リクナビNEXTの「応募しませんか?(応募歓迎)」の効果とは

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査

リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビNEXTのロゴ

リクナビNEXTから送られてくる「応募しませんか?」というメッセージ。果たしてこれは転職者にとって便利な機能なのでしょうか。

今回は、企業側として転職サイトを利用したことのある筆者が「応募歓迎は内定にどれくらい効果があるのか」を暴露していきます。

リクナビNEXTのヘルプページには企業からのスカウトのように書かれているが…

リクナビNEXTのヘルプページ

リクナビNEXT公式のヘルプページを見てみると、応募しませんか?(応募歓迎)に関しては以下のように説明されています。

応募しませんか?(応募歓迎)とは、求人情報を掲載している企業からのあなたに是非応募してもらいたい」という意思表示です。

この文を読むと、「企業が自分に興味を持ってメッセージをくれた!」と受け取ってもおかしくないのですが…

2017.07.27
リクナビNEXTは求人数も多く利用者も国内最大規模の転職サイト。メールが多くて面倒くさい…という理由で退会を考える人も少なくありません。今回は、リクナビNEXTに登録している筆者が実際に退会してみました!その後また利用したいと思ったら再登録はできるのか?検証してみます!

応募歓迎で内定が取りやすくなることは無い!

結論から言うと、応募歓迎を経由した応募には、選考が有利に進んだり、内定が取りやすくなったりするということはありません。何故なのでしょうか。

実は自動送信メールだった!

「企業から応募しませんか?なんて声をかけられた!これって求められているということ?」と考えた人には申し訳ないのですが、実はこのメッセージはリクナビNEXTの自動送信機能です。

公式ページでは応募歓迎について以下のように説明しています。

企業が設定した検索条件と、あなたの登録した情報(職種や勤務地など)が合致した場合「応募しませんか?」(応募歓迎)が届きます。

つまり、企業があなたのプロフィールを見て「良い!」と思ったから送ったのではなく、企業が設定した条件にたまたまあなたのプロフィールが合致したから自動的に送られたのです。

選考が有利に進むことはない

応募歓迎は自動送信なので選考が有利になるという効果はないでしょう。

なぜなら、それによって選考基準を変えることは無いからです。応募歓迎で応募してきた人より優秀な人が普通に応募してきたら、もちろん後者が選ばれます。

応募しませんか?のメッセージが届いたら、すぐに飛びつくのではなくしっかりと求人情報を読み込みましょう。その上で、応募したいと考えたら応募してみてもいいかもしれません。そうでもない場合は無理に応募する必要はないでしょう。

応募歓迎は集客のため!企業向けの機能

利用者側にメリットはありません。ではなぜこんなに意味が無い機能があるの?という話になってきますが、これはつまり求人を出稿している企業のための機能なのです。

安い予算で利用できる集客ツール

転職サイトの良し悪しのほとんどは「人を集められるか」に集結します。リクナビNEXTも企業側にアプローチする際、「応募歓迎という機能があるから、御社の条件に合った優秀な人材を集めることができますよ!」とアピールしているのでしょう。

実際に、筆者は企業側としてこのようなサービスを利用することがあったのですが、(リクナビNEXTではありませんが、リクナビ系のサービスです。)「◯人に送信で◯円」などと安い値段で利用することができました。

予算が少ない中小の企業にとっては、非常に魅力的な集客ツールなはずです。

成約率を上げるためにコメントが付いている場合も

利用者からの応募率を上げるために、応募しませんか?のメールにコメントを付けている企業もあります。

ただ、1件1件送るのも大変なので定型文があり、一部を変えているだけという場合が多いでしょう。筆者が以前利用していた際には、手の空いたアルバイトさんに頼んでいたこともありましたが、そういった企業も多いかと思います。

つまり、コメントが付いている=自分に興味がある、では無く、ただ単に成約率を上げるための施策のひとつに過ぎないというわけです。

希望する転職先が決まっているなら通知をOFFにしたほうが良い?

リクナビNEXTの応募歓迎は、企業側に向けた機能。このオファーが来たところで内定率が上がるということもありません。

転職先が決まっていない人にとっては、「こういう企業も可能性があるのか」と転職先選びの参考程度にはなりますが、そうでない人にとってはただ無駄に通知が多い機能となってしまうでしょう。

スカウトサービス自体を退会するとのスカウトメールも届かなくなってしまう

スカウトメールの図解

リクナビNEXTには応募歓迎メール(=オープンオファー)以外にも興味通知オファー、プライベートオファーという3種類のスカウト機能があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

  • オープンオファー

    応募歓迎を含むダイレクトメッセージです。職種や地域などが企業の設定した条件と合っていた場合送られます。3種類の中では最も期待度が低いです。

  • 興味通知オファー

    登録情報を元に送られてくるダイレクトメッセージです。応募歓迎よりも少し期待度が高い程度で、内容的にはほとんど同じ。違いは、こちらから返信を送ることができる点です。

  • プライベートオファー

    プライベートオファーは面接に来ませんか?というお誘いです。書類選考が免除されるので、その分内定までの距離は近いでしょう。3種類のスカウト機能の中で一番期待度が高いです。

仮に、「応募歓迎メールをストップしたい」と思ってスカウトサービスを退会してしまうと、期待度の高いプライベートオファーまで届かなくなってしまいます。通知を切る際はそのことも考慮して考えなくてはなりません。

メールの配信停止からオープンオファーだけOFFにしよう

期待度の高いプライベートオファー、興味通知オファーは残して、オープンオファー(応募歓迎)のメールだけ配信を停止することができます。

やり方は、「各種設定」の「スカウト」から、オープンオファー、応募歓迎欄の「OFFにする」をクリックするだけです。通知をオフにすると自動的にオープンオファーの機能も機能しなくなります。

機能の取捨選択をして使いやすいサイトにしよう!

応募歓迎のメールは残念ながらあまり期待度の高いオファーではありません。しかし、プライベートオファーなどの期待度が高いオファーもあります。

応募しませんか?の他にも、リクナビNEXTにはたくさんの機能が付いています。全部利用するとなると、情報が混雑して使いにくくなってしまうでしょう。

自分の転職活動に併せて、使う機能と使わない機能を取捨選択するといいでしょう。

関連する他の記事

ITコンサルタントの強みは異業種・業界転職で活かせる!
ITコンサルタントは業務改善が主な仕事であり、同業種・業界の、経営コンサルティング系への転職には向い…
転職するならレバテックキャリアがおすすめ?成功例を紹介!
IT・WEB系の業界の転職レバテックキャリアは本当にいい転職エージェントなのか?成功例を紹介していきま…
レバテックキャリアの面談ではどんな話をするの?
転職エージェント、レバテックキャリアはどんな優位性があるの?面接ではどんな話をするの?レバテックキ…
インフラエンジニアの転職に役立つスキルや経験
インフラエンジニア転職に必要なスキルや経験を紹介します。レバテックやマイナビエージェントITなどの求…
pagetop