大阪でエンジニアが転職する時に役立つスキルや経験

TOP > 大阪のエンジニア転職 > 大阪に多いエンジニア求人の職種・傾向

大阪に多いエンジニア求人の職種・傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
PCとスマホと筆記具

大阪は日本で第2の都市なので、東京と並んで企業が多いことが特徴です。家賃の相場も東京の都心と比べて安く、交通手段も充実しているので大都会でありながら住み心地が良い地域でもあります。

そんな大阪ではどんな分野の求人があるのか、職種や傾向についてご説明します。

大阪で多い職種や求める人材の傾向とは

エンジニアといっても、ネットワーク関係やプログラマ、ITコンサルタントなど様々な分野があり、雇用側としても多様なニーズがあります。

大阪ではどんな分野のエンジニア求人があるか転職サイトを覗いてみると、アプリなどを開発するエンジニアや製造メーカー向けのソフトウェアの開発をするサーバーやネットワークエンジニア、社内SEや組み立てエンジニアといった幅広い職種の求人がありました。

また、エンジニアの仕事と聞くと経験豊富なことが前提なイメージが強いですが、事業拡大とともに不足している背景から、実務経験が浅い、または未経験者でも応募できる求人が目立っています。他にも20代と将来性のある人材から、50代とベテランを求める求人も豊富なので、年代を気にすることなくスキルや希望に合わせた転職を望めるでしょう。

大阪でのエンジニア求人に見られる傾向その1

女性のエンジニアは少ない傾向がありますが、各地で女性エンジニアの就職や転職をサポートする支援が増えたことで、女性の求人も増える傾向にあります。

女性がエンジニアとして活躍するメリットは、新規プロジェクトではチームそれぞれへの気遣いなどでのサポートは成功に繋がる成果に期待でき、さらに繊細な仕事が得意な人には最適な業種です。

また交通の便や生活の拠点として充実しているので、女性が家庭と仕事を両立できる環境から、大阪でも女性向けの求人が増加した傾向と言えるでしょう。

大阪でのエンジニア求人に見られる傾向その2

大都市の大阪では様々な職種があり、有名企業だけではなく中小企業も豊富です。IT業界に関しては、東京都や京都、福岡と比べると有名な企業が少ないですが、他の地方と比べると豊富な量です。

激戦区に求人が多いということを逆手に取ることで、経験や実力のあるエンジニアは大阪では有利に転職活動を進めることができるでしょう。

また、エンジニア不足を解消するために未経験者でも徹底した研修制度を設けている企業も多いので、若いエンジニアも十分に大阪で活躍に期待できます。

大阪でエンジニア転職する時に役立つスキル・経験

エンジニアとして転職をするとき、どんな知識が必要かご存じですか?多彩な分野があるエンジニアだからこそ、幅広く専門性のあるスキルを得ることで、自分の希望に合ったワークスタイルを見つけることができます。

また、自分が持っているスキルをアピールすれば、企業から高く評価され、内定を得られる確率もアップするでしょう。では、どんなスキルや経験が役立つのかご紹介します。

どんな経験とスキルが転職で活かされるのか

エンジニアにとって、今までの経験や携わってきた職歴によって転職が左右されるといっても過言ではありません。新しい職場で何ができ、そしてどう活躍できるのかを職務経歴書を作成しながら、経歴を整理してみましょう。

職目経歴書の作成は今までの経験を企業に伝えるための書類なので、どんな企画や設計に携わった、運用のためにどんなプログラムを構築したかなど、具体的に記載することで、より確実に面接官へ自分のスキルレベルを伝えられます。時に企業が求める分野に関するものは、積極的にアピールするのがポイントです。

企業がほしいと思う能力その1

開発や構築、運営や管理などエンジニアならではの技術と知識が必要ですが、他にもコミュニケーション能力も求められます。

企業には取引先、つまり顧客がいます。その顧客とのやり取りから、連携して業務を行えるようにチームとの会話も仕事を成功させるうえで重要です。チームとの連携がしっかりしていれば、伝達や見落としのミスなども大幅に軽減することができるでしょう。

さらに、会話術は面接で大いに活かされる部分です。大阪は大都市なので同業者も多く、圧迫面接の文化も残っているのでプレッシャーは大きいです。しかし、せっかく面接に通ったのなら悔しい思いをせず、満足のいく転職活動が送れるように事前対策はしっかり考えましょう。

面接の回答だけではなく、相手が好印象を持つように読みやすい職務経歴書や履歴書を作成することも大切です。

企業がほしいと思う能力その2

業務のスケジュールなど管理能力も、提出する書類や面接などから採用担当は見極めています。特に大規模なプロジェクトではサーバーの設計や構築に試行錯誤を繰り返す機会も多いので、顧客側に影響を及ぼさないようにスケジュールをきちんと決めることが大切です。

スケジュールどおりに手順が進まないことは、採用してもらった企業のイメージを落としてしまうので注意が必要となります。

まとめ

東京に比べて偏りはあるものの、大企業や中小企業が多い大阪は、求人が豊富な地域です。自分に適切な求人を探すことは簡単ではありませんが、自分の経歴やスキルを整理することで、自分の技術が活かせる求人を見つけることができます。

転職サイトや転職エージェントを活用すれば、自分の能力を改めて見直せる機会にもなるでしょう。

関連する他の記事

ビッグデータブーム!DODAエンジニアITでデータサイエンティストへ転職
ITエンジニア職の中でもニッチな職種であるデータサイエンティスト。DODAエンジニアITを利用してデータサ…
いま話題の職業!インフラエンジニアのメリットデメリットとは
インフラエンジニアのメリット、デメリットとは何なのでしょうか。転職前に両方を知り、自分のキャリアプ…
セールスエンジニアへの転職に有利になるために必要な資格や能力はなに?
セールスエンジニアへの転職で有利になる資格にはどんなものがある?資格以外にもどういったスキルや能力…
ハードルが高い?リクナビNEXTで求められる経験
リクナビNEXTに掲載されている求人に合格するために、必用な経験の傾向を紹介します。現在の仕事に必要な…
pagetop