きついSEの仕事に疲れたら転職エージェントを頼ろう

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > 仕事がきついと感じたSEが転職エージェントに相談するべき3つの理由

仕事がきついと感じたSEが転職エージェントに相談するべき3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
青空と看板

IT土方という言葉を知っていますか。エンジニア、技術職というイメージとはかけ離れたSEの地味なテスト作業やプログラミングの日々と長い残業時間をよく表した言葉ですね。

そんな土方の半ば手を動かすだけの肉体労働に疲れた、しっかりスキルを伸ばしたい、達成感のある仕事をしたい、そのように感じているSEの方も多いのではないでしょうか。

とは言ってもまだまだ転職するには早い、忙しくて具体的に動き出す気になれないそう思うのも当然です。

今回は、今すぐ転職しようと決意しているわけではなくとも、きつい仕事に疲れてしまったSEがエージェントに相談するべき理由について説明いたします。

理由その1:専門家にSEとしてのキャリア相談ができる

きつい仕事をこなすことにばかり気を取られて、なんとなく、今の仕事に満足はできていないが、そうは言うもののこれからどうしたらいいか具体的なビジョンを持てずにいませんか。

キャリアプランを相談するならSE経験のあるエージェント

レバテックキャリアなど、IT業界の転職支援を主とした転職エージェントだと、SE経験のあるコンサルタントが所属しており手厚いサポートが受けられるというのが特徴です。

当然、キャリアプランニングを専門とするスタッフもいます、これからSEである自分はどんなキャリアを描くとよいのか、これから伸びていく業界はどこなのかなど、専門的な事を相談することができるのです。

転職に必要なスキルやプログラミング言語も分かる

実際に、日々の作業の中で感じることも多いと思いますが、SEとは名ばかりの単純作業の毎日ではなかなかスキルアップしていくことも難しいです、どんな将来を描くかによってはやはり仕事環境・企業を変えることが必要になってきます。

そういった時に、やはりキャリア相談は有意義です。例えば、自分が興味のある業界や会社があったとしましょう。

その企業に合格するにはどんなプログラミング言語が使えるといいのか、どのような実務経験を積まなければならないのか、いつ目指したらいいのか、相談できることはたくさんあります。

ぜひエージェントを活用して、SEである自分の今後について考えてみてください。

理由その2:転職するなら必須の自己分析を手伝ってもらえる

多忙な日々の中で自分のSEとしてのスキルにどれくらいの市場価値があるのか、業界で求められているスキルは何なのか、見えなくなってしまっていませんか。

IT業界の転職は空前の売り手市場と言われています。同じスキルの人材であっても数年前の契約よりも、現在契約すると条件がよくなるということもあります。今の給与は適正かどうかを見直すことができるのもエージェントならではです。

転職エージェントは企業適性を見抜くプロ

企業としても一般に公募を出すよりもエージェントを利用したほうが効率的に人材を集められるので、エージェントに多くの求人が集まる構図があります。

プロであるエージェントなら、SEの市場価値を判断できるのです。自分が使える言語やプラットフォームといった情報をもとに、具体的にあなたのスキルでどのようなSE求人があるのか知ることができます。逆に新しい業界標準に自分が適応していないことが判明するかもしれません。

サイトでいかにweb系ならrubyだ!と書かれていても実際どのスキルが求められているのかは分かりませんよね。業界標準といった情報を現実に知ることが出来るのもエージェントだけです、ぜひ活用したい情報源ですね。

あなたのSEとしてのスキルがどれくらい評価されるべきなのかを知れると自分の中での転職に対する考え方もより明解なものになりますよね。

理由その3:個人の適性に合った求人で転職成功確率も高い

やはり、きついと感じる仕事をライフワークとして続けることは無理がありますよね。自分のスキルを活かせるほかの仕事があると確信したら、実際に転職となります。

当然エージェントはそのために存在しているわけですから、活用することでよりいい転職ができるでしょう。

人事とコネクションがあることも多いです。面接が通りやすくなったり、口利きをしてもらえたりすることも?また条件交渉を代行してもらえることもあります。

非公開求人で条件がいい求人が見つかる可能性もある

また、企業としてもあまりに多くの人を面接するのはコストがかかりますから、非公開求人といって会社がエージェントに非公開で条件を満たした人だけ紹介してもらうように頼んでいる求人もあります。

そういった非公開求人に巡りあえるのも、エージェントを通じてでこそです。一般の求人よりも条件がいいものを見つけられるかもしれませんね。

仕事がきついと感じたらエージェント利用で無理のない転職を

どうだったでしょうか、今すぐ企業を探すというわけでなくとも、自分や自分の置かれているきつい現状を見返す、いいきっかけとしてエージェントが有意義であることはお分かりいただけたでしょうか。

ぜひエージェントを利用して、自分が納得できるSE職、ワークライフバランスの達成など探索してみてください。

関連する他の記事

定時で帰りたいエンジニアの転職なら
エンジニアとして働いている限り残業からは逃れられないと思い込んでいる人もいるでしょう。しかしそんな…
リクナビNEXTで見るゲームプログラマー求人
一口にゲーム作りと言っても、ゲームのテーマやシナリオを考えるゲームクリエイターや、キャラクターや背…
アプリケーションエンジニアへの転職時に取るべき資格5選
アプリケーションエンジニアの転職に有利な資格を紹介!2017年の最新転職求人情報から見る必要な資格とは?
DODAの利用期間が3ヶ月って本当?真偽を解明
DODAエンジニアITは3ヶ月を過ぎるとサポートしてくれない?確かに、一部の機能は3ヶ月しか利用できないも…
pagetop