アプリケーションエンジニア転職者が考えるべきキャリアパス・キャリアプラン

TOP > アプリケーションエンジニアの転職 > アプリケーションエンジニアのキャリアプランに合う転職を

アプリケーションエンジニアのキャリアプランに合う転職を

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイフォンを操作する手
スマートフォンの普及の影響もあり、現在需要が高まってきているアプリケーションエンジニア。 システム設計からシステム開発まで、一連の流れに全て携わっているので幅広い知識やコミュニケーション能力などが必要となってきます。 そんなアプリケーションエンジニアにはどのようなキャリアプランが考えられるのでしょうか。

ほとんどのアプリケーションエンジニアが歩む最初の道は開発業務と運営保守業務

ほとんどのアプリケーションエンジニアが最初は、開発業務or運営保守業務のどちらかに携わることになります。

開発業務にはプログラミングの知識と柔軟な対応力が必要

開発業務ではプログラミングを用いて、不具合の修正やクライアントからの追加依頼の開発作業を行います。

また、突然イレギュラーな仕事が舞い込んでくることもあるので、どんな状況にも柔軟に対応できる力が必要となってきます。

運営保守業務にはコミュニケーション能力とマネジメント能力が必要

運営保守業務では情報処理に加え、顧客からの声を聞いて開発業務を行っている人に伝えるというパイプの役割も果たしています。

業務全体がどのように動いているのかをしっかり把握しておく必要があり、高いコミュニケーション能力も求められます。

システムエンジニアへのステップアップが王道キャリアパス

開発業務と運営保守業務で培った経験と知識を活かして、システムエンジニアへキャリアアップする場合が多いです。

システムエンジニアでは今まで学んだ知識や経験が試される

システムエンジニアになると開発業務と運営保守業務で学んだことをより高度なレベルで要求されます。

そのため、システムエンジニアでは今まで培った経験とスキルが必要不可欠です。

逆に言うと、ある程度の経験や知識がないとシステムエンジニアとして認められるのは厳しいと言えます。

システムエンジニアに最も必要なスキルはコミュニケーション能力

クライアントと直接関わる機会やクライアントと技術者のパイプ役をする機会が更に増えるのでコミュニケーション能力がより一層重要になってきます。

それに加え、レベルの高い概要設計や基本設計を提案できるスキルが必要となってきます。

システムエンジニアの次はプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーへ

システムエンジニアとして成功した後には、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった様々なキャリアパスが用意されています。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーの仕事は現場責任者と管理者

プロジェクトリーダーは現場責任者、プロジェクトマネージャーは現場の管理者とよく例えられます。

プロジェクトリーダーは現場の技術者にどのように動くのかという指示を出す役割、プロジェクトマネージャーはプロジェクトを円滑に進めるためにお金や人員などを考える役割です。

役割が似ているように見えますが、どちらがいなくてもプロジェクトが円滑に進まなくなるほど重要な役割なので相当なキャリアを積まない限りこの業務が任されることはありません。

プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーに必要なスキル

どちらの業務にも必要なスキルとしては、全体を見渡せる広い視野を持っているということです。

また、プロジェクトリーダーは技術者に細かい指示を出す必要があるので開発に関する詳しい知識を持っている必要があり、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の動きを完璧に把握しておく必要があります。

理想のキャリアプランに沿ったキャリアパスを歩むための転職例

自分が思い描いたキャリアプランに沿ったキャリアパスを実現するために他社への移動を検討する人も多いです。

アプリケーションエンジニアは転職先でも同じ業務に携わる場合が多い

アプリケーションエンジニアは他社に移ったとしても、以前培った経験を活かしてアプリケーションエンジニアとして働くことが多いです。

60%以上のアプリケーションエンジニアが他社に移った後もアプリケーションエンジニアとして働いているというデータもあり、このようなタイプの人はその後プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになることが多いです。

培ったスキルを利用できる別の業務に携わるという選択肢も

アプリケーションエンジニアで培ってきたスキルを利用して、ITコンサルタントに転職したという人もいます。

ITコンサルタントは、アプリケーションエンジニアが転職するのに非常に向いている職種であり、その人気も高くアプリケーションエンジニアが転職する職業のベスト3にも入っています。

転職でアプリケーションエンジニアからのキャリアアップを

アプリケーションエンジニアは、アプリケーションエンジニア→システムエンジニア→プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーという流れが王道のキャリアパスとなっています。

しかし、もし自分の現在のキャリアパスに不満があるという方は、自身のキャリアプランを叶えるためにも転職を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

インフラエンジニアが転職後に活躍出来る業種・業界を徹底調査
インフラエンジニアは、景気に左右されない業種である一方で、多忙で評価されにくくもあります。もし転職…
DODAエンジニアITは非公開求人だけじゃない!利用してみるメリット
DODAエンジニアITは、求人の中でも非公開求人を多く取り扱っていることで知られています。ここでは、非公…
マイナビエージェントITでの実際の面談フローを公開
新卒就活活動と転職活動は同じものだと考えてはいけません。今回はITエンジニア転職をする際に、よく使わ…
プログラマーの転職は同業種が得?稼げる転職先は
プログラマーの転職先には3つの選択肢があります。同業種か、異業種か、それともフリーランスかです。こ…
pagetop