SIerからWeb系転職で求められるスキル

TOP > Web業界のエンジニア転職 > SIerからWeb系に転職できるの?Web系エンジニアに必要なスキルとは

SIerからWeb系に転職できるの?Web系エンジニアに必要なスキルとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、SIerからWeb系への転職の意識が高まってきています。しかし「SIerとWeb系のスキルの違いはなんだろう」「転職できるだろうか」といった不安もあると思います。そこで今回はSIerとWeb系の違い、Web系に求められるスキルについて紹介していきます。

今Web系エンジニアへの転職が注目されている理由

転職エージェントを利用してWeb系エンジニアに転職した人から理由から注目が集まっている理由を探りました。

自分から仕事を作っていきたいから

SIerの仕事は、細分化されており、担当する仕事によってエンジニアとしてのスキルを身につけることが難しいことがあります。

反対にWeb系エンジニアはエンジニアの業種の中でも自由度が高く、自分から0→1ベースで作り出したいという人がWeb系に転職を考えているみたいです。

一人前の技術者になりたい

Web系エンジニアに転職した人は技術者として認めてもらえてと感じる人も多いみたいです。SIer業務は効率化されており誰にでもできる仕事に対して、Web系エンジニアは社内の中でも自分にしか業務を持つこともあり、いない困るポジションなので業務に対する満足度の高さにつながっており、結果的に1人の技術者として認めてもらえたことが嬉しかったという声もあるみたいです。

残業が減る可能性も

SIerは顧客に対してサービス開発・運用・保守を行うのに対して、Web系エンジニアは自社サービスを開発・運用・保守を行うことが多いです。

Web系の企業では自分の判断で仕事を進行する場面も多いです。

また、SIer企業では顧客対応などでタイムスケジュールが読めないことが多いですが、Web系企業では自社サービスのため顧客対応はある程度コントロールすることができることが残業時間が少なくなる理由の一つです。

SIer企業とWeb系企業の文化の違い

ここまでWeb系エンジニアの転職が人気な理由について述べてきました。では、SIer企業とWeb系企業の文化はどのように違うのでしょうか。

開発の対する考え方

SIer企業とWeb系企業とでは、開発するときの、人数、手法や考え方などが異なります。特にSIer企業では顧客に対してシステムやサービスの開発を行うため、一度仕様が決まってしまったら、原則変更はできないので、完成度100%の設計書から開発をしていきます。反対にWeb系企業では自社のサービス開発なので、仕様変更が合理的なら柔軟に受け入れる傾向が強いです。

社内環境の違い

次に、社内での、服装やコミュニケーションツールの違いについて紹介していきます。

SIer企業は顧客対応や営業をすることもあるため、服装は基本的にスーツが必須となっています。一方Web系企業は服装は比較的自由です。社内でのコミュニケーションツールもSIerの間ではメールでのやり取りがメインとなります。Web系企業だとチャットツールを導入していることが多いです。

SIerがWeb系エンジニア転職するのに求められるスキル

実際に、Web系エンジニアに転職している人はどれくらいいるのでしょうか。求人倍率から見るとWeb業界の求人倍率は5.1倍となっており、SIerからWeb系企業へ転職をできている割合は約20%になっており、転職希望をする人は多いですが、狭き門となっています。

そのなかで、Web系企業への転職を成功させるにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。Web系エンジニアに求められるスキルについて紹介していきます。

プログラミング言語の知識

SIerから転職するのに壁となるのが「プログラミングのことを知らない」問題。また、プログラミングのことを分かったつもりになっているということに注意しなくてはいけません。

Web系エンジニアでは、Java、PHP、Rubyのプログラミング言語が使われることが多いです。転職するのにあたりプログラミング言語の理解は必須となります。

Linux

Web系の開発で使われるサーバー環境のほとんどが、Linux系となっています。Linuxの基本知識・操作ができるようになっていくと仕事に対しての慣れが早くなります。

英語力

Web業界のIT技術は日々変化しています。その変化に対応するためには新技術の仕様書を理解することです。しかし新技術の仕様書は英語で書かれていることが多く、日本語に翻訳されている時にはもう遅いので、英語力が求められます。

まとめ

SIerからWeb系への転職についてまとめました。同じIT企業と言っても、SIerとWeb系エンジニアでは大きく仕事内容などが違うことがわかりました。

Web系エンジニアへの転職を希望する場合は、常に新しいスキルや知識を得ようとする学習意欲が求められます。

SIerとして働いていた経験だけをアピールするのではなく、自分から学んだ姿勢を見せるための成果物や資格の取得を行うといいでしょう。

関連する他の記事

アドバイザーが転職を左右?レバテックキャリアの賢い使い方
レバテックキャリアのキャリアアドバイザーを最大限に活用する方法を紹介!転職活動をスムーズに行うため…
SEの求人はどこに多い?転職がアツい地域を調査
SEへ転職したい!けれどSEの求人ってどんなものがあるのかよくわからない……。そんな方に向けて、今回はS…
ブラックが少ないと話題のマイナビエージェントを徹底調査
どのエージェントならブラック企業を避けることができるのか疑問に感じている方も多いでしょう。マイナビ…
インフラエンジニアの年収と平均以上の給与をもらえる人の条件・特徴
インフラエンジニアは比較的収入が高い職種であるといわれています。ここでは、その中でもよい条件で転職…
pagetop