DODAエンジニアITでの内定辞退について

TOP > おすすめ転職エージェント > dodaエンジニアIT > DODAエンジニアITで内定辞退はできる?波風立てない伝え方

DODAエンジニアITで内定辞退はできる?波風立てない伝え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAエンジニアITのロゴ

転職者の求人紹介から内定までをトータルサポートしてくれる転職エージェント、DODAエンジニアIT。一から十までサポートしてくれる分、内定辞退は難しいのではないか…そんな不安がありますよね。今回は、DODAエンジニアIT利用時の内定辞退の方法、そしてそのタイミグを詳しく紹介します。

DODAエンジニアITで紹介してもらった企業でも内定辞退はできる!

結論から言うと、DODAエンジニアIT経由で内定をもらった企業でも内定辞退をすることは可能です。

解約の自由は法律で守られているので安心

内定通知が出て内定承諾書を書いたとしても、法律的には入社日の2週間前までは入社を辞退することが可能です。

もちろん、DODAエンジニアITも同様。利用規約にも「入社辞退をしてはいけない」などと書かれていないため、法的な拘束力は無いのです。

辞退しにくい?自分の気持をしっかり伝えれば大丈夫

DODAエンジニアITを始めとする転職エージェント利用で出た内定は辞退しにくいのではないか…。たしかに、その通りです。辞退をするときには、内定時同様担当のキャリアアドバイザーを通して行います。担当のキャリアアドバイザーには企業の紹介から研究、面接対策、スケジュール調整など内定までにさまざまなサポートをしてもらっていたかと思います。心が痛むのも当然です。

法的な拘束力は無くとも、心理的に辞退しにくいというのが一般的です。しかし、一度しか無い自分の人生。本当に内定辞退をしたいのなら、しっかりと論理的に、自分の素直な気持ちを伝えましょう。そうすれば、担当キャリアアドバイザーも納得してくれるはずです。

内定辞退をする方法やタイミングは?

法律により内定を辞退することは可能です。しかし、タイミングを間違えた場合、辞退できなくなってしまう危険性も否めません。

ここからは、退職の方法とベストなタイミングを見ていきましょう。

内定を辞退するのは早ければ早いほうがいい!

まず、内定辞退のタイミングですが、これは早ければ早いほうがいいです。企業は内定を出してから着々とあなたを迎え入れる準備を進めています。相手に無駄な時間を使わせないためにも、早めに断りの連絡を入れるのがマナーであると言えるでしょう。

最長でも入社2週間前までに断らないと辞退できない?

気をつけて欲しいのは「申し訳ないな…」と悩んで、辞退の連絡を先延ばしにしてしまうことです。実は、内定辞退が正式に受け入れられるまでには2週間を要します。もしも入社前までに受理されなかった場合、辞退することができなくなってしまうかもしれないのです。DODAエンジニアITは、エージェントを通して辞退の連絡を行うのですから2週間以上の余裕をみておくべきでしょう。

損害賠償のトラブルも?リスクをさけるためにも行動は早めに

辞退のタイミングが遅くて企業の採用活動を終えてしまった、あなたの分の穴埋めができない…そんな損害が生じた場合は内定辞退者相手に損害賠償を請求する場合もあるようです。実例は少ないですが、リスクを避けるためにもなるべく早く決断をするのが得策です。

内定辞退をすると今後の転職活動に響く?

DODAエンジニアITを通して内定を辞退した時に不安なのは、「もう求人を紹介してもらえないのではないか」「今後の転職活動に何かしらの悪影響を及ぼすのではないか」といった問題。実際のところはどうなのでしょうか。

紹介できる求人があり限りサポートはしてもらえる

内定を辞退したからという理由で求人を全く紹介してもらえなくなるということはありません。もちろん、内定を辞退した時点でもう一度あなたの希望を詳しく聞き、希望条件を増やして探すことはあると思います。その条件で当てはまるものがなければ紹介してもらえないかもしれませんが、一度内定をゲットしたくらいのスキルや職歴をお持ちならその可能性も低いでしょう。

ただし、基本的にエージェント登録から3ヶ月を過ぎると紹介する求人が少なくなってくる傾向があります。すでにDODAを長期間利用しているようなら、他の転職エージェントの併用も考えたほうがいいかもしれません。レバテックキャリアなどのITエンジニア専門の転職エージェントならスピーディーに求人紹介まで進むことができます。

個人情報の守秘義務があるから情報が漏れることはない

内定を辞退すると「この人は内定辞退しましたよ!」というブラックリストに載ってしまうのではないか…そんな不安を持つ方もいるかもしれません。しかし、企業には個人情報の守秘義務があります。もしもあなたが内定を辞退したなどという情報を流した時点で、その企業は法律的に罰せられてしまいます。

企業としても、そんな大きなリスクを負いたくありません。人材を一人雇えなかったことよりもよほど大きな損害です。今後の転職活動に悪影響を及ぼすかもしれないという心配は無用でしょう。

もう一度辞退のメリットデメリットをよく考えよう!

内定を辞退したい。そう考えた時はもう一度辞退のメリット・デメリットを考え、早めに担当キャリアアドバイザーに相談しましょう。他に内定を持っていなければ、また次に内定が出るのはいつかわかりません。そういったデメリットも承知で、それでも辞退したいのならハッキリと自分の気持を伝えることが大切です。

関連する他の記事

30代のITエンジニア必見!好条件で転職する方法
エンジニア転職のためには何が必要なのだろうか。転職をしようと思っても悩むことは多いです。どんなこと…
通信業界のITエンジニアの平均年収とキャリアプランの作り方
通信業界で活躍するITエンジニアの平均年収からキャリアアップの組み方まで、転職の際に気になる情報をま…
未経験からエンジニアへ!理想のキャリアパスに近づくには
未経験からエンジニアへ!理想のキャリアパスを実現にするために必要なこととは。SE、プログラマー...ど…
Ruby経験者向けの求人情報からみるIT業界の転職情報
転職を考えるRubyのプログラマー・エンジニア向け求人の特徴をご説明します。また、Rubyのプログラマー・…
pagetop