SEの転職を成功させて安定を得るためには?

TOP > システムエンジニア(SE)の転職 > 安定した大手企業に転職したSEはどうやって成功したのか

安定した大手企業に転職したSEはどうやって成功したのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドンの高層ビル

大手企業のSEと、中小企業のSEで平均年収にどれくらいの差があるか知っていますか?大手の場合、SEの平均年収は約600万円と言われています。対する中小企業のSEでは約480万円です。同じSEという職にも関わらず、100万円程年収に差が出るのです。

しかし多くの人は、「そんな簡単に大手企業に入社できれば苦労はしない」とお考えでしょう。その考えは本当に正しい。ですが、行動を起こさないのはその正しい部分とは別問題です。今の社会は売り手市場。これは転職活動をするにはかなりの追い風です。

ここでは、大手企業のSEへの転向を成功させた人の特徴をまとめます。これを参考に年収アップ・収入安定のためにも動き出してみませんか?

安定した大手企業にSEとして転職をする人とは?

中小から大手への転職を成功させる人には、

  • 大手企業につながりがある
  • 学歴が良い
  • 運が良い

などの共通点が幾つかあります。特に運の部分は正直どうしようもありません。

それでは運に極力左右されず成功させるにはどうしたら良いのか?それは、実績です。新卒採用と違い、中途採用の際に重要視されるのは「どんな技術を持っていて会社の即戦力になるか」という部分です。そのため職務経歴の欄は非常に重要なポイントになります。

特にSEという職種では技術力は大切な評価基準となります。これまでに関わってきた業務、実績、役職をしっかり面接でアピールすることが大切です。

2017.06.09
転職活動において、売り手市場の今の状況は、転職を検討中の方にとってビッグチャンス。特に「英語が使えるシステムエンジニア(以下、SE)」の需要は高く、キャリア・年収アップ間違いなしです!

大手企業とつながりのある転職エージェントの活用

上記でもあげましたが、大手企業とのつながりもSEとしての転職を成功させるうえで無くてはならない大切なポイントです。しかし普通は大手企業につながりなんてありません。

無いならこれから作るしかありませんよね?そこでオススメなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントとは

登録するだけで、料金などかからずに転職に関する相談などができるサービスです。キャリア相談はもちろん、求人の紹介や履歴書の添削、面接のセッティングから対策までサポートしてくれます。普通は持つことができない「大手企業とのつながり」を作ってくれるサービスなのです!

必要なサポートを無料でしてくれるので、転職活動がはじめてである人、業界に関する知識の少ない人には必須と言っても過言ではないくらいの存在です。

SEとして安定した大手企業に選ばれるために必要なスキルとは?

さらに安定して転職を成功させるために必要なのは「語学力」でしょう。グローバル化により、大手企業に関わらず、外資系企業のSE転職先も増えています。そのうえ、外資系企業の平均年収は日本企業の平均年収よりも高いので、キャリアアップ・年収アップを目指す転職を行いたい人は狙い目です。

SEだから英語は必要ない。なんて時代はもう終わりです。SEとしてさらに大成するために、語学力は必要不可欠と言えます。大手を狙うなら、最低TOEIC600点以上は持っておきたいところです。

社内公用語が英語ということで有名な楽天では、最低でも730点は必要と言われています。語学力を磨くことが、大手企業のSEへの就職を成功させるための武器になることでしょう。

転職活動で失敗する人とは?

誰しも転職する時に失敗はしたくありません。では失敗する人の共通点とは何なのでしょうか?

業界分析が上手くできず市場価値を理解していない

一番ありがちなのが、自分自身の市場価値というものを、どの程度か理解できていない人でしょう。

わかりやすいところで考えると年齢です。技術や環境、流行などの変化が目まぐるしいIT業界では、他の業界で比較すると年齢層は若いのが特徴です。そのため、30代後半からのSEとして転職活動するのは難航する恐れがあります。

たとえ同じスキルを所有していた場合でも、年齢的に長く勤めてくれる可能性が高い、若手のほうが選ばれやすいのです。20代はもちろん、30代前半の方でもできるだけ早めに活動を始めるのが吉です。

転職市場は新卒採用とワケが違う!

次に起こりがちなのは、新卒採用との違いです。特に初めて転職をお考えの方は要注意です。新卒採用の場合企業側は、将来性を重視して見てきます。しかし中途採用となると「この人が即戦力として、これまでの経験やスキルを活かし、どれだけ会社に貢献してくれるか」という部分が非常に重視されます。

自己アピールをする際にはこのことを忘れてはいけません。現在の会社で、SEとして安定した実績を持っている場合は、そこをきちんと相手に伝えることが大切です。

安定志向なSEの転職活動まとめ

現在の日本の採用状況は、売り手市場なのは間違いなく、キャリアや年収アップのチャンスはごろごろ転がっています。特にビジネスのデジタル化が進んでいるので、システムエンジニアという職業は今後もますます必要とされるでしょう。

現状の給与や待遇に満足されていない方、将来のビジョンが不安な方、システムエンジニアの競争率が上がる直前の今がチャンスです!

技術力だけでなく、語学力もあれば大手に転職も夢ではありません。是非このチャンスをお見逃しなく!

関連する他の記事

SEの求人はどこに多い?転職がアツい地域を調査
SEへ転職したい!けれどSEの求人ってどんなものがあるのかよくわからない……。そんな方に向けて、今回はS…
平均年収1位のPythonが転職に有利!年収や狙い目の企業は
Pythonは日本でのAIブームなどに後押しされ、現在IT業界でも急速に注目を集めている言語です。今回は扱え…
アプリケーションエンジニアになるならレバテックキャリア一択?
アプリケーションエンジニアになりたいと考えている人へ。IT業界での転職なら忘れられないレバテックキャ…
転職するならレバテックキャリアがおすすめ?成功例を紹介!
IT・WEB系の業界の転職レバテックキャリアは本当にいい転職エージェントなのか?成功例を紹介していきま…
pagetop