リクナビNEXTを使うには職歴が必要か

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > リクナビネクストは職歴がないと転職できない?

リクナビネクストは職歴がないと転職できない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはリクナビネクスト(リクナビNEXT)というサービスをご存知でしょうか?リクナビネクスト(リクナビNEXT)は転職希望者向けの求人サイトのことです。

今回、リクナビネクスト(リクナビNEXT)は職歴なし、既卒者でも使えるのか調査していきます。


リクナビネクストの概要・メリット

リクナビネクスト(リクナビNEXT)の基本情報・どんなメリットがあるのかについて紹介していきます。

求人数は業界最多の9000件以上!

リクナビネクスト(リクナビNEXT)の最大の特徴は求人数が多いことです!求人数が多いので幅広く会社や職種を見ることができます。

求人数が多いので職歴がなくても応募が可能な「未経験歓迎」求人もある場合が多いです。

スカウトサービスがある

リクナビネクスト(リクナビNEXT)にはスカウトサービスがあり、自分から説明会会場に足を運ばなくても個別の会社説明会や面接までの案内が直接届くというものです。

スカウトサービスは「プライベートオファー」と「オープンオファー」の2種類あります。

「プライベートオファー」は登録者個人に直接送るものが多く、リクナビに登録した、職務履歴書を見て、あなたに個別に送るものとなっています。書類選考を免除されてすぐに面談になる案内が来る特殊なスカウトです。

「オープンオファー」は自分の知らない企業の求人を知るチャンスです。しかし、この「オープンオファー」は多くの人に送られるものなので、企業のあなた個人への関心度は「プライベートオファー」に比べると低いので就職にはつながりにくいかもしれません。

リクナビネクストのデメリット

求人数が多いリクナビネクスト(リクナビNEXT)ですが、大手だからこそのデメリットがあります。

登録者が多い

リクナビネクスト(リクナビNEXT)は大手で求人数も多いですが、反対に登録者数が多いです。大手求人といった人気がある求人となると、求人に対する倍率が高くなり、100倍といった数字になることもあります。

そのため、条件の良い会社など、職歴がない場合だと選ばれにくい可能性がありますので、デメリットとなります。

オープンオファーが多すぎる

自分の知らない企業を知ることができるスカウトサービスですが、オープンオファーがたくさんありすぎてしまって、情報過多になってしまうことです。プライベートオファーと違い、他の応募者と比べて有利になることは、ほとんどありません。全てのオープンオファーに応えるだけではゴールである転職をすることが難しくなってしまいます。しっかりと自分のいきたい企業や職種を考えて、見極めを行いましょう。

質の悪い求人もあることも…

求人数が多いので、ブラック会社も紛れている場合もあります。

しっかりと求人情報以外にも、会社の情報を収集しておきましょう。

リクナビネクストで職歴なしでも転職できる?

リクナビネクスト(リクナビNEXT)は、登録情報の中に職務履歴書を書く場所があります。職歴がない人には、充実した内容を書けないことが多いと思います。

そうなると、リクナビネクスト(リクナビNEXT)からプライベートオファーが他の人よりも届きにくい場合もあります。

また、担当のキャリアアドバイザーがつくことがないです。将来の自分のこと、目指すべき方向が決まっていない人にとっては、求人数の多さは情報過多になってしまいデメリットになってしまうかもしれません。

そこでおすすめしたい転職支援サービスはDODAです。

職歴なしにはDODAがおすすめ

公開求人数3,836(2018年10月現在)対応地域全国
非公開求人80~90%職種アプリケーションエンジニア・プログラマ
強い業界システムインテグレーター(Sler)設立2010年6月2日

経験がなく、職歴がない人におすすめするサービスは就活エージェントのサービスです。就活エージェントのサービスは、DODAの他にリクナビエージェント、マイナビエージェントなどもありますが、この2つのサービスは職歴がない場合だと登録できないことが多いみたいです。そこでおすすめなのがDODAです。

就活エージェントを使おう

リクナビネクスト(リクナビNEXT)との違いは、転職のサポートをしてくれるキャリアアドバイザーがついてくれること、非公開求人が多く、転職エージェントからの紹介なので競争倍率が低いということです。

職歴がない場合だと、自分の将来の方向性について自分だけで考えるのは難しく、求人サイトだけで自分だけで判断して就職するのは困難だと思います。転職エージェント一緒に活動を行うことで、面接や応募書類に関するアドバイスをもらうことができます。

DODAは職歴なしでも面談してもらえる可能性が高い

就活エージェントサービスは登録前に、就活面談を受ける必要があります。先ほどあげた、リクナビエージェントやマイナビエージェントは面談まで行けないことがあります。しかしDODAなら、職歴といった経歴から判断ができない場合でも面談まで行けることが多いです。面談では、「この人に仕事を紹介してよいか」という判断をされます。職歴ではなく、就職意欲から見てもらえるので職歴がなくても安心です。

DODAが向いている人

職歴がない場合でもDODAは使える場合が多いことを紹介しました。

転職エージェントからの連絡が多く、DODAを使う人には向き不向きがあります。DODAが向いている人を紹介します。

DODAが向いている人

  • すぐにでも就職したい人
  • 自分の目指すべき場所が分からない人
  • 公開求人から応募するのが嫌な人
  • 就活に焦りを感じている人
DODAエンジニアITの公式ページへ

まとめ:リクナビネクストよりDODAがおすすめ

リクナビネクスト(リクナビNEXT)は求人数も多く、大手求人といった魅力的な求人も数多くあります。しかし、職歴がない場合は人気求人の倍率が高くすぐにでも転職するのは難しいことが多いです。

そこで職歴がない場合でも登録がしやすい、就活エージェントのDODAをおすすめしました。

現在、人手不足の職場も多く、売り手市場になっているので、この機会を逃さないように、上手く就職支援のサービスを使って、よりよい仕事ライフを。

関連する他の記事

エンジニア転職なら使いたい!リクナビNEXTの最新アプリ情報
新しくリリースされたリクナビNEXTのアプリ。莫大な求人情報があり、情報が渋滞しているITエンジニア転職…
DODAは本当に第二新卒におすすめ?その理由を徹底調査!
第二新卒として転職を考えている人は、どうやって転職をしようかと考えている人が多いのではないでしょう…
レバテックキャリアは連絡がしつこい?登録してみた
レバテックキャリアは転職支援型の転職サービスです。担当のキャリアアドバイザーが付いて求人紹介やサポ…
文系出身からのプログラマー転職において知っておきたいこと
プログラマーという単語を聞いたことがあると思います。プログラマーは理系の人が就く仕事だと思っていま…
pagetop