東京23区で募集しているプログラマーの転職求人情報の傾向

TOP > 東京23区のエンジニア転職 > 2018年東京23区のプログラマー転職求人傾向を調査

2018年東京23区のプログラマー転職求人傾向を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
品川の高層ビル

東京23区には非常に多くのIT企業が集まっています。

ベンチャー企業の求人も多いですが、年収アップを狙うなら大手企業への転職がオススメです。

今回は東京23区で募集しているプログラマーの求人情報を調査しました。

渋谷には有名IT企業が集結

渋谷区にあるIT企業はおよそ2300社。都内で4番目にIT企業が多い区です。

以下のような有名企業があります。

  • DeNA
  • サイバーエージェント
  • GMO
  • LINE
  • SmartNews
  • mixi
  • BASE

これらの企業の関連会社が渋谷に集結しているため、非常に多くの人がIT業に従事しています。

大企業への転職は年収アップを期待できる

サイバーエージェントやDeNAの平均年収は700万円前後。社員の平均年齢が30歳前後なので、一般的にも非常に高い水準です。

もちろん、それだけ求められるレベルは高いです。転職での採用ともなると非常に高いコミュニケーション能力、現職(現職)での経験が必要です。

転職プログラマーの狙い目は大企業のグループ会社

大企業への転職案件は滅多に出ることがありません。その上、競争率が高いため初めての転職で採用されることは難しいでしょう。

グループ会社まで広げて転職求人を見てみると意外とたくさんの求人があることが分かります。サイバーエージェントのグループ会社であるサイゲームスではたびたびゲームプログラマーを募集しています。

外資系大手IT企業が集まる東京都港区

港区には3000社を越すIT企業が集結しています。都内で一番IT企業が多い区になります。従業員数でいうと約100万人程度で、渋谷区の50万人に比べると圧倒的な数であることが分かります。その分、転職求人も多く出ています。

港区にオフィスがある有名企業は以下の通りです。

  • Yahoo
  • Google
  • マイクロソフト
  • 日本オラクル

転職求人の情報を見てみると、六本木ヒルズやミッドタウン周辺に集結している印象です。外資系企業が多いのも特徴ですね。

外資系IT企業に転職するなら英語スキルが必須

TOEIC800点程度あると非常に有利です。転職エージェントから非公開の求人を紹介してもらえることも。

プログラマーはコーディングこそ一人で出来ますが、プロジェクトはチーム単位で動くため「そつなく会話が出来る」程度の英語力が欲しいところ。しかし、外資系企業の中でも英語を殆ど使わず、使うタイミングと言ったら本社からのメールを読む時程度ということも多いです。採用試験に進む前までにどのような社風か企業研究を行いましょう。

外資系は学歴があまり関係ない

外資系企業の特徴は、採用に学歴が関係ないということ。実力はあるのに新卒で大手企業に入れなかったという人が、転職で大手外資系企業に入社することが出来たということはよくある話です。

現在の就職先に納得がいかない入社2、3年目のプログラマーでも十分可能性がある市場です。

歴史のある固い企業が集まる江東区

江東区には固いIT企業が集まっている傾向にあります。ベンチャー系IT企業が多い渋谷区とは逆の印象です。

  • NTTデータ
  • SCSK株式会社
  • 日本ユニシス株式会社

NTTデータや住友商事グループのSCSK株式会社などは、経営基盤がしっかりしているので安心して就職することが出来るのが特徴。変化の波が激しいIT業界の中で安定した職に付きたいなら、歴史のある企業が狙い目です。

歴史のあるIT企業は自分で考えて働きたい人には向かない

歴史のある企業に就職したプログラマーやエンジニアによく言われるのは、「プログラムが成熟していて改善の余地が無い」ということです。

プログラムが成熟していると新しいコードを書く必要も無くなってきます。システムが安定するのは良いことですが、コーディングが好きなプログラマーにとっては刺激の少ない職となってしまうこともあります。

23区のプログラマー転職市場は非常に大きい

大手IT転職サイトのエン転職に掲載されている都内のプログラマー募集は108件。この数字に加え、登録後に個人に対して送られる非公開求人や転職エージェントに出しておらず自社HPで公開している求人要項を合わせると非常に多くの転職求人があることが分かります。

IT企業は一箇所に集中するため転職の際にまわりやすいのもポイント

現職で働きながらの転職活動となると、有給休暇をとっての活動となるかと思います。その影響か、転職者の平均選考社数は6社と少なめの数字に。23区内での転職活動であれば一日に2社3社と受けることが出来るため、転職者にとっては有利な市場なのです。

選択肢が多いからこそ転職先をしっかりと選択しよう

たくさんの企業を選択肢に入れることが出来るからこそ、転職先選びはしっかりと自分の希望に合った企業かどうかを見極める事が必要。とは言え、仕事をしながらの転職活動であれば莫大な数の転職求人の中から探し出すのは難しいでしょう。そのような方は、転職エージェントを利用してある程度自分に合った企業を選んで貰った中から選択するのも一つの手です。

23区内は多くの有名企業が存在するITエンジニア転職市場!

23区のIT企業数はとても多く、その分チャンスも広がっています。

転職を通して自分の理想のキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

関連する他の記事

DODAの職種図鑑でエンジニアとしての転職先が広がる?
求人を探し始める前に、DODAの転職サービスのひとつ職種図鑑を利用してミスマッチを防ぎましょう。今回は…
ITコンサルタントへの転職を有利にする資格4選
ITコンサルタントへの転職を考える時、持っておくと便利な資格を紹介。キャリアアップの為に転職するなら…
エージェントより有利?DODAエンジニアITの直接応募とは
DODAエンジニアITにある直接応募サービス。エージェントを利用しない方が、手数料がかからない分採用して…
口コミからわかるtype転職エージェントの評判!
業界では老舗の転職サイト@typeが運営している転職エージェントで他社とは違い穴場的な存在のエージェン…
pagetop