リクナビNEXTの「応募しませんか?(応募歓迎)」の効果とは

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査

リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

リクナビNEXTから送られてくる「応募しませんか?」というメッセージ。果たしてこれは転職者にとって便利な機能なのでしょうか。

今回は、企業側として転職サイトを利用したことのある筆者が「応募歓迎は内定にどれくらい効果があるのか」を暴露していきます。

リクナビNEXTの応募歓迎にはほとんどメリットがない!

結論から言うと、応募歓迎を経由した応募には、選考が有利に進んだり、内定が取りやすくなったりするというメリットはありません。

選考で有利にはならない

残念ですが、応募歓迎を通して応募したとしても選考が有利になるということはありません。

応募歓迎経由であろうと、通常応募であろうと企業の採用基準が変わることはないからです。

自動送信機能で送っているだけ

「応募しませんか」はリクナビNEXTにある自動マッチング機能によって送信されています。実際に、公式ページを見ると以下のような内容が書かれています。

求人を閲覧したり、「気になる」した際、 あなたの登録した情報(職種や勤務地など)が企業が設定した条件に1つでも合致すると、 「気になるリスト」に「応募しませんか?」(応募歓迎)が届きます。
つまり、あなたの登録情報が企業が登録している「こんな人材がほしい」というリストに1つでも引っかかった場合、「応募しませんか?」(応募歓迎)が届くわけです。

極論を言うと、あなたが「六本木勤務希望」と登録していれば、「六本木付近で働いている人を探している」企業からメッセージが届くということ。メッセージを受け取るハードルがいかに低いかが分かりますね…。

ではなんの為のシステムなのかというと、企業側が応募者を集めるためのシステムなのです。

まったく価値がないものではない!

いままでの内容だけですと、オファー通知を受け取って応募しても、価値が無いように感じると思います。しかしリクナビNEXTが応募歓迎通知を作成したのか考えましょう。この機能は企業と応募者がマッチングしていることを知らせるためにあります。

一般的に転職は、企業の求める経験やスキルと応募者の経験とスキルが成立して採用が決まります。よって自分の市場価値と企業の求める基準のマッチングがされているかを基本に応募していけば、受かる確率が高いですよね。自分で企業の求める基準と自分の能力がマッチングしているのかを調べていくのは時間がかかりますよね。だからマッチングの成立を知らせる機能には価値があります。

「面接にきませんか(応募歓迎)」は特に、企業の担当者が応募者のレジュメを見てから、送信しているので企業の採用基準を十分に満たしていることが分かります。よって内定の可能性がとても高いと考えられます。

リクナビNEXTの応募歓迎は転職者にとって、企業と自分のマッチングを知ることができるので、メリットはなくても価値は十分にあるといえます。

応募しませんか?は気になるリストから確認できる

応募歓迎は選考が有利になるという効果は無いものの、自分とマッチしている企業を見つけることができるという便利な一面もあります。

応募歓迎が来ているかどうかは、気になるリストから確認することができます。

「気になるリスト」とは

「気になるリスト」とはなんでしょうか。リクナビNEXTの「気になるリスト」とは応募者が「気になる」を押した求人を、一覧にしてチェックできる機能です。あとで比較検討をするときに便利です。

気になるリストは、求人を比較検討する以外には、掲載状況のお知らせをメールで受け取ることができます。

「気になる」を押した求人の掲載が終了したときや「気になる」した企業が新たに求人情報を公開したときにメールで知ることができます。

気になるリスト内の求人の色の違いは応募に関係するのか

気になるリストに表示される求人は色ごとに内容が違います。3色に分かれています。白色の求人は、応募者が「気になる」を押した求人情報です。気になるを押しておくとその後求人を比較する場合に便利です。

ピンク色の求人はあなたが「気になる」した求人情報です。応募しませんか?や面接に来ませんか?などの応募歓迎が届いた場合にはピンク色に表示されます。

青色の求人は企業が求めるスキルや経験などの条件が、あなたの登録しているレジュメの内容と一致した場合に、企業から「応募しませんか?や面接に来ませんか?」などの応募歓迎が届いた求人情報です。

リクナビNEXTならではの機能ですよね。

内定に近い求人を紹介してほしいなら転職エージェントの利用を

内定が取りやすい求人が欲しいなら、リクナビNEXTのような転職サイトよりも転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントでは自分で求人を探すのではなく、エージェントに求人を紹介してもらい、その中から自分の気に入った求人を選ぶ形になります。

企業に応募する時も、エージェントが推薦文を書き後押ししてくれるので、転職サイトから応募するよりも圧倒的に内定率は高い傾向にあります。

CMでもおなじみのDODA

DODA

坂口健太郎さんのCMでもおなじみのDODAも、転職エージェントです。もちろん利用料は最後まで無料。様々な業種の求人があるので、どんな転職にも対応することができます。

DODAの公式サイトを見る

エンジニアの転職なら「エンジニア専門エージェント」の利用を!

公開求人数1,118(2018年5月現在)対応地域関東、関西、九州地方
非公開求人80%以上職種Appエンジニア
強い業界インターネット(Web)設立2005年

エンジニアが転職をするのなら、転職サイトでも転職エージェントでもなく、エンジニア専門の転職エージェントを利用するようにしましょう。

専門エージェントの方が取扱い企業数が多いのはもちろん、専門的な話ができるためキャリアプランを相談しながら転職先を探していくことができます。

IT業界No.1のエージェントならレバテックキャリア

業界特化型の転職エージェントの中で一番人気なのはレバテックキャリア。

年間3000回以上の企業訪問を行い、企業別に対策を寝ることで圧倒的に高い内定率を誇っています。

応募歓迎は参考程度に捉えよう

リクナビNEXTの応募歓迎は内定率が上がるような効力を持ったものではありません。応募歓迎が届いたからといって闇雲に応募していると、時間を無駄にする可能性もあります。

応募歓迎はあくまでも企業選びのひとつの手段として捉えるようにしましょう。確実に転職したい場合は、転職エージェントへの乗り換えも視野に入れるべきでしょう。

関連する他の記事

JACリクルートメントで未経験転職はできる?
ハイキャリア向けの転職エージェントサービス、JACリクルートメント。未経験ジャンルへの転職サポートは…
セールスエンジニアになりたいならレバテックキャリアがおすすめ?
エンドユーザー顔が見える仕事がしたいと思う方はセールスエンジニアを転職先として検討することも多いの…
2017年版プログラマー転職を成功させる志望動機を公開
プログラマーとして会社に入りたい、でも未経験だし、せめて自分が会社を志望する思いだけでも上手く伝え…
DODAエンジニアITで社内SEに転職できる?
ITエンジニアの転職希望人気ナンバーワン職、社内SEに転職するなら、社内SEの求人掲載数1,000件を超えるDO…
pagetop