社内SEが考えるキャリアパス・キャリアプラン

TOP > 社内SEの転職 > 社内SEは幸せ?キャリアパス・キャリアプランを考えてみよう

社内SEは幸せ?キャリアパス・キャリアプランを考えてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
窓際に置かれたデスクトップパソコン

転職先として人気の社内SEは、外部SEに比べてワークバランスが良いです。その一方で、自社システムや特定の技術を対象と業務を中心に行っているので、技術的なスキルアップが図りにくくなります。

ここでは、社内SEが考えるべきキャリアパス・キャリアプランについて考えていきましょう。

社内SEの需要はこれからもどんどん伸びる見込み

企業の規模や業種に関わらず、事業拡大においてITは必要不可欠な存在になっています。IT系企業だけに留まらず、医療、金融、製造業など業種問わずIT化が加速していくとでしょう。

Webシステムの導入や社内システムの拡大を伴い、社内SEを必要とする企業もが増えていくことが予想され、社内SEの必要性はこれからも増加傾向にあると考えられます。

社内SEとして必要とされる知識や能力は

基本的に社内SEの知識は一般的なSEとあまり変わりません。しかし、その中でも特に重要視される知識や能力が3つあります。「社内業務に関する知識」、「SEとしての幅広い技術力」、「リーダーシップとマネジメント能力」

社内のシステムを全て管理する

まず一つ目が、社内業務の知識です。社内SEはシステム開発を行う上で一通りの業務を知りその重要な点を抽出して社内システムの設計や開発を行わなければなりません。

これらは一般的に業務知識と呼ばれます。これからを知っておくことでSEの仕事がしやすくなり、スムーズに作業を進めることが可能です。

一般的なSEとしての知識

2つ目がSEとしての幅広い技術力です。高度なプログラミング能力というよりは幅広い知識が必要です。

小規模なシステム開発ではSEが直接コーティングすることもあります。システムを構築するうえでの様々な知識が求められえるので、柔軟に対応できるように常に新しい技術に目をむけて成長していかなければなりません。

最後にリーダーシップとマネジメント能力です。社内SEはプロジェクトごとに様々なエンジニアをまとめていかなければなりません。現場を仕切るリーダーシップはもちろん、仕事を分配するマネジメント能力も求められます。

社内SEにおけるキャリアパスとキャリアプラン

具体的に、社内SEが考えるキャリアパス、キャリアプランを考えた時にCEOや代表取締役社長などは、現実的ではありません。また、企業が中小企業なのか大手の大企業かによってもキャリアパスやキャリアプランは様々です。ここでは、具体的なキャリアパスやキャリアプランを考えていきましょう。

社内SEにおけるキャリアパスやキャリアプラン

一般的なキャリアプランとしては、パソコンやグループウェアの管理などからマニュアルを見ながらのヘルプデスク。次に社内ネットワークやサーバーの管理や保守。

社内システム開発や基幹システムの導入からプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーという流れになっています。基本的には小流れですが、企業の大きさや働いている人数によって変動するので一概には言えません。

給料もプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになれば上がってきますが企業によります。

大手企業に所属する社内SEキャリアパス

大手の場合は、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーの役職付きで年収700万円程度になることが見込めます。社内SEから課長や部長という管理職の道も見えてきます。

このときまでには先述した幅広い業務知識や技術力が必要となってきます。大手の場合、人もそれなりにいることが多いので、しっかり勉強をしていかなければなりません。

中小企業に所属する社内SEキャリアパス

中小の場合は大手よりも会社の規模や給料体系に影響されると思います。1社に1人のところも少なくないので社内のIT関係をすべて任せられると言ことも少なくないでしょう。

今から20年後のキャリアを考えた場合、最初に中小企業の社内SEに転職し経験や幅広い技術力を身に着けてから大手の社内SEに転職して管理職を狙うというキャリアパスが無難だと思います。

社内SEはしっかりとキャリアプランを持っていないとダメ

公開求人数10,000件以上対応地域日本全国、海外
非公開求人80%職種システム開発(Web・オープン・モバイル系)
強い業界ITエンジニア設立2001年

社内SEに転職するメリットとして業務が安定していることや、定時で帰宅できるなどのメリットが挙げられます。「今の仕事が激務過ぎて一刻も早く転職したい!」これは仕方ないので早めに転職したほうがいいと思います。

しかし、転職後も、10年後20年後のキャリアパスやキャリアプランについて考えていないとずっと社内SEだけで収入が上がらない可能性があります。定年まで働いていくことを考えたら給料が上がっていくほう良いに決まってますよね。

社内SEとしてキャリアアップしていくには、会社の大まかな業務についてよく理解し、SEとして常に新しい技術を身に着けていく必要があります。また、周りの人とのコミュニケーションもある程度とっておくことで、自分がプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになった時に円滑に業務をこなすことができます。

社内SEは楽というイメージが強いですが、しっかりと将来を見据えての転職をすることで自身のキャリアアップにつながります。

キャリアアップにつながる企業はあるのか確認するためにも「リクナビNEXT」を活用することをおすすめします。

リクナビNEXTは担当のキャリアアドバイザーがいないためパソコン・スマホ一つあれば転職活動をすることができます。

リクナビNEXTを活用し自身のキャリアアップにつなげましょう

関連する他の記事

内定に繋がりやすい?リクナビNEXTのプライベートオファー
リクナビNEXTの注目サービス、プライベートオファー。企業側からのスカウトなので、通常の応募よりも内定…
レバテックキャリアでラクスに転職したい!年収の相場は?
株式会社ラクスへの転職なら、転職可能性が一番高いレバテックキャリアがオススメ。レバテックキャリアは…
Web業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
爆発的に普及しているインターネットのなかで、多くのエンジニアが日々新たな製品・サービスを生み出し続…
登録前に知りたい!DODAエンジニアITサービスの流れとは
大手人気転職エージェントのDODAエンジニアIT。登録後はどのような流れで進むのかを徹底解説!転職エージ…
pagetop