レバテックキャリアが無料のわけ

TOP > おすすめ転職エージェント > レバテックキャリア > レバテックキャリアはなぜ無料?転職エージェントの仕組みを暴露

レバテックキャリアはなぜ無料?転職エージェントの仕組みを暴露

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバテックキャリアのロゴ

レバテックキャリアのサービスは全て無料で利用することが可能です。キャリアアドバイザーの面談サービス、職務経歴書の添削、面接練習、求人紹介…たくさんのサービスがあるにも関わらず、全て無料で利用することができるのは何故なのでしょうか。

今回は、レバテックキャリアを始めとする転職エージェントが何故無料で提供されているのか、その仕組について言及していきます。

レバテックキャリアは企業と契約を結び収入を得ている

転職エージェントは企業と人材をマッチングさせることによって収入を得ています。大抵のサービスは成功報酬型となっており、転職希望者が企業に就職した時点で、報酬が支払われます。この形ですと、企業側が無駄に予算を使うこともないですし、転職エージェント側もその分たくさんの企業を集めることができてサービスの強みとなるのです。

転職者の年収の30%がエージェントの利益に

エージェント側が企業から受け取る報酬は、だいたい転職者の年収の30%~35%程度だと言われています。レバテックキャリアがどのくらい貰っているのかは分かりませんが、それにしても大きな額であることは間違いありませんよね。例えば、年収500万円の人の転職をサポートすると、エージェント側には150万円~175万円程度の報酬が入るという計算になります。

これだけの報酬が入ると考えると、転職者にマンツーマンでのサポートが可能なことも頷けます。

同じ企業を複数の転職エージェントで見るのは成功報酬型だから

大抵の転職エージェントは成果報酬型だとお話しました。つまり、企業側からすると内定者が出ない限り損をすることは無いのです。そのため、企業はさまざまな転職エージェントに出稿して、広く応募者を募っているのです。

無料なのには罠がある?無理やり就職させられる危険性はあるのか

成果報酬型だとしたら無理やり企業を勧められるのでは?そのように思う人も多いでしょう。しかし、転職エージェントのビジネスモデルはそのようには動いていないので安心して利用することができます。以下で詳しい理由を見ていきましょう。

長期で勤務しない限り満額の報酬が出ない

やはり、企業側からしても報酬金目当てで全く働く気のない人材を紹介されたら困ります。そういったグレーなケースを防ぐために、「入社してから決められた期間たたずに退職した場合、いくらかを返金する」という対策が取られています。

そのため、転職エージェント側からしたら登録者にしっかりと長期間働ける企業に就職してもらうことが最善手。しっかりとマッチングをしてもらうために、わざわざ面談をして時間を設けてまで登録者の希望を聞き出すのです。

成果報酬型なので長期間使えない場合も

レバテックキャリアを始めとする転職エージェントサービスは、登録者が入社した時点で初めてお金が発生するサービスです。登録者がサポートしてもらってるうちは、完全に無報酬。そのため、長期間の利用者や転職する気がない人、転職可能性の低い人は報酬に繋がりにくいと判断されて十分なサポートを受けられない可能性もあります。

どうせ利用するなら、しっかりとサポートを受けたいですよね。そのためには、担当のキャリアアドバイザー相手にもやる気が伝わるように振る舞う必要があるでしょう。

サポートを報酬以上に受けたい!利用すべきお奨めサービスとは

転職エージェントのビジネスモデルを知った今、登録者が考えることは「自分の転職によって発生する報酬以上のサポートを受けたい」ということでしょう。年収500万円の人であれば、150万円以上のサポートサービスを受けましょう!ここでは、レバテックキャリアにあるお奨めのサービスを紹介します。

アドバイザーを最大限に活用しよう

レバテックキャリアのサービスのメインと言ってもいいのが、アドバイザーによるサポート制度。

レバテックキャリアには2種類のアドバイザーがいます。まずひとつめはキャリアアドバイザー。キャリアアドバイザーは登録者の希望を聞き出して企業を紹介したり、キャリアパスに関するアドバイスをくれます。

レバテックキャリアに所属するキャリアアドバイザーは、他の転職エージェントと比べて専門分野に長けている人が多いので、ただ求人を紹介してもらうだけではなく自分の価値を判断してもらい、将来のキャリアパスを相談して見ることをおすすめします。第三者の視点でみてもらうことによって新しい進路が開ける可能性もありますし、他の転職サイトで自分で求人を探す場合にも参考にすることができるでしょう。

もうひとつは、リクルートティングアドバイザー。このアドバイザーは、直接企業に訪問して現場のニーズや需要を聞き出してくる、いわゆる企業側への営業担当です。企業の採用担当者との距離が近いので、ネットに出ている以上の有力な企業情報を持っています。面接対策をする上で参考にすることができるでしょう。仲良くしておいて損はないです。

職務経歴書を添削してもらおう

自分で完璧に作るとなると莫大な時間がかかる職務経歴書。新卒就活のときのように、転職活動でもやはり「企業に刺さる経歴書」のお決まりがあります。しっかりとプロの目で添削してもらうべきでしょう。

経歴書の書き方が全くわからないという人は、アドバイザーに頼んで一から教えてもらいましょう。

エージェントを最大限に利用して自分の転職に活かそう

今回紹介したサービス以外にも、レバテックキャリアでは個別相談会や模擬面接などのサービスを提供しています。登録者としては全て無料で利用できるので、こんなお得なことはありませんよね。

ぜひ、レバテックキャリアを利用して自分の転職活動に活かしてください。

関連する他の記事

ITコンサルタント転職に有利なレバテックキャリア!特徴と傾向
現在ITコンサルタントへの転職を考えている人にレバテックキャリアの求人の特徴を解説します。また、プロ…
時短勤務のメリットとデメリットを紹介!子育てエンジニアが進むべき道は
子育てをしながらエンジニア職を続けたいのなら、時短勤務を選択するか定時で帰りやすい社内SEに転職する…
2017年転職求人情報から見る!アプリケーションエンジニアの年収
アプリケーションエンジニアに漠然とした憧れがありませんか。転職先として選ぶなら必要になる資格・スキ…
リクナビNEXTは東京の転職に強い?
東京都内で転職活動をするならリクナビNEXT?都内の人が使うべきお得なサービスを紹介。
pagetop