Java経験者向けの求人情報からみるIT業界の転職情報

TOP > Javaを使った転職 > 求人情報から見るJava経験者の転職事情

求人情報から見るJava経験者の転職事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートパソコンとメモパッド

ご存知の通り、JavaはIT技術の広い範囲で使用されているプログラミング言語です。その分需要も非常に高く、ITエンジニアの転職においてJavaを扱えると言うのはそれだけで大きな武器になります。

ここではJavaの経験が活かせる仕事や企業が求めていることをJavaの需要が高い理由も含めてご紹介します。

ITエンジニア転職サイトにおいてJavaの経験が活かせる求人数は多い

Java経験者ならその経験を強みに転職活動を行いましょう。ここではJavaの経験が活かせる求人をその理由とともにご紹介します。

アプリゲーム開発やバックエンド開発など広い分野でJavaが活躍

Javaを使用した業務の実務経験は多くの企業で求められています。実際に求人サイトに記載されている言語を見てもJavaが項目にある企業が多く、その職種は多岐に渡ります。

Javaの強みはその汎用性であり、Androidアプリやゲームの開発に加え、企業のバックエンドの開発においても使われています。

世界的に見ても最も使用されている言語であり、習得したい言語のランキング1位を記録しているプログラミング言語なのでその分求人の数が多いことも頷けます。

Javaの経験が有利になる転職先はインフラエンジニア職

Javaを使った転職先でオススメなのは「インフラエンジニア」です。なぜインフラエンジニアがオススメなのか。その理由は2点あります。

まず、インフラエンジニアは市場が小さく競争の優位性が低いので、一度市場に参入してしまえば仕事を誰かに奪われることはほとんどないという点。

次に、クラウドサービスの発達によってインフラエンジニアの需要は年々高まってきており、それに合わせてJavaが使用できるエンジニアの求人数も伸びてきているので市場に参入しやすくなっているという点です。

インフラエンジニアにはJavaなどのプログラミング言語の他にLL言語やC言語などのシェルプログラミングの知識が必要になってきます。

企業が求めるJavaのスキルや経験

ここでは企業が求めるJavaのスキルや経験についてご説明します。企業が転職者のどのようなところに目を付けているのかを詳しくご紹介します。

Javaの知識や経験を証明できることが一番

求人採用において企業側はJavaに関する知識や経験を求めています。知識に関しては、ただ説明するだけではなく資格や目に見える形で実績を示すとより効果的です。

例えば、Javaの資格に関してはOracle認定Java資格がおすすめです。また、経験においては「経験していれば年数は問わない」「経験年数◯年以上」という2種類のタイプがあり、後者は基本的に3年程度が多く多いところでも最大5年という企業がほとんどです。

そのため5年程度の経験があれば、経験面が足りずに不採用になるということは起こらないでしょう。

コミュニケーション能力やマネジメント能力もアピールできれば吉

企業はJavaのスキル以外にも様々な能力を求めています。例えば、エンジニアはチームで動くことが多いため、チームとうまく連携を取れるようなコミュニケーションスキルの高い人材が必要です。

また、採用後のキャリアアップを考えた時にプロジェクト全体の管理を任せることができるようなマネジメントスキルを持った人材は企業からの求人も多く、歓迎されています。

このようにJavaを扱えること+αの何らかスキルを持っていると企業の求人にマッチする確率も高くなります。

Javaが扱える人の需要は非常に高い

Javaが扱える人の求人需要はスマートフォンの普及によって年々高まってきています。

Javaの需要が高い理由

規模の大きいWebサービスやオンラインゲームなどのサーバーはアクセスの集中をうまく処理しなければならないため、プログラミング言語のランタイムにも処理能力が必要となってきます。

また、Webサーバーサイドを実装するプログラミング言語はRubyやPHPなど様々なものがありますが、その中でも1番処理能力、汎用性が高いものがJavaとなっています。

そのため、実際にスマホゲームの開発現場やオンラインゲームの開発現場ではJavaが採用されていることが多いです。

これからさらに需要が高まると予想される

ソーシャルゲームの人気なども相まって爆発的に需要の高まったスマホアプリ。その人気は衰えることなく、アプリケーションエンジニアの需要もスマホアプリの人気と比例して高まってきています。

これは、Androidアプリの開発言語にはJavaが採用されているからであり、スマホアプリが次々開発されている現状から、この需要が低くなることはしばらくないと考えていいでしょう。

ITエンジニアとしての転職までにJavaのスキルを磨いておこう

Javaについてのスキルや知識やスキルを持っていると、それだけで転職には強力な武器になります。そして、Javaのスキルに+αがあると企業からさらに必要とされる人材となることができます。

Javaが扱える人材の需要はこれからさらに高まって行くと予想されているので、転職活動を有利に進めるには必須のスキルとなります。

求人情報を見て、企業はどのようなスキルを求める傾向にあるかを研究することが、魅力的な人材へ近づく一歩となるでしょう。

関連する他の記事

プロジェクトマネージャー転職にDODAエンジニアITは使える?
プロジェクトマネージャーへの転職をする際には、どの転職エージェントを利用するのが最適なのでしょうか…
リクナビNEXT求人からみるプログラマー転職に求められるもの
リクナビNEXTに掲載されている求人から、プログラマー転職には何を求められているのかを調査!必要な情報…
JACリクルートメントはIT転職に強い?評判を徹底解剖
転職サイトJACリクルートメントの評判を見ていく。IT系の転職にフォーカスして利用者からどのような声が…
まだ東京でエンジニアしてるの?熊本のIT企業で働くなら
熊本県で転職を考えているITエンジニアのために役立つ情報を紹介!熊本のエンジニアの平均年収は?どんな…
pagetop