DODAのホワイト企業転職

TOP > おすすめ転職エージェント > dodaエンジニアIT > DODAでホワイト企業へ転職することはできる?

DODAでホワイト企業へ転職することはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAエンジニアITのロゴ

「DODAでブラック企業を紹介された!」なんて口コミを、ネット上で見ることもありますが実際のところはどうなのでしょうか。本当にDODAにはブラック企業求人が並んでいるのでしょうか。

今回は、本当にDODAにブラック企業を紹介されることはあるのか、そしてホワイト企業に就職するにはどうすれば良いのかを紹介します。

DODAでブラック企業を紹介されることはある?

筆者も以前DODAを利用したことがあります。実際にDODAのエージェントサービスを利用している上で、ブラック「ではないか」という企業を紹介されることはありました。

しかし、人によってブラック/ホワイトの線引は異なるので、判断は難しいですよね。転職採用となってくると、結局はマッチングという話にもなってきます。

ただ、一般的に「気をつけたほうがいい」と言われているポイントはあります。今回は、DODAに掲載されている求人情報からも判断できる「見分けるポイント」を紹介します。

10名単位の大量採用

DODAの求人情報には、今回の求人では何名採用するのかという情報も掲載されています。転職採用において、この同時採用が明らかに大人数である場合は「ブラック企業なのではないか」と疑ってみるべきでしょう。

なぜなら、大量採用をするということはそれだけ離職者も多いと考えることができるからです。

ただし、「新しいプロジェクトが立ち上がるタイミング」などの別の理由がある場合はそれに限りません。

どこからが大量採用なのかというと、社員数の3割がひとつの水準となると言われています。5名以上の採用は一般的なことなので心配のうちには入りません。

仕事内容がぼんやりとしている

DODAに限ったことではありませんが、求人情報の中に必ず記載欄のある「仕事内容」が、具体的に記載されていないようなら注意をする必要があります。

例えば、「英語を使ったお仕事」「エンジニアとして成長できるお仕事」など。具体的でない場合、下請けの仕事であったりする場合も多いです。

未経験でも歓迎!と書かれている

これはITエンジニア特有の傾向なのですが、「未経験OK」で募集している求人はエンジニア未経験でもできるような簡単なデータ入力業務であったりします。

Excelなどを使ったデータ入力業務では、エンジニアとしてのレベルアップができるはずもありません。しっかりと業務内容を確認して、キャリアアップができる環境なのかどうかを確かめるようにしましょう。

ホワイト企業を紹介してもらうにはコツがある!エージェントを上手く利用しよう

DODAを利用してしっかりとホワイト企業を紹介してもらうには、うまくエージェントサービスを利用することが大切です。

エージェントにしっかりと条件を伝える

ホワイト企業を紹介してもらうなら、エージェントサービスを利用しましょう。エージェント利用なら、自分の希望に合った求人を探して来てもらえます。

ブラック企業を避けるためにも、以下の項目はしっかりと指定しておきたいです。

  • 見込み残業
  • 給与形態
  • 福利厚生
  • キャリアアップできるか
  • 従業員数
  • 設立年

従業員数が少ないく、設立間もないIT企業はたくさんありますし、求人を募集している場合も多いです。

ベンチャー気質で自分から進んで会社を大きくするぞ!と意気込みがある人、人の下に付くのではなく自分自身でコーディングをしていきたいという人にとっては楽しい環境かもしれませんが、しっかりと定時に帰りたい、負担を負いたくないという人にとってはブラック企業であるといえるでしょう。

社内SEなどホワイト率が高い職種をみる

一般的に残業が少ないと言われている社内SE職など、ホワイトである確率の高い職種を狙って転職活動をしていくのも一つの手です。

ただし、社内SEは人気の企業なので、エージェント登録しないと紹介してもらえない非公開求人である場合がほとんど。自分で求人を探すのではなくエージェントに紹介してもらいましょう。

他者の転職エージェントも利用してみる

DODAを信用していないわけではありませんが、紹介されている求人が好条件のものなのかを判断するには他のエージェントと比較してみるのが一番です。

転職エージェントは一般的に利用可能期間が3ヶ月と短いので、早めに内定を決めてもらおうと催促してくるかもしれません。しかし、焦らずに他のエージェント求人と比較しましょう。

エージェントの使い方次第でホワイト企業も紹介してもらえる

DODAには一般的にブラックと言われる企業の求人ももちろんあります。それはどこの転職エージェントにおいても同じです。問題なのは、その中からいかにしてホワイト企業の求人を見つけるかです。

沢山の求人の中から自分にとって好条件の求人を見つけるには、エージェントにしっかりと条件を提示して、紹介をしてもらうことです。


DODAエンジニアITのサービスをもっと知る→【DODAエンジニアITの詳細】

関連する他の記事

SE辛い!そう感じた人が壊れてしまう前に取るべき行動
SE職が辛くて心を病んでしまう人はたくさんいます。そうならないように、辛いと感じたら早めに次の行動に…
気になるサーバーサイドエンジニアの転職タイミングとは!
皆さんは、サーバーサイドエンジニアという職業についてどれほどご存知でしょうか。おそらく、初めて聞い…
インフラエンジニアの転職を成功させる志望動機とは
インフラエンジニアになるためにどうしても書かなければならないのが志望動機です。どのように書けば良い…
SEの研修が辛いって本当?乗り越えれば一生分のスキルが身につく!
SEの研修は辛い!?そんな誤解を解くために、SEの研修内容とSEの需要について詳しく解説!自分に合った会社…
pagetop