転職後のITエンジニアの年収は?気になる職種別の年収情報

TOP > ITエンジニア転職基本ガイド > ITエンジニアは転職によって年収を上げることができるのか?統計から給与とキャリアのアップについて調べてみました

ITエンジニアは転職によって年収を上げることができるのか?統計から給与とキャリアのアップについて調べてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加
働くエンジニア

IT事業が普及していくなか、ITエンジニアの需要は高まりつつあります。

しかし、今までエンジニアとして働いていて、職場環境や年収やキャリアアップを望んで転職を考える方も少なくないです。他の業種でも転職したことで年収がアップしたという声が多いですが、ITエンジニアであっても転職後にアップすることができるのかご説明します。

IT業界の平均年収は他業種と比べると高めの水準

IT業界で働くエンジニアの給与は、転職サイトが集計した2015年の平均年収ランキングで業種別にみると3位にランクインしており、業種の中でも高めだと分かります。

職種別で見るとエンジニアは二番目に給与が高い

IT業界の職種別で見ると平均給与は次の通りです。

1位が企画・管理系で約546万円、2位が技術系のエンジニア(電気・電子・機械)で約508万円です。

IT業界全体では約489万円、男女別にすると男性は504万円、女性はすこし低めの415万円という結果になっています。

管理職が高いのはどの業界でも共通していますが、技術的なある種職人の様な気質が多いSE・IT業界では男性の多い業界ですので女性の管理職進出や活躍はまだ発展途上と言えるでしょう。

転職したことでどのくらい上がるのか

別の転職サイトでは転職したことで年収が上がったという声を統計している結果がありました。

転職することで年収が上がるITエンジニアは四人に一人?

前職が400万円以下のITエンジニアの割合は100人中47人という結果で、これは約50%も占めていることが分かります。2015年の平均年収は約489万ですが、大きく年収が少ない状況です。

前職での平均が700万~1000万以上である人は、調査の結果では100人中の合計9人まででしたが、転職後には合計33人までに拡大しました。

内訳を見てみると、700~800万円の枠が7人だったのが、転職後は15人に増え、1000万円以上の枠もたった2人だったのが、6人へと増えたのです。

上昇率にはある程度の差があるとしても、平均5~25%も転職によって年収が上がっています。

転職で年収をアップできる理由は転職先の企業の環境に関係していた

転職することでアップする理由は、転職の企業に鍵があります。

転職で年収を上げているエンジニアは大手やベンチャーにキャリアを進めている

IT・Web業界で働くエンジニアは持っている技術スキルや役職によって変動します。しかし、その賃金を支払うのは企業側です。

ですので、年収アップを期待できる環境を持っている企業に入社することで、前職よりも上げることができます。転職で年収がアップしたエンジニアは、社員が1000人以上と大企業や、社員が100人以下と小さな規模でも独自のサービスで運営しているベンチャー企業に入社している傾向が多いです。

職種別ITエンジニアの年収情報まとめ

ITエンジニアといっても、様々な職種があります。なお平均年収は職種によっても変わってくるのです。では、転職サイトが集計した2015年9月~2016年8月の1年間の平均年収ランキングを参考に、職種別の情報を細かくご紹介します。

ITコンサルタントは特に平均年収が高い職種

ITエンジニアの職種の中でも特に平均年収が高いのが、ITコンサルタントです。

この職種は取引先の企業から経営や業務での問題点を調査し、解決策を提案します。豊富な経験と知識が必要なため、エンジニアの最終目標と考える人も多いです。

さらに、経験だけではなく顧客や他のエンジニアと協力して仕事を行う必要があるので、コミュニケーション能力も重視される仕事になります。

ITコンサルタントの平均は約627万円です。男女別にすると、男性が653万円と平均よりやや高く、女性は一回り少なく516万円という結果になっています。

最先端の研究開発エンジニアも年収UPを期待できる

次世代を担う最先端のITを開発する職種であり、研究開発の実績や高学歴を求められることから、職種の中で2番目に高いです。平均年収は約597万円で、男性は平均を上回って618万円になります。一方、女性は平均より少ない441万円と結果です。

人気の社内SEは男女ともに平均以上の年収

最近の転職市場の中でもITエンジニアから人気の高い社内SE。この職種は社内システムの開発や、システムの運用を担っています。

自ら開発に参加する場合もあれば、大規模なシステムは外部に委託してシステムを外注管理することも多いです。最近は社内SEに転職するエンジニアも増えています。

社内SEの平均は514万円で、男女別は男性が534万円、女性が420万円です。

サーバーエンジニアはほとんど平均的な年収

サーバーエンジニアは名前の通り、コンピュータシステムを運用するためのサーバーの構築、サーバーソフトの設定などを行います。運用だけではなく、トラブルの予防や対応、セキュリティ対策など業務は幅広く、ネットワーク関係の知識が必要です。

気になる平均は約493万円で、男性は504万円、女性は405万円になります。男女別では約100万円もの差という結果が分かりました。

人数の多いネットワークエンジニアの年収はやや低め

ルーターやLANを通じて情報をやり取りするネットワークのシステムを設計、そして構築するネットワークエンジニア。営業拠点の拡大やオフィス移転では欠かせない技術者になります。

平均はサーバーエンジニアよりやや低めの約479万円です。男女別では男性が488万円に対して、女性は389万円と女性の平均年収は2番目に低い結果となっています。

システムエンジニア(SE)、プログラマの年収にはあまり差がない

システムエンジニア(SE)コンピュータシステムの設計やプロジェクト管理をする職種で、プログラマはコンピュータシステムのプログラムを構築する職種です。どちらも区別されることが多いですが、中小企業の場合は兼用していることもあります。

平均は約467万円で、男性の平均年収は478万円です。一方の女性は412万円と男女ともに大きな差がありません。

経験が必要なテクニカルサポートだがその年収は…

この職種はIT商品の操作方法の説明、故障など技術が重視されるトラブルを顧客から受けた時、電話やメールでサポートする仕事です。長年の経験が役立つ業務であるため、長期的に続けやすいことが特徴と言えます。近年は女性のエンジニアも増えている職種です。

テクニカルサポートの平均は約440万円と結果の中では最下位となっています。男女別の平均年収では男性が456万円です。女性は387万円とSE、プログラマとわずかな差で一番少ない結果になりました。

まとめ

他の業種よりも平均年収が高めなITエンジニアですが、400万円以下が多いことも事実です。

しかし、転職で高収入を狙える企業に入れば、まだまだ年収アップは期待できます。そのためにはキャリアアップも視野に入れることで、今より豊かな収入に恵まれると考えられます。

関連する他の記事

レバテックキャリアの面談ではどんな話をするの?
転職エージェント、レバテックキャリアはどんな優位性があるの?面接ではどんな話をするの?レバテックキ…
システムエンジニア(SE)のための転職・求人情報まとめ

こちらでは、SEの転職・求人情報や仕事内容、残業時間や求められるスキルについて紹介しています。特…

ゲームプログラマーになるのに年齢は関係ない!
ゲームに命を吹き込む「ゲームプログラマー」。憧れる人が多い反面、年齢を理由に転職を諦める人もいます…
DODAエンジニアITは一回辞めても再登録できるの?
DODAエンジニアITを一度辞めたけど再登録したい!でもそれってできるの?本人の状況によっては断られてし…
pagetop