CMで話題のリクナビNEXTのサービス内容とは?

TOP > おすすめ転職エージェント > リクナビNEXT > 大泉洋のCMで話題!リクナビNEXTのサービス内容とは?

大泉洋のCMで話題!リクナビNEXTのサービス内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
リクナビネクストのロゴ

リクナビNEXTは、最近放送されていた大泉洋さんのCMでも話題になっていましたね!

CMでは、仕事について様々な悩みを抱える若者のそばで応援歌を大泉洋さんが歌い、一人ひとりの求職者のそばにというメッセージが伝わってくるCMでした。

話題のきっかけになったのは、出演者の女優さんや大泉洋さんの歌唱力の高さですが、リクナビNEXTのサービスも再び注目を浴びています。

ここでは、リクナビNEXTのサービスを紹介していきます。

リクナビNEXTのサービス内容とは?

リクナビNEXTは、国内の登録者数590万人以上と日本の中でも最大級の転職サイトになります。

また、求人数が他社なお転職サイトに比べて圧倒的に多く、毎週1000件を超える新着求人も更新されています。

運営会社はリクルートグループと転職業界の最大手なので独占求人が多く、リクナビNEXTにある求人の87%はリクナビNEXTにしかない求人です。

求人数が多いことで求職者の人企業のマッチング率も非常に高くなっていて、転職決定者は業界最多の46%になります。

転職エージェントとの違いは?

最近、転職活動を行う上で転職エージェントを利用する方が増えています。

転職エージェントとは、求職に対してヒアリングを行い就労するうえでの希望条件を聞き、担当のキャリアアドバイザーが企業の求める人材とマッチしたものを紹介し、今まで手間のかかる面接日や入社日の調整や面接対策などを行ってくれるサービスです。

転職エージェントは希望条件にあった職場に転職しやすいといえますが、紹介された求人にしか応募できないということや時間がかかるというデメリットがあります。

リクナビNEXTは自分で求人を探して応募するため、自分のペースで転職活動を進めることができます。

また、リクナビNEXTでは担当のキャリアアドバイザーがいない代わりに、インターネット上での様々なサービスが充実していて条件に合った求人を見つけやすくなっています。

自分の市場価値を知れるスカウトサービス

スカウトサービスはリクナビNEXTの名でも最も代表的なサービスです。

これまでの、職歴や学歴と希望の就労条件を登録しておくことで、それを見て興味を持ってくれた企業からオファーを貰える仕組みになっています。

オファーをもらう企業は、前職の業界や全くの異業種などがあり、自分の新たな可能性を考えるキッカケにもなります。

また、自分がどういった職種や企業からオファーが来るのか確認することで、自分の市場価値を知ることもできます。

リクナビNEXTのCMが話題?

大泉洋さんのリクナビNEXTは一部のメディアで非常に話題になりました。

仕事に悩む若者のそばで大泉洋さんが歌う歌はリクナビの「転職者のそばに」というメッセージがしっかりと伝わってくるCMでしたね。

「フレフレ、人生」というサブタイトルのように、今の職場での悩んで転職を考えた人のために様々なサービスを用意しています。

それが、グット診断と転職フェアになります。

グットポイント診断

グットポイント診断では、あなたの長所を見つけるために特化した自己分析のツールになります。

このサービスは、リクナビNEXT登録後に30分という短時間で行うことができ、ビジネスパーソンとしての欠かせない18の要素からあなたの強みを5つ見つけてくれます。

この診断結果が、自身のアピールポイントとかぶっていた場合は、面談の際のアピールポイントを裏付けする材料としても利用することができます。

登録者の80%の方が利用している人気のサービスになっています。

転職フェア

スカウトサービスやグッドポイント診断などインターネット上でのサービス以外にも、就職活動に役立てることができる転職フェアというものを行っています。

参加することで、一度に多くの企業を実際に見ることができ、実際に採用担当の人話すことで企業の会社の方針など細かい部分の話ができます。

また、転職エージェントのようにキャリア相談をすることもでき、この先の人生を考えての転職活動を行っていくことができます。

このようなイベントに積極的に参加することで、インターネット上ではわからない点や不安な点を解消することができるので参加することがおすすめです。

リクナビNEXTのサービスは充実していて転職しやすい!

ここまで見ていくと、リクナビNEXTは転職エージェントのように担当のキャリアアドバイザーはいませんが、その分自分一人で転職活動を進めていきやすいサービスが充実しています。

CMの最後のほうに出てくるリクナビNEXTのロゴと一緒に「転職者のそばに」というフレーズが付いていましたが、まさしく求職者一人ひとりに寄り添ったサービスを展開しているといえます。

働きながらの転職活動にはどうしても限界がありエージェントを利用する方にもスカウトサービスで市場価値をして置くことは重要なので、登録しておいたほうが良いでしょう。

リクナビNEXTを活用して、自分のペースでゆっくり確実に転職活動を進めていきましょう!

関連する他の記事

Web系エンジニア転職にはこのスキルを!SIerからの転職
SIerエンジニアからWeb系エンジニアに転職する際に必要なスキルや経験を紹介。実際の求人情報から企業に…
リクナビNEXTの「応募歓迎」経由の応募は内定が得やすいのかを調査
リクナビNEXTの「応募しませんか?(応募歓迎)」というメッセージ。果たしてこれは内定が取りやすくなる…
SIerが転職を決める際に絶対見ておきたい正しい転職理由とは?
転職を考えているSIerは必ずチェックしておきたい!転職失敗で後悔しないための正しい転職理由について紹…
ITコンサルタントのキャリアパスを知りキャリアプランに合う転職を
ITコンサルタントのキャリアパスについて詳しくご紹介します。
pagetop