキルに特化したスペシャリストになっていることが多いです。

技術力と人材育成、どちらのスキルを持っている人材はどの企業でも貴重な存在となります。20代は人材育成のスキルを持つ人は少なく、ベテランの40代は流動性が低くなっていることから、それなりに経験豊富で流動性が高い30代が最適な役割と言えるのです。

今の職場でその立場を望めないのであれば、30代のうちに転職してキャリアアップを狙うのも手段になるでしょう。

20代のSE・エンジニアでもキャリアアップでの転職は成功する

20代は柔軟性や将来性が高いことを希望に採用をする企業も多いです。しかし、近年は少しでもレベルが上のSEやエンジニアを採用しようと、企業間でのエンジニア求人の競争が激しくなっています。

開発やプロジェクト運用の経験は有利

もし、新卒として入社した時点からエンジニアとして活躍し、開発プロジェクトや運用にも携わっている経験があれば、20代のうちでもキャリアアップを目的にした転職を成功させることが可能です。

ただし、成功させるには現在市場で求められるスキルを持っているかがポイントになります。

市場が伸びているアプリ開発のエンジニアは需要が高い

例えば、スマートフォンやタブレットの普及で、アプリ開発の事業が拡大しています。なので、アプリ開発のエンジニアは根強く求められているのです。IT技術は日々進歩を遂げているため、特に需要性が高くエンジニアが少ない開発スキルを習得していれば、キャリアアップに繋がる転職をすることができます。

スムーズに転職可能な年齢・年代の上限とは

SEやITエンジニアがスムーズに転職できるのは35歳まで、40代となると難しいとも囁かれていますが、それは間違いです。確かに年齢によって経験に差があるので、求められるスキルによっては成功を左右する材料となります。しかし、転職活動の方法によって成功に導くことは可能なのです。では、40代でも転職に成功する方法があるのかご説明します。

35歳までが転職の限界と感じる理由はなぜなのか

ITエンジニアの中では35歳までが可能な年齢だと思っている人も多いですが、その理由は自分の技術力に限界を感じているからです。

30代はそれなりに経験を積んでいるエンジニアのプロですが、自分の実力に限界を感じてしまい、管理職の道を目指さないといけない先入観が働いてしまうケースがあります。

また、30代後半を迎えると求人情報が少なくなり、40代となればさらに求人が減ることから成功率が少ないという説が生まれたと考えられるのです。

30代後半から40代で転職を成功させる方法はあるのか

30代後半からは求人情報が一気に少なくなってしまいますが、エンジニアに年齢の制限はありません。ですから、30代後半や40代であっても成功させるチャンスはあるのです。では、どのような転職で成功が望めるのでしょうか。

40代のエンジニアは管理職へのキャリアアップを狙うべき

40代は現場ではなく管理職を目指す方法が一番です。

例えばベンチャー企業のCTO候補として転職活動するなどが挙げられます。CTOになるにはエンジニアの知識や技術、チームのマネジメント力に加えて、経営の知識やスキルも必要です。経営に関わる一員になるので、待遇は今まで以上に良い物を望めるでしょう。

ですが、その分責任も大きな職種です。

重役に求められる管理スキル

例えば、企業のエンジニアチームの採用活動の方針を決定したり、技術選択を行ったりする必要があります。効率よくチームで業務を行うためにも現場のことを把握するため、全てのエンジニアとの面談を毎月行うこともあるでしょう。

このような管理職は20代や30代には難しく、長い間スキルを磨きあげてきた40代はとても有利で重要な仕事と言えます。現場での求人が少なくても、管理職を目指すスキルも上げて転職活動をすれば、その能力を求める企業も見つかるでしょう。

まとめ

転職を成功させるには経歴や技術力も重視されますが、多くの企業で年齢も重視しています。

しかし、年齢によって求められる要素は異なるため、ITエンジニア求人が少ない30代後半や40代であっても成功させる方法はあるのです。転職を成功させるには、個人が持つスキルに適した企業、そして年齢と技術力にあった職種にキャリアアップすることだと言えます。そのためにはどんなスキルが必要かを見極めて、年代を問わず転職を成功させましょう。

関連する他の記事

エンジニアはなぜうつ病になる?自分を守る方法を伝授
エンジニアはうつ病になりやすい職種です。発生確率は一般企業の2~3倍という声も。うつ病になりそうなエ…
求人紹介がウザいならリクルートエージェントのアプリを使おう
転職エージェントは情報が多くて使いにくい!そんな人にお奨めしたいのが、ツールやアプリが発達している…
SE転職に強いのはどれだ!IT専門の転職エージェントを徹底調査
SEが転職をするならどのエージェントを利用すべきか?IT・Web業界に強い転職エージェントを3つ紹介!自分…
在宅プログラマーがよい案件を取るのに必要なスキルとは?
毎日朝早くから、満員電車に乗り会社に行くのは大変です。しかし、プログラマーであればパソコンと自分に…
pagetop