プロジェクトマネージャーが考えるべきキャリアパス・キャリアプラン

TOP > プロジェクトマネージャーの転職 > プロジェクトマネージャーのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を

プロジェクトマネージャーのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコンの画面を見て険しい顔をする真っ黒い服を着た男性の写真

プロジェクトマネージャーはプログラマーやシステムエンジニアのゴールではありません。

ここでは、プロジェクトマネージャーのキャリアプランを転職も視野に入れて考えていきます。現在の状況に不安や不満があるプロジェクトマネージャーはどのようなキャリアプランを考えることができるのでしょうか。

プロジェクトマネージャーに必要な3つのスキル

プロジェクト全体の動きの把握やそれに合わせたチームへの指示など様々な業務に携わるプロジェクトマネージャー。必要なスキルは主に3つに分けることができます。

スケジュール管理やコスト管理におけるマネジメントスキル

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の動きや流れを誰よりも把握している必要があります。

スケジュールやコストの管理に始まり、誰がどこでどんな動きをしているのか、遅れが発生している箇所はないか、といったことを常にチェックして対策を行わなければなりません。

クライアントとの折衝における必要なコミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーに最も必要と言っても過言ではないのが、このコミュニケーションスキルです。

プロジェクトの責任者としてクライアントからの要望や不満をきちんと現場の技術者に伝えたり、協力会社と自社との橋渡し役をこなしたりと、プロジェクトが円滑に動くようにうまく情報の伝達を行わなければなりません。

技術者に的確な指示を出すために必要な設計やプログラミングのスキル

プロジェクトを進める上で現場の技術者に指示を出す機会も多くあります。

そんな時に設計やプログラミングの知識がないと、個人にかかる負担などをうまく裁量できずに仕事を割り振ってしまうことにつながります。

そして、結果的にプロジェクトに遅れを発生させてしまうという状況にもなりかねないので、設計やプログラミングについての最低限の知識は必要です。

プロジェクトマネージャーへのキャリアパス

プロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトリーダーというキャリアパスを通して任されることが多いです。

年収や年齢から見るプロジェクトマネージャーのキャリアパス

プロジェクトマネージャーの年収は約600~700万円程度で年齢は30代後半が最も多いことが特徴です。

具体的なキャリアパスとしては、以下のようなものが挙げられます。

プログラマー(年収:430万円 年齢:22歳)→システムエンジニア(年収:525万円 年齢:27歳)→プロジェクトリーダー(年収:550万円 年齢:31歳)→プロジェクトマネージャー(年収:660万円 年齢:39歳)

このように、プログラマーとして入社してから徐々にしていくというキャリアパスが一般的です。

プロジェクトマネージャーになったらゴールだというわけではない

プロジェクトマネージャーはプロジェクトで全体の統括やマネジメントを行うプロジェクトの最高責任者と言っても過言ではありません。

しかし、そこがプログラマーやシステムエンジニアにおけるキャリアパスのゴールというわけではありません。

培ってきたマネジメントスキルやコミュニケーションスキルがあれば、更なるキャリアアップも可能です。

プロジェクトマネージャーにオススメの2種類のキャリアアップ方法

プロジェクトマネージャーがキャリアアップを望む場合、社内でのキャリアパスか転職先でのキャリアパスかを選ぶ必要があります。

キャリアアップを目指すならマネジメントを活かして管理職を目指す

1つめは、今まで培ったマネジメントスキルを活かして、経営幹部へのキャリアアップを目指すという道です。

このキャリアアップを行う人は多く、プロジェクトのマネジメントを成功させた実績を元に課長になり、現在は会社のマネジメントを行っているという人もいます。

コミュニケーションスキルなどは経営幹部にも非常に重要なので、プロジェクトマネージャーが経営幹部を目指すのは理想的なキャリアプランであるといえます。

マネジメントを活かして転職しながらキャリアアップを狙う

2つめは、培ったマネジメントスキルをアピールして、自身のスキルを欲しがっている企業に移るという道です。

プロジェクトマネージャーの需要は高まってきているので、経験とスキルさえあれば他社へ移るのもそこまで難しくはないでしょう。

現在の会社ではこれ以上のキャリアアップが望めないような場合(既に上層部の席が埋まっている場合や興味のあるキャリアアップ先がない場合)には、迷わず転職をオススメします。

転職によるプロジェクトマネージャーからのキャリアアップも一つの手

キャリアアップを目指すなら今よりも条件のいい会社へ移るというのも一つの有効な手段です。

プロジェクトマネージャーになったからといってそこがゴールではありません。

これから先のキャリアプランを考えた時に、現在の会社ではキャリアパスに不安があるという人は、ぜひ転職も視野に入れて今後のキャリアプランを考えてみましょう。

関連する他の記事

タイミングで年収が変わる?ITエンジニアはいつ転職すべきか
転職を考えているITエンジニアが転職するタイミングとしてどのようなときが良いのか詳しく説明していきま…
フリーランスエンジニアの年収の相場は?収入を上げるためのポイントを徹底解説
フリーランスエンジニアとして働く場合、平均年収がどのくらいなのか気になるでしょう。年収を上げていく…
SEに嫌気がさした!他職種に転職したい人が気をつけること
SEという職種自体が嫌になってしまって他職種への転職を考える人は少なくありません。SEから他職種へ転職…
インフラエンジニアの年収と平均以上の給与をもらえる人の条件・特徴
インフラエンジニアは比較的収入が高い職種であるといわれています。ここでは、その中でもよい条件で転職…
pagetop