社内SEへの転職に必要なスキル

TOP > 社内SEの転職 > 社内SEに転職するなら!実際の求人情報から見る必要なスキル3つ

社内SEに転職するなら!実際の求人情報から見る必要なスキル3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィスと観葉植物

社内SEとは、自社のインフラ構築やプログラミング、外注管理から社員のPC周りにおけるトラブル対応まで幅広く活躍することのできる職種です。

ITエンジニア以外の社員と関わる機会も多いため、専門的な話を分かりやすく伝えるコミュニケーション能力も重要となってきます。

技術職に息が詰まった!とSIerから転職を希望する人が多い傾向にありますが、社内SEへの転職にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

今回は、転職エージェントサイトに出ている実際の求人募集要項から、企業が社内SEに求めているスキルを紹介していきます。

インフラ構築から社員のPCトラブル応対まで業務の幅が広い

社内SEは他のITエンジニアと違い、社内の人を対象に仕事を行います。主な仕事は社内のインフラ構築、サーバー管理などのシステム管理です。

また、自社内のエンジニアでまかないきれない細かい部分は外部のエンジニアに外注をして作成していきます。その為、外部への指示出し、進捗の管理をするのも仕事のひとつです。

その他、社内のPCトラブルからコピー機の不調などに対応するのも社内SEの仕事です。

ITエンジニア職らしからぬ残業が少ない労働環境が人気

SIerなどエンジニア集団の会社では「周りの人がみんな残業しているから帰りにくい」といういわゆるブラックな環境にいるエンジニアが多いかと思いますが、社内SEはそういったエンジニア特有の労働環境ではないというところが魅力的。

中小企業であれば特に、一般社員の隣の席で仕事をすることも多くあるので他のエンジニア職と比較して圧倒的に残業が少なく開かれた職種だと言えるでしょう。

一方で、競い合うエンジニア仲間がいない、コードを書くこと以外の仕事が多いという理由から技術面での向上をするには難しい環境です。エンジニアとしての技術を高めたいという人にとっては向いていない環境なのかもしれません。

社内SEに求められるのは幅広い技術的なスキル3つ

社内SEはその仕事内容が多岐に渡るため、その分求められるスキルも幅広い傾向にあります。

トラブルサポートのためのハードウェア知識

社内のPCトラブル、その他精密機器のトラブル応対はまず社内SEに投げられます。そのため、システム面でのスキルの他にハードの知識も必要となってきます。そういった面では組込系のエンジニアに似ているかもしれませんね。専門知識とまでは言いませんが、一般的に起こりうるトラブルに対応できる程度の知識は持ち合わせておきたいところです。

ECサイト管理にはデータベース関連のスキルも必要

ECサイトを運営しているような企業なら、データベースに関するスキルも必要となってくるでしょう。新しくECサイトを立ち上げる場合は、PHPなどを使用したデータベース構築のスキルも求められます。

そのような企業への転職を考える場合は、データベース運用の実務経験をアピールするか、オラクルマスターなどデータベース関連の資格を取得しておくと転職がスムーズに進められます。

殆どの企業で採用されているマイクロソフト関連の知識

多くの企業で使用されているマイクロソフト関連の知識は持っているに越したことはありません。

このスキルは実務経験などからアピールすることが難しいので、関連の資格を取得することをお奨めします。

エンジニア以外の社員ともスムーズにやり取りできる人間的スキルも必要

社内SEは人と多く関わるエンジニアです。その分、レベルの高い人間的スキルも求められています。

専門的知識を分かりやすく伝えるコミュニケーション能力

社内SEはエンジニア以外の人に伝える機会が非常に多い職種です。専門用語を使わずに誰でもわかるよう伝えるスキルが求められます。

また、基本的にエンジニアではない企業の経営層からの指示を受けてシステムを開発していきます。抽象的な事をしっかりとシステムに落とし込める要領の良い人に向いている職といえるでしょう。

外注管理に必要なマネージャーとしてのスキル

企業によっては外部に外注スタッフがおり、社内SEが遠隔的に指示出しをして作業を進めていくという形を取っているところもあります。

その場合、社内SEはマネージャー的な立場として外部エンジニア達の進捗管理を行う必要があります。

その際のマネジメントは直接行うものではないので、行き違いのないように分かりやすく指示を出す、確認作業を徹底します。そのような細かいところまで気を配れる人物が社内SEに求められている人材です。

要領よく仕事を進めることが出来るエンジニアには社内SEへの転職がお奨め

社内SEは良くも悪くも技術職らしくない面を持っています。プログラミング技術を極めたい、といような人には向かない職場かもしれませんが、ジェネラルに色々な業務に関わっていきたいという人には合っている職種でしょう。

要領よくテキパキと色々な仕事をしたいという人は、社内SEへの転職を検討してみてはどうでしょうか。

関連する他の記事

重視することによって変わる!転職方法の選び方2選
転職方法はたくさんあります。転職サイト、転職エージェントは転職活動に何を重視するかによって選び分け…
川崎に多いエンジニア求人の職種・傾向
東京郊外で働きたいと考えるITエンジニアにとって、神奈川県川崎市はほどよい環境のひとつかもしれません…
セールスエンジニアのキャリアパスはどうなってる
セールスエンジニアのキャリアパスはどういった感じなのか紹介していきます。転職やキャリアプランについ…
30歳までのプログラマー転職に役立つスキルや経験
プログラマーが転職をする際は、ある程度のスキルと経験を求められます。この記事では、どんなスキルや経…
pagetop