ソフトウェア業界のエンジニア求人情報から見る転職情報

TOP > ソフトウェア業界のエンジニア転職 > ソフトウェア業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ

ソフトウェア業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCとスマホとペンを持つ手

ソフトウェア業界は現在のネット社会を支える重要な業界で様々な分野に精通している、今後業界としてもまだまだ伸びていくことが期待される業界と言えます。しかし、実際には人手不足に陥ってしまっているのです。

そんなソフトウェア業界の現在の傾向や流れはどういったものになっているのでしょうか?

どうして人手不足に陥ってしまっているのか?

上記でも挙げたように、ソフトウェア業界は伸びているにも関わらず人材が不足してしまっている状態です。この理由としては様々なものが考えられますが、一番の理由としては人材育成にどうしても時間がかかってしまうということが考えられます。

エンジニアと一言で言っても、様々な細かい職種に分類することができます。例えば、情報システムの開発・設計を行うSE(システムエンジニア)やセキュリティー関連に特化したエンジニア、ネットワークの構築や運用を担当するエンジニアなど、それぞれ仕事に特化したエンジニアが活躍しています。

そのため、知識を持っている人でもその会社独自の情報システムを覚えなくてはいけないため、スムーズに作業を行える人も少なく、仕事を覚えるのに時間もかかってしまうのです。

ソフトウェア業界の現状

ソフトウェア業界は人材が不足しているにも関わらず、市場規模は平成26年時点でおよそ4000億円以上にのぼっています。他業界からするとそこまで大きな数字には見られないものの、平均年収は高めで様々な業界全体の平均年収と比べるとおよそ200万円程度の違いが見られるのです。そのためキャリアを活かした転職によって年収をアップさせることは可能と言えるでしょう。

ソフトウェア業界のエンジニア求人の今後の動向と求められる経験

ソフトウェア業界の現状について知れましたが、今後の動向や実際にソフトウェア業界へ転職するとなった時に求められている経験・スキルはどういったものなのでしょうか?これを知っておくことで、ソフトウェア業界への転職を有利に進めていくことができます

エンジニア求人の今後の動向

ソフトウェア業界のエンジニア求人は今後も増えていくことは間違いありません。なぜなら、平成13年より設置された内閣のIT総合戦略本部において、東京オリンピックが開催される2020年までに世界でもトップクラスを誇るIT社会の実現を目標とし、社会の様々な場面でIT活用を推進しているためです。

例えば地方創生を意識したIT社会を活用する働き方であったり、医療や介護、農業など、今までIT分野とはあまり関係のなかった分野にもITを組み入れることによって分野の発展を推し進めたりするなど、国家戦略としてソフトウェア業界全体を押し上げる形になっています。

これまでになかった業界での需要が高まる見込み

また、ソフトウェア業界は市場を拡大し、様々な分野でIT化を図ることができるのも、エンジニア求人が増えていく要因の一つと言えます。

現時点でセキュリティーやクラウドなどに関心を持っている企業は多く存在しています。こういった企業から新しい製品やサービスを生み出すための開発部分でソフトウェア業界は大きな土台となることは間違いないでしょう。

そのため、エンジニア求人は今後も一定の需要を保ちつつ増え続けていくと考えられます。

エンジニア求人で求められている経験・スキル

エンジニア求人と言っても、上記にも挙げたように細かい職種に分類されるため、求められる経験やスキルにも多少の違いは見られます。

例えば、SEの場合は顧客である企業側と実際にプログラミングを行うプログラマーの中間に位置するポジションにあるため、プログラマーとして経験を積んでからSEとなる人が多いです。さらに企業側との連携をしていくため、ある程度コミュニケーション能力も重要な部分となります。

どの業界においても現場や技術書から知識を習得しておくことが大切

セキュリティーやネットワークなど、エンジニアの中でも専門的に特化している職種に関しては、特にその分野だからこそ必要な経験やスキルなどは特にないものの、やはりそれぞれ現場に入ってから学ばなくてはならない部分も多いです。

そのため入る前に知識をある程度身に着けておくことは重要なポイントと言えます。

例えばネットワークエンジニアの場合、情報処理技術関係の資格を持っていることで転職が有利になることもあります。データベースエンジニアの場合はインフラ・ソフトウェア開発の経験が物を言うため、高い評価につながる傾向にあります。

セキュリティーエンジニアの場合、特にインターネットに関する技術や知識を習得しておくと良いでしょう。

まとめ

ソフトウェア業界では細かく分類されたエンジニアが活躍していることやソフトウェア業界全体が慢性的な人材不足に陥ってしまっていること、しかし今後業界自体はさらに市場規模を拡大していくことが期待できることが分かっていただけたのではないでしょうか?

ソフトウェア業界でエンジニア求人を探す時は、自分が細かい分類のどこで働きたいのかを明確にし、それぞれの分類ごとに専門的な知識を学んでいくことが大切です。今後も増加していくであろう、ソフトウェア業界のエンジニア求人を見つけて、自分のやりたいことと合致した仕事を選びましょう。

関連する他の記事

仕事で求められるLinuxの開発経験やスキルのレベルは?
Linuxを利用する仕事へ転職を検討している方に向けて、必要な開発経験やレベルについて具体的な例を交え…
キャリアカーバーの評判を徹底調査!メリットとデメリットは
キャリアカーバーの評判を調査していきます。キャリアカーバーを使用した際のメリットやデメリットなどを…
口コミから見るDODAエンジニアITのリアルな評判
IT系の転職をお考えなら、見逃してはいけない転職エージョントDODAエンジニアIT!求人の質と量が日本No.1…
リクルートエージェントのスカウトとは?上手に使って転職しよう
リクルートエージェントのスカウト機能とは?転職が有利になる?リクルートエージェントは使い方次第で転…
pagetop