ITコンサルタントの仕事内容と年収を紹介

TOP > ITコンサルタントの転職 > ITコンサルタントの平均年収公開!転職すべき業界なのか

ITコンサルタントの平均年収公開!転職すべき業界なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
蝶ネクタイをした男性の胸元

ITコンサルタントとは企業などがかかえるITに関わる問題を解決し、利益創出を促す仕事のこと。

そして、目的が「企業の経営課題を解決すること」なので問題解決からシステム管理まで仕事は多岐にわたり、IT業界でエンジニアなどキャリアを積んできた人は転職など興味を持つ人も多いのではないのでしょうか。

そこで、ITコンサルタントについて仕事内容や年収を紹介していきます。

ITコンサルタントの仕事内容とは

企業の経営方針からIT戦略を基にシステム開発をする、システムの最適化から経営改善を図るなど、仕事は多岐にわたり、その内容もクライアントや案件によって異なります。

もし、IT化を図り、システムの導入を依頼された場合、必要な仕事はシステムの設計、構築、検証などと数多くの作業がありますが、すべての業務に携わることがITコンサルタントの仕事になります。

しかし、決して一人ですべてを行うわけではありません。

そうして、関わる人全員の協力を仰いで成功へと導くわけです。幅広い知識と経験が得られる仕事ということができます。

2017.05.30
現在ITコンサルタントへの転職を考えている人にレバテックキャリアの求人の特徴を解説します。また、プロジェクトマネージャーへの転職に必要なスキルについてもご紹介します。

ITコンサルタントの平均年収は30代で600万円

ITコンサルタントの年収はIT業界の中でも特に年収が高いことで知られています。

具体的な金額を言っていくと、30代でも平均で600万、40代では800万程度で生涯賃金は2億を越えると言われています。

また、独立したり、外資系コンサルタントに転職したりしたら年収1000万は堅いとも言われています。

仕事内容から見るITコンサルタントの年収が高い理由

ITコンサルタントについて軽く仕事内容の説明と、年収についてここまで説明してきました。しかし、なぜこんなにも年収が高いのでしょうか?

ITコンサルタントの仕事内容は主に3種類

ITコンサルタントの仕事は大きく分けて3つにわけられ、これは役職によってふりわけられます。

1つはアナリスト、2つ目はコンサルタント、3つ目はマネージャーです。

まず、アナリストについて。

アナリストは画面定義書や動作検証仕様書の作成、システムの検査やテストなど全体にある複数のタスクの内、1つもしくはいくつかのタスクを担当します。

続いて、コンサルタントの仕事について。関連するタスク全体の管理や、開発計画の進捗情報を確認したり、もしくはクライアントとの予定調整をしたりすることも仕事になります。

最後に、マネージャーについて。プロジェクト全体のリーダーであり、総括役です。

アナリスト、コンサルタントの成果物をチェックしたり、全体の作業のチェック、管理、関係者との対応も行います。

ここで言いたいのは、役職がどれのほうが偉いとか責任が重いとか言うことではありません。

個人個人が自分の仕事を理解してこなして初めてチームとして作業を進めていくことが出来るということ、です。リーダー的なポジションに付く人と細い作業を1つ1つこなす人がいて初めてプロジェクトとして成功することが出来るのです。

どうしても能力至上主義だと思われがちなIT業界ではありますが、能力だけではなくチームワーク力も必要とされるITコンサルタントだからこそ高い年収がいただける秘訣なのではないでしょうか?

ITコンサルタントに求められる能力とは

上では3つの仕事にわけられ、その中にリーダー的なポジションの人がいると述べましたが、それぞれの仕事の中においてITコンサルタントはリーダー的な役割を担います。

なので、ITに関する高い能力はもちろんのこと、リーダーとしての問題解決へ引っ張っていくための高い論理的思考力、そしてチームとして仲良くやっていくための協調性が必要となります。

また、多くのクライアントとプロジェクトを行っていくのでコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も必要だと言えます。

やや体力勝負的な側面も

このような能力の他に、かなりの体力、忍耐力が必要とも言えます。

というのもITコンサルタントという仕事は相対的に労働時間の長い職業だと言うことが出来るからです。

繁忙期には週に80時間働くというのもザラなようです。

これは、付加価値の中に納期やスピードといった要素も求められ、高い品質の仕事を決められた時間内で達成するためにはハードワークが求められるということも想像することは容易です。

このように高い能力とタフな体力精神力を要するからこそ、高い年収である要因の1つだといえるでしょう。

責任感は重いがやりがいや年収面ではピカイチ

ITコンサルタントの年収とその高さに匹敵する仕事内容について、説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

たしかにハードな仕事ではありますが、やりがいや醍醐味といった部分も大きいです。

ITコンサルタントの仕事の醍醐味というのは仕事を作り、付加価値を生み出していくことという点だと思います。そして、その付加価値を生み出していく手法というのは実際の仕事の中で学ぶことができ、非常にチャレンジングな仕事と言うことができます。

そんな仕事を通して、達成感と高い報酬を貰うことが出来る、それがITコンサルタントという職業です。

就職や転職の際に参考にしてみてください!

関連する他の記事

出身者以外にもお薦めできる埼玉県のITエンジニア求人!傾向と理由
埼玉県はITエンジニアが転職するにはうってつけの環境です。特に家族連れの方にとっては、産休・育休支援…
リクナビNEXTで職務経歴書を書こう
初めて職務経歴書を書く人が一番大切な作業はキャリアを書くことになります。まずは自分のキャリアを整理…
パソナキャリアの評判を徹底調査!メリットとデメリットとは
転職エージェント、パソナキャリアの評判を調べました!パソナキャリアを使うメリット・デメリットを徹底…
社内SEへの転職なら!絶対に持っておきたい資格はコレだ
社内SEへの転職の際に有利になる資格はどんなものがあるのか、資格以外にもどんな能力が社内SEへの転職に…
pagetop