リクナビNEXTのプロジェクトマネージャー転職

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > 未経験でプロジェクトマネージャー転職は無理?リクナビNEXT

未経験でプロジェクトマネージャー転職は無理?リクナビNEXT

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビNEXTのロゴ

未経験、スキル無しでいきなりプロジェクトマネージャーに転職するのは難しいです。これは、リクナビNEXTに限らずどの転職サイト・転職エージェントでも同じでしょう。では、PM転職を成功させるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。リクナビNEXTに実際に掲載されている求人をもとに解説していきます。

リクナビNEXTの求人で必要とされているスキル

プロジェクトマネージャーの転職に必要とされているスキルは、技術面でのスキルとマネジメント面でのスキルです。

PMはプログラマーとの距離が近いのでプログラミングスキルも必須

プロジェクトマネージャーに必要とされている能力は「エンジニアとして基本となる技術的な能力」、「チームをまとめプロジェクトを円滑に進めるマネジメント能力」の2つに分けられます。

IT業界に身を置いている人なら感じ取ることが出来るかと思いますが、こだわりの強いエンジニアやプログラマー達を統率することは決して容易くないです。これらのどちらかが欠けていたら、マネジメントをすることは難しいでしょう。

リクナビNEXTのPM求人にも、プログラミングとマネジメント両方の経験を求めていることが多いです。

プロジェクトマネージャーを務める上で大切な3つのスキル

プロジェクトを進めていく上で大切なスキルは3つあります。

  • スケジュール管理やコスト管理におけるマネジメントスキル

    プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の動きや流れを誰よりも把握している必要があります。スケジュールやコストの管理に始まり、誰がどこでどんな動きをしているのか、遅れが発生している箇所はないか、といったことを常にチェックして対策を行わなければならないのです。

  • クライアントとの折衝における必要なコミュニケーションスキル

    プロジェクトマネージャーに最も必要と言っても過言ではないのが、このコミュニケーションスキルです。ヒューマンスキルであるにも関わらず、リクナビNEXTの掲載求人にもはっきりと書かれていることさえあります。プロジェクトの責任者としてクライアントからの要望や不満を現場の技術者に伝え、対応したり、協力会社と自社との関係性を構築し、プロジェクトが円滑に動くようにうまく情報の伝達を行わなければならないのです。

  • 技術者に的確な指示を出すために必要な設計やプログラミングのスキル

    プロジェクトを進める上で現場の技術者に指示を出す機会も多くあります。そんな時に設計やプログラミングの知識がないと、個人にかかる仕事の量などをうまく采配できずに仕事を与えてしまうことにつながります。そして、結果的にプロジェクトがスケジュール通りに進まないという状況にもなりかねないので、設計やプログラミングについての最低限の知識は必要です。リクナビNEXTで転職する場合は、転職エージェントに掲載されている求人ほどではありませんが、ある程度の実務経験は求められていると考えるようにしましょう。

プロジェクトマネージャーの平均年収と働く環境

PMの平均年収は、20代後半は500万円弱、30代前半で600万円弱、30代後半では650万円程度で年収レンジは、400万円~900万円が主流となっています。リクナビNEXTに掲載されている求人も、平均水準の求人が多いです。

これは、プロジェクトのマネージャーとしてのスキルがある方が求められています。大手のプロジェクトマネージャーですと、単金が高いこともありリクナビNEXT掲載求人の中でも年収が高い傾向にあります。

プロジェクトで大規模案件は、大手プロパー社員が担当することが多くなっています。そのため、大手や準大手で要員が足りない補強対応としてスキルを持ったプロジェクトマネージャーが求められます。

最初の頃は、狭い範囲やサブマネージャーを経験することになりますが、信頼を受けて徐々に業務範囲を広げていくことになります。いままでプロジェクトマネージャーとして働いていた方でも、会社によって仕事の進め方が異なるので、仕事の進め方を覚える期間が必要となります。

責任は重いがやりがいのある仕事

プロジェクトの内容、納期、規模や予算を見て必要なエンジニアを自分で配置し、開発の全体をマネジメントします。

ここで手配するエンジニアは自分の会社のスタッフに限らず、コンサルティングファームやソフトウェアハウスなどから動員されることもあります。リクナビNEXTで求人を探す際も、上流家庭なのか下請けなのかを確認しましょう。

さらにクライアントやシステムの企画に携わるITエンジニアといった企画側と、実際に開発作業をする開発側の間で、交渉やスケジュールの調整も担当します。

開発プロジェクトが成功するかはプロジェクトリーダーの力量にかかっていると言えます。

つまり、かなりのやり甲斐を感じられる仕事だということです。開発メンバーからの働きやすいという声を聞いたとき、計画どおりにプロジェクトが進み大成功をおさめたときなどの喜びは良いものです。

スキルや経験があるならリクナビNEXTから応募してみよう

プロジェクトマネージャーの仕事内容、また転職をするのに年齢は関係ないということを理解できたと思います。

挑戦をするなら気持ちさえあればあとは経験とスキルを積み上げるようにしましょう。

最近の求人サイト、リクナビNEXTでは未経験者を募集している企業がたくさんあります。

大企業であればあるほどPMが必要となってきます。やりがいもあり、夢があるプロジェクトマネージャーという仕事に興味、関心が湧いたら、実際に求人サイトを見て自分に合いそうな企業を探してみるとよいです。

また、リクナビNEXTは転職エージェントに比べて気楽にエントリーできるというところも魅力です。

詳しく相談できる転職エージェントを利用しながら、リクナビNEXTを利用して面接慣れをしていくのがおすすめです。

関連する他の記事

ITエンジニアが転職を考えるきっかけとは
エンジニアの方が転職しようと考えるきっかけは何があるでしょうか?実際に転職をした人のきっかけについ…
SIerからWeb系に転職できるの?Web系エンジニアに必要なスキルとは
近年、SIerからWeb系への転職の意識が高まってきています。しかし「転職できるだろうか」といった不安も…
大手で年収アップを狙え!プログラマーの転職事情
プログラマーとして中小企業に勤務していながら、仕事が大変で割に合わないため、大手企業への転職を考え…
Web系に転職して後悔している?後悔理由3選と後悔しない為の方法ご紹介
Web系に転職したけど、既に後悔している…そのように感じている方が実は少なからずいます。こちらの記事…
pagetop