ITコンサルタントに転職するタイミング

TOP > ITコンサルタントの転職 > ITコンサルタント転職はタイミングが勝負!最善の時期とは

ITコンサルタント転職はタイミングが勝負!最善の時期とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
灰色のスーツ

ITコンサルタントに転職するタイミングで悩んでいる人のために、今回はオススメのタイミングを紹介します。

ITコンサルタントのほとんどが中途採用という業界

IT業界の中でも上位にあるITコンサルタント職。その大部分が、転職での就職です。

新卒採用よりもメジャー

ITコンサルタントのほとんどは中途採用です。新卒採用の人材に最初から教育してノウハウを教えて育てることをメインとしているファームもあるにはありますが、多くの会社が新卒採用よりも多くの人数を中途採用。そのため、他の職種に比べてITコンサルタントは転職に対して非常にオープンの職種であると言えます。

異業種・未経験での転職が当たり前で可能な世界

よって、以前は他の業界で働いていて、コンサルティング業務が未経験だとしても、ITコンサルタントとして転職に成功している人は現実にいます。つまり、ITコンサルタントという職業は職を変えたいという人にとってチャンスがある業界と言えます。

例えば、新卒採用で採用された大手企業に勤めていても、自分で大きな意思決定ができるようになるまで長い年月がかかる場合や、社内の現状がぬるく感じてきた場合や、自分をもっと成長させたいと考えている場合など、現状を変えたいと考えている人は今の職を辞めるタイミングかもしれません。

専門分野に特化したアピールを

コンサルタントとして新たに就職するには、自分の専門分野がはっきりしている人ほど企業に採用されやすいと言えます。そのため、新卒採用のときに行った自己分析や情報収集が重要となります。決して、中途採用だから狭き門になると悲観的に考える必要はないでしょう。

タイミングがモノを言う!ITコンサルタントへの転職

ITコンサルタントに転職を成功させるにはそのタイミングが非常に重要です。多くの人は、転職活動を大学受験や資格試験などと一緒に考えて、努力をした能力や経験があれば採用されると考えがちですが、中途採用の場合は市場の状況と相手のニーズが一致しているタイミングであることが重要です。これは、ITコンサルタントに関わらず転職活動全般に当てはまります。

事業拡大時を狙う

ただ、その一致するタイミングがいつなのか、ということが疑問に出てきます。一般的には簡明な指針はありませんが、推測することは十分可能です。

中途採用では、だいたい時期が決まっている新卒採用とは違い、行われるには何か理由があります。例えば、ある特定の分野をもっと拡大したい、というような中途採用を行う事情が背景にはあります。このような場合、この背景にある事情に詳しかったり関連した能力や経験をもっていたりする人を採用することは当然のことですよね。もし、同じ能力や経験を持った人でも、会社側がその分野の強化を求めているタイミングとそうではないタイミングでは、採用される確率は大きく変わります。

情報収集のために転職エージェントへの登録を

そしてこのベストタイミングでITコンサルタントに応募するには、採用情報の収集から重要になります。まず、自分の能力や経験の中で売りになるものを把握しましょう。

そして、その能力や経験を買ってくれる企業がないかを探す、毎日の情報収集が重要です。例えば、同じ内容の求人でも、企業が一定数を確保したいと考えている場合と、優秀な人がいたら採用したい場合とでは採用率には大きな違いがありますよね。

求人を出している期間や頻度から見極めることができますし、ときにはさまざまな裏事情を知っているかもしれないエージェントに連絡をとってみることも有効です。ITコンサルタントに転職を成功させるにはいつ応募するのかが最重要です。

キャリアパスをするのはいつ?スキルから考える転職のタイミング

未経験からITコンサルタントへ転職する場合、どんなスキルを持っていれば良いのかわからない、と感じている人は多いと思います。

若い年齢で転職するとき、経験はまだ十分とは言えない場合が多く、このとき企業側から問われることは当然スキルになります。ITコンサルタントとしての適性が見られることはもちろんですが、それまでのキャリアで身につけた具体的なスキルを問われることになります。では、どのようなスキルがコンサルタント業務に役に立つのでしょうか。

SEからのキャリアアップがベター

例えば、ITコンサルタントへ最も転職しやすいと言われているSEは、IT自体やプロジェクトのマネジメントに強いことが理由です。つまり、それまでのキャリアと関連があることで、上流のコンサルタントになることができるのです。しかし、IT関連のみのスキルがあればコンサルタントとして十分なスキルを持っているとは言えません。

英語力があるならチャレンジしてみる価値あり

コンサルタントとして必要なスキルは、ITに関わらず英語力です。日本は今少子高齢化が進み、内需の縮小は避けられない状況にあります。そのため、会社はこれから先、さらなる成長をするためには海外進出が欠かせなくなります。つまり、企業を支援していく立場にあるコンサルタントがグローバル的活躍をできなければならないことを意味します。

このことから、ITコンサルタントになって活用できる、自分の強みであるスキルと英語力を身につけることができたと感じたならば、転職のタイミングと言えるでしょう。自分の強みを把握し、ベストタイミングで行動を起こすことができれば、きっと成功することができるでしょう。

最善のタイミングで転職を成功させよう

ITコンサルタントへの転職は、スキルや経験だけでなくタイミングを図ることも重要です。

情報をしっかりと集めて、最善のタイミングで転職を成功させましょう。

関連する他の記事

通信業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ
昨今目覚ましい発展を遂げ続けているインタ…
ITエンジニアは転職によって年収を上げることができるのか?統計から給与とキャリアのアップについて調べてみました
平均年収が高いIT業界。当然、花形業務であるITエンジニアも高年収が多いです。しかし、ITエンジニアの職…
転職エージェントとは?利用経験者が教える上手な使い方
転職エージェントとは?転職サイトとは何が違うの?メリットとデメリットは?無料で受けられるサービスも…
ゲームプログラマーにおすすめ!汎用性の高いプログラミング言語
数あるプログラミング言語の中で、ゲームプログラマー志望の人が学ぶのおすすめのプログラミング言語につ…
pagetop