未経験でエンジニアはきついと思ってる人!間違ってます

TOP > フリーランスノウハウ集 > 未経験でエンジニアはきついと思ってる人!間違ってます

未経験でエンジニアはきついと思ってる人!間違ってます

このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験からエンジニアになるのはきつそう…

エンジニアになりたいけど、難しそうだから諦めよう…

そう心の中で思っている人はいませんか?

だとしたらもったいないです!

この記事ではそんな人のために、未経験エンジニアはきついのか?

エンジニアになるのは本当に難しいのか?

気になるところを徹底解明します!

エンジニアできついことBEST3

エンジニアという職業に限らず、きついことが一つもない職業などそうそうないです。

未経験だったらなおさらでしょう。

それではエンジニアの仕事のどこがつらいのか?

ランキングにして紹介します。

3位:多面的な仕事内容

エンジニアはプログラミングさえできればいいと思っていませんか?

実はそうではないんです。

特筆すべきなのは、意外とコミュニケーション能力が必要、ということでしょう。

チームメンバーとの協力やクライアントとの交渉、さらには営業まで…

プロジェクトにもよりますが、プログラミング以外の仕事をこなすことも求められます。

2位:休みが取れずに働き詰め

納期前などは特に忙しいです。

どんな理由で進行が遅れても、納期には必ず間に合わせなければなりません。

となれば休日出勤や残業もしばしば…

逆に言えば、進行に余裕が出れば定時退社も夢ではないです。

そのためにも、きちんと計画立てて実行できる能力があればよりよいですね。

1位:常に自己学習

エンジニアはなる前もなった後も自己研鑽が必須です。

業界が新しいというのもあり、常に新たな技術が生まれ続けます。

自主的に学びを継続し、新たな知識やスキルを身につけ続けなければなりません。

ここは未経験だと特にきついところですね。

最初に基礎的なことをコミットして覚えるしかなそうです。

未経験でエンジニアになるべきではないのか

やっぱりエンジニアになったらきついこともあるんだ…とがっかりしてはいませんか?

確かにエンジニアという職業はきついところもあります。

しかし、だからといって未経験からエンジニアになることを諦めてほしくはないです。

その理由を説明します。

未経験でもエンジニアになれる

できるかできないかでいえば、未経験からエンジニアになることは可能です。

実際に未経験からエンジニアになり、業界で活躍している人は増えている傾向にあります。

以前は文系だった人、30代半ばまで異なる業界にいた人…

未経験からエンジニアになる人の背景は様々です。

エンジニアになるうえで大事なこと

どうしてあなたはエンジニアになりたいのでしょうか。

コンピュータが好きだから?

自作のアプリを作ってみたいから?

いずれにしても、エンジニアになりたいならなるべきです。

きついこともありますが、それはエンジニアに限ることではありません。

プログラミングを専門的に学んでいなくても大丈夫。

やる気と行動がともなえば、誰にだってエンジニアになる道は開けているのです。

未経験エンジニアでもきつくならないために

それでもやはり不安や心配がのこるあなたへ、少しでもきつくならないようなポイントをお教えします。

最低限の知識・スキルを身につける

未経験ということにネックを感じてはいませんか?

未経験でエンジニアになれるとは言っても、必要最低限の知識やスキルは学んでおくべきでしょう。

ネットや本で独学もできますが、やはりおすすめなのはスクール。

短期間でがっつりプログラミングについて学べます。

未経験者にとってうれしいのは、教えてくれる先生がいること。

プログラミングで初心者がつまづきやすいところも、先生はわかっています。

そんな人に教えてもらえるのですから、学びが早いのは明らかですよね。

筆者おすすめスクール

ここでぜひおすすめしたいのは、テックキャンプ(TECH CAMP)。

10週間でのエンジニア養成プログラムを行っています。

転職成功率がなんと驚異の99%!

転職できなければ全額返金の保証付きです。

月々35,000円から受講可能なので、お財布にもやさしいですね。

無料カウンセリングも行っているので、少しでも興味があれば受けてみてはどうでしょうか。

テックキャンプの公式ページへ

リアルなエンジニアを知る

なぜエンジニアになれたのにきついと思ってしまうのか。

原因の一つは、リアルなエンジニアの職務内容がわかっていなかったこと。

自分の理想と現実がかけ離れていれば、誰しもがっかりしてしまいますよね。

それを防ぐために、実際にエンジニアとして働いてる人に話を聞いてみるといいでしょう。

交流会やインターンに参加して実際のところを事前に知っておけば、後から感じるきつさも軽減できるはず。

エンジニアに本当になりたいのか自問自答する

あなたは将来、どのようになっていたいですか?

人生の最終的な目標はなんですか?

大げさに聞こえるかもしれません。

しかし、具体的なゴールを決めずにダラダラと過ごしていては、得るものも得られませんよね。

まずは1年後、5年後と細かく目標を設定してみてください。

そして計画性をもって行動すれば、未経験からでも挫折することなくエンジニアになれるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エンジニアという職業はきついこともある。

しかし未経験からエンジニアになるのを諦めるのはまだ早い。

そういったことがみなさんにご理解いただけたらうれしいです。

エンジニアになるための第一歩、まずは行動してみてください!

関連する他の記事

DODAエンジニアITの面接はどこでできる?面接場所を紹介
DODAエンジニアITに登録すると面談の予定を入れる流れになります。オフィスが近くにあると、求人紹介だけ…
DODAエンジニアITに適正年齢層はある?
DODAエンジニアITはどの年齢層が使っているの?30代を超えたエンジニアでも利用できる?きになる利用者年…
フリーランスのエンジニアが副業を探す方法
会社に所属しているエンジニアの場合、就業規則などによって副業が出来ないことがあります。しかし、フリ…
エンジニアはなぜうつ病になる?自分を守る方法を伝授
エンジニアはうつ病になりやすい職種です。発生確率は一般企業の2~3倍という声も。うつ病になりそうなエ…
pagetop