MySQL経験者の転職市場の今後の動きと身につけておきたいスキル

TOP > MySQLを使った転職 > MySQL経験者が注目される転職市場と今後の動き

MySQL経験者が注目される転職市場と今後の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加
大量のソースコードを映し出すPC

MySQL経験者の求人情報がIT系の転職市場では活発に出ている傾向です。ですからじっくり転職先を探せる状況にあります。

マルチユーザー対応しているのが強み

MySQL経験者が求められる事情として、システムそのものの強みがあります。例えばレンタルサーバーのデータベースに使われることが多いです。しかも取り扱っているレコードは数千万から中には数億という規模のケースもあります。これだけ見ても、いかに優れた強度を誇るかがお分かりでしょう。

しかもマルチユーザーに対応しているのも、使われる頻度の多い理由の一つです。同時に複数の人が利用可能ですから、WEBアプリケーションなどとの相性もいいのです。プラットフォームもプログラム言語も様々な種類に対応しています。つまりMySQLのスキルを持っていれば、それは転職活動するにあたって大きな武器になりうるのです。

選択肢が多いので自分のスキル・キャリアに合わせよう

MySQL経験者の求められる案件を見てみると、実に多種多様です。スマホアプリやソーシャルゲームの開発スタッフの募集のほかに、WEBサービスのシステム開発、業務アプリ開発、金融システム開発に携わるスタッフの募集も見られます。

このように分野がかなり広範囲に及びますので、まず転職することによる自分のキャリアプランを具体的に立てておきましょう。

中でもWEBベースのサービスを展開している会社で、MySQLの経験者を求める傾向が強いようです。オープンソースのデータベースの中では動作が比較的安定しているので、サービスの提供がしやすいためです。WEBサービスの経験者、WEBサービス業界に興味があれば、求人情報の収集をしてみましょう。

必須スキルというわけではないですが強く求めている企業もあります

またMySQL経験者を対象にした求人の中には、かなり温度差のあることも理解しておきましょう。「必須のスキル」として募集しているものもあれば、「あればなおよし」としている求人も見られます。

またMySQLを使った実務経験を持っている人を対象にした募集のある一方で、MySQLのスキルを持っていれば未経験者でも応募できるような案件も出ています。ですからMySQLのスキルを使って転職先を探したければ、自分のスキルとマッチしているかどうかを確かめることが大事です。

転職に向けて身に着けておきたいスキル

MySQLのスキルを持っていると、IT業界における転職活動はかなり有利になります。しかしMySQLはメジャーなスキルになりつつあります。よって今後はMySQLのスキルを持っている人が転職市場に出てくる可能性も高いです。

よってMySQLプラスアルファのスキルを持っていると、ライバルに勝って転職先を確保しやすくなります。

プラスアルファのスキルがあれば採用の可能性はアップする

プラスアルファのスキルは、IT関係のスキルももちろん含まれます。例えばMySQL以外の技術を使ってデータベース設計や管理者の経験を持っていれば、それは転職活動におけるアピールポイントになります。

求人サイトを見てみると、QracleやPostgreSQL、SQL serverといった技術を持っている人を求める案件はしばしばみられます。またLinuxの開発経験を持っていると、これも有力な武器になりえます。

さらにはRubyやJavaでの開発経験を持っている人を歓迎する案件もしばしば出ています。IT関係のスキルを幅広く持っていると、採用する側も注目してくれるでしょう。

IT技術以外のスキルでアピールするのもおススメ

プラスアルファのスキルは、IT関係のスキル以外でアピールする方法もあります。

例えば開発の仕事をするにあたって、何から何まで自分一人でこなすことはありません。他のスタッフと協力して仕事を進めていきます。そこでほかの人とスムーズに仕事を進めるために必要なコミュニケーションスキルがあれば、その部分をアピールする戦略もあります。

また30代以上の中には、自分がプロジェクトのリーダーとして仕事を引っ張った経験を持っている人もいるでしょう。このようなマネージメント経験もプラスアルファのスキルとしてアピールポイントになります。プロジェクトチームのメンバーが多ければ多いほど、そのマネージメントスキルは相手から評価を受けるはずです。

海外でもよく使われている技術だからこそ英語能力が光る

MySQLは世界共通で使われている技術です。IT系の企業の中には外資系も少なくありません。そこで英語をはじめとした語学力を持っていることもPRポイントになるでしょう。

TOEICのような世界的な語学力試験を受けてスコアをとっておくと良いです。このようにIT以外のスキルもアピールポイントになりうるので、自分の経験・スキルを一度採用試験を受ける前に点検してみましょう。

まとめ

MySQLの技術は今では、世界的に見てもメジャーなものになりつつあります。日本国内でもその存在感は日増しに高まっています。よってMySQLを使った開発案件はかなり多く出ています。

このような求人に応募するのなら、MySQLの他のスキルをいかに絡められるかがポイントになります。スキルのあることを具体的な数値・エピソードを含めて説明して、採用担当者の関心を引くことです。

関連する他の記事

Javaエンジニアの平均年収は?転職でキャリアアップできる?
Javaはその汎用性が最大の特徴となっています。 ここではそんなJavaを利用するJavaエンジニアの平均年収…
【体験談】TECH::EXPERT(テックエキスパート)で学べる言語をご紹介!
今回はTECH::EXPERT(テックエキスパート)を受講することでどのような言語を学ぶことができるか、カリキ…
今話題のtype転職エージェント!内定獲得までの流れとは
type転職エージェントを使った際の内定までのフローを紹介します。各セクションごとの特徴などについても…
ゲーム業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
世界に誇れる日本のゲーム産業。製品であるゲームは、たくさんのエンジニアたちが生み出しています。そこ…
pagetop