女性の転職ならレバテックキャリア

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > 女性が働きやすい職場とは?転職するならレバテックキャリアで相談しよう

女性が働きやすい職場とは?転職するならレバテックキャリアで相談しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバテックキャリアのロゴ

女性ITエンジニアの転職こそ、転職エージェントの利用をお奨めします。今回は、レバテックキャリアを利用して女の人の働きやすい企業に転職する方法を紹介します。

レバテックキャリアで転職をする女性ITエンジニアとはどんな人?

ITエンジニア業界にはそもそも女の人が少ないので、自分以外の方々がどのように転職しているのかを把握しにくいですよね。そういったところを知るためにも、レバテックキャリアなどの転職エージェントに登録することは有益です。まずはじめに、どのような人がレバテックキャリアで転職を検討しているのかを確認してみましょう。

家庭のために働く環境を整えたい

女性エンジニアが転職する一番の理由が働く環境の改善です。やはり圧倒的に男性が多い業界。女の人のライフスタイルに当てはまる職場を探すのはなかなか骨が折れる仕事です。

残業時間が女性の生活を圧迫する

エンジニア職は一般的に残業時間が多い職業。独身の時は残業をしていても少々疲れるだけで、特に気にしたことは無かったという人も、家庭を持ってからは急に負担となったという人が多くいます。

長く勤務を続けるためにも、早い段階で残業が少ない環境に移動したほうが安心でしょう。

時短勤務や産休制度などが取れない

ITエンジニアが働く企業は中小企業がほとんどです。そういった企業では、女の人に考慮した育休、産休、時短勤務制度が整っていない場合も多々あります。他の業界に比べてこういった制度に遅れがあるのは、そもそも女性エンジニアが少ないという背景もあります。女の人に配慮した制度がしっかりと整っている企業は少ないので、自分で探すよりもレバテックキャリアなどの転職エージェントに探してもらったほうが楽だし確実ということでしょう。

女性が転職エージェントを利用すべき理由2つ

女の人が新しく転職先企業を探すなら、レバテックキャリアを利用することをお奨めします。これには、2つの理由があります。

女の人が少ないIT業界だから求人を探すのが大変

まず1つ目の理由は、女の人に向けたサポートがしっかりした企業を探すことは非常に大変だということです。ある統計では、女性のエンジニアは全体の1割にも満たないとの結果も。確かに、IT業界で働いていて女の人に会う機会は本当に稀ですよね。

そんな背景なので、女の人に向けた福利厚生に力を入れる企業は非常に少ないです。その一方で、IT業界の転職市場は活発で、莫大な求人数があります。

自分の手で、転職サイトから女の方向けの求人を探すのは難しいのです。

レバテックキャリアは、担当のキャリアアドバイザーが希望に沿った求人案件を紹介してくれます。その上、女性の転職支援実績も多数あるので、登録者以上に女の人が働きやすい職場とは何かを知っているはず。安心して任せる事が出来ます。

レバテックキャリアには女性の専任アドバイザーも多数在籍

女の人独特の悩み・問題を相談するには、同じ立場である女の人のアドバイザーが適任です。しっかりと重要性を理解してくれるだけではなく、悩みも相談しやすい存在となるでしょう。

レバテックキャリアには女性のアドバイザーが多数在籍。転職実績数が全社トップだという実力のあるアドバイザーもいるので、不安を感じずに済みます。

好条件の非公開求人が80%も

レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェントなので、他のエージェントと比べても非常に多くの非公開求人を持っています。非公開求人は基本的に好条件で案内しているからこそ、一般的には公表されないとされています。中には女性の働きやすい、福利厚生がそろった求人もあるかもしれません。

この非公開求人は転職サイトや転職エージェントの公開求人には載らないものなので、レバテックキャリア利用でしか紹介を受けることができません。

女の人が働きやすいサポート制度ってどんなものがあるの?

理想を言えば、休暇を取るという方法ではなく子供を育てながらでも働ける環境が整っているのが一番ですよね。女の人の活躍を支援している企業ではどのような取り組みが行われているのでしょうか。

ベビーシッター育児支援事業制度を活用する企業も

GMOインターネットグループなど、子供未来財団が行っているベビーシッター制度を導入している企業もあります。

ベビーシッター制度を導入している企業では、ベビーシッター利用料の何割かを企業側が負担するというサポートも。育児をしながらでも女性が活躍できるようにするという動きは少なからずあるようです。

レバテックキャリアを利用して働きやすい職場を見つけよう

女性の転職は、男性の転職よりも気にしなくてはならない条件が多く、大変な労力を使います。レバテックキャリアを始めとする転職エージェントの力を借りましょう。

将来のキャリアパス・キャリアプランを今一度考え直し、今のままの職場で活躍できる未来があるのかを想像してみましょう。未来の自分像が見えないようなら、転職を考えてみるのもひとつの手です。

関連する他の記事

2018年東京23区のプログラマー転職求人傾向を調査
東京23区のITエンジニア転職求人の傾向を調べました。大手ベンチャー企業も多い23区での転職なら年収700…
dodaの求人検索会は非公開求人が見放題のサービスだった!
dodaを使っている人は必見!今回はdodaのサービスのひとつである非公開求人を見ることができる「求人検索…
アプリケーションエンジニアに転職のタイミングなんて無い?
アプリケーションエンジニアに転職するならいつが良いのか?転職市場を長年見てきた筆者が答えます!未経…
未経験からでもなれる!インフラエンジニアに転職
未経験からはじめるインフラエンジニアについて、インフラエンジニアの種類や仕事内容、気になる給与など…
pagetop