Linux経験者の転職市場の今後の動きと身につけておきたいスキル

TOP > Linuxを使った転職 > Linux経験者が注目される転職市場と今後の動き

Linux経験者が注目される転職市場と今後の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソースコード

Linuxは20年以上の歴史のあるOSで、様々な場面で使用されているOSです。たとえば家電製品やスマホなど、日常生活に欠かせないものでも利用されています。そのような関係もあってLinuxは、多くの企業が導入を進めています。その結果、Linux経験者の需要がどんどん高まっています。IT業界の中でも屈指の高さといわれているほどです。

需要が高まっているLinux

Linux経験者は慢性的な人材不足に陥っています。転職の世界では売り市場の一つになっています。もし現状に不満を抱えているようであれば、転職するタイミングにあるといっていいでしょう。もしLinux経験者で転職を希望しているのであれば、求人情報の条件をしっかり見て、時間をかけて納得できる職場を探しましょう。ちなみに日本だけでなく、海外でもLinuxのような特化したOSの技術を持ったエンジニアの需要は高いです。英語に自信のあるエンジニアは、海外に活躍の場を求めることも全くの夢物語ではありません。

どのようなレベルのスキルが求められているか?

このようにLinuxの経験者はITの世界では高い需要があります。しかもこの高止まりした状況で当面は進むのではないかとみられています。ただしもし転職を検討するのなら、どのようなレベルの技術が求められているか、募集要項をよく確認することが大事です。

Linuxを取り扱っている所は、場所によりレベルが異なります。たとえばすでに構築されたシステムを監視するレベルの人材を求めている案件があります。一方で、Linuxを使ってシステムを構築するスキルを持った人材を求める募集もありますし、チューニングや設計のできるレベルの人材を対象にした求人も見られます。

自分の今までのキャリアを生かせるような案件かどうか、確認の上で応募しましょう。

業務の基盤となるインフラ環境構築にも使われているため需要が高い

Linuxはインフラにも導入されています。そこでLinux経験者を対象にして、インフラ環境の要件定義を行う業務や環境を設計する案件、さらに環境構築を担当するスタッフの募集も出ています。この場合にはLinux経験者ではなく、インフラ専門のシステムエンジニアとして求人を出しているケースもあります。

あるLinuxに特化した転職情報を掲載しているサイトを見てみると、1500件を超える求人情報が掲載されていました。

これだけの募集がありますので、転職するにあたって何を職場に求めるか、どのような仕事がやりたいのかを具体的に決めて求人探しをしたほうがいいでしょう。

Linux経験を活かすために身に着けておきたいスキル

Linux経験者を多少にした求人情報を見てみると、何もLinuxを使ったシステムの構築だけにとどまらない案件も出てきています。ではどのようなことが求められているのでしょうか?

顧客の望むレベルは高まりつつある

たとえば、設計も行えるLinux経験者はかなり貴重な人材として重宝されています。またLinuxだけでなく、ほかの知識やスキルを持っている人を対象にした求人もしばしば出ています。たとえばデータベースについての知識や仮想化環境に関する業務に携わったことのある人を求める案件などです。

このようにただLinuxのスキルを持っているだけでなく、プラスアルファの知識・経験を持っているとますます自分を高く売れます。いろいろな企業がほしいと思うでしょうし、給料その他の待遇などもアップする可能性が期待できます。

Linux経験者を対象にした募集を見ると、簡単なシェルスクリプトの作成スキルを求める案件が最近では増えています。シェルスクリプトの作成スキルは転職を検討しているのであれば、身に着けておいた方がいいでしょう。

どのようなスキルが求められているか?

では具体的にどのようなスキルをLinuxのほかに身に着けておくべきでしょうか?求人情報を見てみると、JavaもしくはPHPを用いた開発経験のあることが応募資格になっている案件がたびたび見られます。だいたい3年以上の開発経験を持っている人が対象のものが多いです。中には月給70万円や80万円の条件で募集をしている案件もあります。

このような高給の求人の場合、JavaやPHPの経験が5年以上あるIT業界でもそれなりのキャリアを持っていないと応募できないものが多くなります。WEBシステムの開発経験を持っている人材を求めるものもかなり見られます。

スマホアプリ開発の経験があると求人の幅が大きく広がります

そして最近増えてきているのが、スマホアプリの開発経験を持った人材の募集です。必須スキルとしている案件もあれば、あるとなおよいスキルとして募集しているものもあります。

スマホはすでにかなりのレベルで普及が進んでいます。それに伴いスマホアプリの開発に力を入れている企業も増えています。このため、スマホアプリの開発に携わったことのある人材への需要が高いです。

さらに求人情報を見ると、LAMP環境での開発経験を持っている人を対象にした募集も少なくありません。少なくても2年程度の開発経験を持っていると、応募できる案件も増えるでしょう。このようにLinuxプラスアルファのスキルを持った人を対象にした案件も多いです。

もし応募するのであれば、自分のキャリア・スキルを見直して、それを生かせる求人かどうか確認しましょう。

まとめ

Linux経験者の需要は今後も高い状態で推移するとみられます。しかしLinuxだけでなく、何か別のスキルを持っていると採用されやすくなります。自分のスキルをいかに転職活動でアピールすれば効果的か、戦略を練って採用試験に臨むことです。

関連する他の記事

「SE向いていないかも」と思ったら早めの転職を!
SEに向いてないと思っていて転職したいと思っている人向けのサイトです。キャリアチェンジのポイントをお…
SE職についていけない!挫折後の転職事情
SEとして会社についていけない…なぜそんなことが起こってしまったのか?転職もありですが、転職だけが道…
出身者以外にもお薦めできる横浜のITエンジニア転職求人!傾向と理由
横浜は転職先としても東京に引けを取らないくらい人気の場所です。ここでは横浜にITエンジニアとして転職…
未経験でもtype転職エージェントで転職できる?
人材派遣で実績のあるキャリアデザインセンターが運営している「type転職エージェント」は、未経験者の転…
pagetop