DODAのセミナーにはどんな服装で行く?エンジニア転職

TOP > おすすめ転職エージェント > dodaエンジニアIT > エンジニアはDODAのセミナーにどんな服装で臨めば良いのか

エンジニアはDODAのセミナーにどんな服装で臨めば良いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAエンジニアITのロゴ

国内最大級の転職エージェントDODA。DODAでは転職フェアやセミナーなど毎週さまざまなイベントが開催されています。もちろん、IT業界に特化したイベントもあるので、DODAエンジニアIT利用者も参加してみましょう…とは言っても、どんな格好で臨めば良いのか悩みますよね。普段私服内勤が多いエンジニア職の方々は営業職の方が持っているようなパリッとしたスーツも持っていないでしょう。

今回は、そんなセミナー時の悩める服装の正解をお教えします。

DODAの転職セミナーは直接エントリーに繋がると思うべし

DODAのセミナーと言っても、毎週色々なイベントが開催されています。イベントによって、講義内容が変わるので当然適している服も変わってくるでしょう。

企業が出展するイベントではその場でエントリーシート記入も

DODAの開催するセミナーでは、会場で直接エントリーシート記入することも少なくありません。企業が出展する合同説明会・合同面談会では大抵がその形になります。

エントリーシートを記入する場合、その場で選考過程に入ると考えてもいいので、服装はスーツが好ましいでしょう。

勉強会系セミナーの時はそんなにかしこまらなくてもいい

DODAのセミナーの中には生産性向上などを目的とした勉強会もあります。そういった勉強会の場合は、オフィスカジュアル程度で大丈夫です。綺麗めの襟付きシャツ程度が良いのではないでしょうか。もちろん、スーツで参加している人もいます。「綺麗めな服装が分からない」「ヨレヨレのシャツしか持っていない」という人はスーツで参加するのが安牌でしょう。

2017.08.09
DODAエンジニアITの紹介で手に入れた内定。内定辞退はできるのか?気まずくない?タイミングは?そんな疑問に答えます。内定辞退にベストなタイミングを知り、トラブルを防ぎましょう。

転職フェアはスーツが多い?セミナーとは違うのか

DODAの一番有名なセミナーといえば転職フェア。転職フェアでは参加服装は自由となっていますが、実際のところ参加者はどのような格好で参加していることが多いのでしょうか。

参加男性の9割はスーツ姿!

転職フェアではほとんどの参加者がスーツで来ています。したがって、悪目立ちしないためにもスーツで参加することをオススメします。

というのも、転職フェアにはたくさんの企業・採用担当者が出展しています。(中にはマイクロソフトや楽天などの大手企業も)興味のある企業が出展しており、しかもその場で個人面談ができるとなった時に「スーツで来ればよかった」と後悔しても遅いです。

第一印象がその後のイメージに影響することも多々あります。信頼できそうな人だと見せるためにも、スーツがベターです。

女性はスーツでなくてもOK!しかしジャケットは必須

男性参加者は黒いスーツに身を包んでいる人がほとんどなのに対し、女性参加者には明るい色の格好が目立ちました。女性の場合、黒いリクルートスーツは逆にNG。新卒の就活の時に着たスーツを使いまわしていたとしたら、逆に頼りがいがないという印象を持たれてしまう恐れがあります。

こなれた感じだけど、カジュアルすぎない服がベターです。シンプルなパンツ、もしくはスカートに明るい色のジャケットを羽織る程度が良いかと思います。

また、女性の場合は髪型やメイクにも注意しましょう。エンジニア職の場合ですと、内勤なのでノーメイクで出勤している人もいるでしょう。しかし、一般的なビジネスの場ではメイクが必須。「メイクをしていることが分かるくらい、しかし主張はしすぎない」というレベルのお化粧をしましょう。ベースメイクが大切です。

チャンスを逃さない!持ち物にも気をつけよう

転職フェアで持っていくべき持ち物は、A3サイズが入るカバン、筆記用具、メモ帳、履歴書や職務経歴書(あれば)です。

企業説明の際に資料をもらった場合、折りたたんでしまうのは印象がよくありません。そのまま入れられるようにA3サイズ程度が入るカバンがあるのが好ましいです。また、企業の採用担当者に直接話しをすることができるので筆記用具やメモ帳の携帯は必須です。

現地でエントリーシートを記入する場合や、採用担当者と個別面談をする機会もあります。淀み無く記入やお話をするためにも、履歴書や職務経歴書はあった方が安心です。

服装に不安があるなら一度キャリアアドバイザーと面談をしよう

イベント参加時の服装・転職活動時の服装に不安があるようなら、一度キャリアアドバイザーに面談を申し込みましょう。求人を紹介してもらうのでもいいですし、キャリアプランの相談でもいいです。その際に、自分がOKだと思う服を着て行くのがオススメです。

その場でアドバイスしてもらおう

一番簡単なのは、キャリアアドバイザーとの面談時に身だしなみのチェックをしてもらうことです。DODAエンジニアITのキャリアアドバイザーは模擬面接も担当していますので、企業に好印象を与える服装に関する知識があります。

企業との面接や面談をする前に自分の身だしなみをチェックしてもらうことは非常に大切なことです。今後の転職活動のためにも、早めにアドバイスをもらっておきましょう。

転職用スーツを一枚買っておくと安心!

転職活動において、きちんとした服を着ていて損することはありません。転職活動を始める際に、綺麗なスーツを一着買っておくと安心です。

エンジニア職はスーツを着る機会が少ないですが、結局は人生の節目節目で着ることとなります。このタイミングで手に入れておくといいでしょう。

関連する他の記事

ソフトウェア業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
ソフトウェア業界におけるエンジニア求人事情は、明らかに需要に供給が追い付いていない状況です。年収を…
プログラマーの転職は同業種が得?稼げる転職先は
プログラマーの転職先には3つの選択肢があります。同業種か、異業種か、それともフリーランスかです。こ…
IT業界ならリクルートエージェント?口コミと評判まとめ
IT業界での転職を目指している方へ。口コミからリクルートエージェントが本当に利用したエージェントかお…
プロジェクトマネージャー職に強い!レバテックキャリアで転職を
現在プロジェクトマネージャーへの転職を考えている人にレバテックキャリアの求人の特徴を解説します。ま…
pagetop