キャリアカーバーのIT分野における口コミを紹介

TOP > おすすめ転職エージェント > キャリアカーバー > キャリアカーバーの口コミからみるメリットとデメリット

キャリアカーバーの口コミからみるメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャリアカーバーのロゴ

ハイクラス向けの転職サイトCAREER CARVER(キャリアカーバー)。ネットを見てみると、その評判などを書いてある記事はリクルートエージェントなどと比べて少なく、情報が集めにくいです。

今回は、そんな謎に包まれたキャリアカーバーの口コミから、その実態を探みていきましょう!

キャリアカーバーはハイクラスのための転職エージェント

CAREER CARVER(キャリアカーバー)とはリクルートキャリアが運営する、ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトの事を言います。

その特徴は、レベルの高い求人に特化したエグゼクティブ向けの転職サービスであるという点にあります。

登録後のフローを紹介

転職を希望される方はまず、会員登録をします。

その後、ヘッドハンターが会員の入力した匿名のレジュメをもとに転職先を探し、会員にスカウトするという流れになっています。

完全ヘッドハンティング制の求人サイト

キャリアカーバーの強みの一つ目はスカウトを待つだけという点にあります。

従来の転職サイトとは異なり、約100社、800人以上のヘッドハンターが転職を希望されている会員の代わりに仕事を探し提案します。

自分では探せなかった、意外な企業が見つかるかもしれません。

非公開求人には大手企業も

二つ目は、非公開とされている仕事に出会えるという点にあります。

レベルの高い求人、大企業の求人はなかなか公開されませんが、経験豊富なヘッドハンターがその人の適性をもとに仕事を紹介します。

自分の知っている範囲での仕事だけでなく、転職の幅がかなり広がってきます。

IT転職分野における口コミは平均以上!そのメリットとは

キャリアカーバーの口コミはずばり良いと言っていいと思います。どの口コミサイトでも5点満点中平均して4点といった評価でした。

では、なぜ概ねよい評価なのかについてIT転職という観点から紹介していきたいと思います。

首都圏以外の求人にも対応

まず、どこの口コミサイトでも書かれていたメリットが全地域に対応しているという点です。

リクルートエージェントが運営している転職サイトなので、首都圏や関西圏だけでなく、地方や海外にまで範囲を拡大していて、また経営管理者だけでなく技術責任者まで扱っています。大手の転職サイトだからこそ信頼性も高く、IT転職者を多く出しています。

コンサルタントは氏名可能

キャリアカーバーで求人を紹介してくれるヘッドハンターは、登録者側から依頼、指名することができ、ヘッドハンターに合う前から詳細な情報が閲覧可能です。そこには氏名や経歴だけでなく実際の功績など多岐にわたって記載されているため、話が通じなかったり性格が合わなかったりということがありません。

そのため、自分が求めている求人を探してスカウトしてもらえます。

また、自分がそれまでの会社で開発・研究してきたIT技術、積み上げたキャリアを最大限活かす方法や将来のキャリアアップにつなげる方法などもレクチャーしてもらえるため、従来の転職サイトより転職者に近い転職サイトであると多くのサイトで評価されていました。

スピーディーではないのがデメリット

ただ口コミにはいいことばかり書かれるとは限りません。もちろん、キャリアカーバーのデメリットもあげられています。

紹介制なので時間がかかる

一つ目は短期的もしくは急な転職には向かないという点です。

登録後は自分から動くというよりもヘッドハンターからのスカウトを待つという形になるので、中長期的な計画で転職を考えている人以外はおすすめできません。

特に、IT業界は日々の技術進歩の速さが尋常でないので、もし転職を考えているのであれば、転職先の主力事業とされている技術について日々学ぶことで自分の知識を技術進歩に追いついていかなければなりません。

紹介される案件は情報が少ないので冷静な判断を刷る必要がある

二つ目は、情報収集をキャリアカーバーに依存してしまいがちになるという点です。

これも前述したようにあまり一般には公開していない求人が多いため、内部情報について自分でも調べていかなければなりません。

ここで、どういう人材のどういった能力がその会社に求められているか、自分のキャリアが本当に最大限発揮できるかを自分でも調べておかないとミスマッチが生じてしまいます。

特にヘッドハンターも売り上げがかかっているので、100%委ねるのは危険のようです。

最後は必ず自分でしっかりと確認してから、決断しましょう。

このように一部の人にはキャリアカーバーは適さないと言えますが、それでも利用した人の多くがキャリアカーバーを利用して満足しているようでした。

メリットとデメリットを抑えて賢い利用を

キャリアカーバーが他の転職サイトよりシステム的な面で優れているというのはもちろん、それが無料で使うことができるというのもまたキャリアカーバーが選ばれる理由の一つであると私は感じました。

もちろん、口コミにはお金を払っても希望の求人や欲しい情報が手に入らないといった声が多く、転職という人生の転機にお金を出し惜しみたくないという気持ちも分かります。しかし、よりコストパフォーマンスのよい転職活動をすれば、その分、負担が少ないのでIT業界で全く違う分野に転職したとしても自分で学ぶ余裕があり、転職先でも十分能力を発揮することができるのではないでしょうか。

関連する他の記事

ゲームプログラマーはゲーム好きでも志望動機で落とされる!?
「ゲームが好きだからゲームプログラマーになりたい!それだけが志望動機!会社なんて労働条件で選んでる…
SEスキルを活かした転職がしたい!将来の見通しが明るい業種・業界は?
SEは、経験、スキルを活かして異業種、業界でも活躍できるチャンスが大いにあります。同業であればWeb系…
ゲームプログラマーに転職するなら取るべき資格3つ
ゲームプログラマー転職に必要な資格を3つ紹介しています。エンジニア職の中でも人気の高いゲームプログ…
「週3で働ける求人がある?」レバテックキャリアで好条件企業を探す
レバテックキャリアには週3勤務の求人がある?働きやすい職場の選び方を詳しく紹介します!無理なく自分…
pagetop