昨今目覚ましい発展を遂げ続けているインターネットですが、そのネットワークは多くのエンジニアによって支えられています。ここでは、通信業界のエンジニア求人事情を見てみましょう。
" /> 昨今目覚ましい発展を遂げ続けているインターネットですが、そのネットワークは多くのエンジニアによって支えられています。ここでは、通信業界のエンジニア求人事情を見てみましょう。
" /> 通信業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ - 30代までのSE・ITエンジニア転職ガイド『エンジニアキャリアガイド』

通信業界のエンジニア求人情報から見る転職情報

TOP > 通信業界のエンジニア転職 > 通信業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ

通信業界のエンジニア求人情報の現在の傾向・流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
モバイルとタブレット端末

通信業界にはインターネットを拠点としたWebサービス業や情報サービス業などの分野があります。最新技術を扱える人材を求めることがあり、エンジニアが転職先に上げる上でも特に人気です。では、通信業界においてエンジニアの求人の傾向や流れについてご説明します。

通信業界で強く求められる人材とは

通信業界で求められる人材は、ネットワーク分野に精通している人材です。入社後にすぐ戦力になることは大前提ですが、優秀な人材であってもなかなか転職に進めない人も少なくありません。このような事態は採用する企業側も十分に理解していて、最近は経験が少なくとも成長を期待できる人材は積極的に採用しています。

最近はクラウド分野で、各企業が事業に集中させている傾向から、クラウド分野や仮想化技術に関する求人も増えているのです。さらに、ただサービスや商品を新たに開発する能力だけではなく、セールス支援の働きができるエンジニアも求められているのが現状の傾向です。

給与や年収アップのために転職

給料や年収といったお金に関する悩みで転職を考えるエンジニアもいます。通信業界は他の業界と比較しても平均給料が高いです。厚生労働省による平均月間現金給与額の調査(平成25年)では、30人以上の規模の場合、通信業界の平均給与が月額519,181円でした。同じ調査の結果、製造業は406,392円、金融・保険業は503,579円となっており、通信事業の平均給与は高めだと分かります。

実際に年収が上がったエンジニアも多い

お金の悩みが少ないと思われますが、求人サイトの調査では転職をした202人のエンジニアへの調査では、前職よりも年収が増えた人は全体の63%で、逆に減ってしまったという回答は23%という結果があります。残りの人は変化がないという回答でしたが、この差は企業の規模や活動する地域、残業時間など職場環境が変化したことが考えられるでしょう。他にも職種や年齢によっても変化します。

しかし、全体の半数以上が転職によって年収アップに成功しています。このことから年収アップを求めて転職するエンジニアも少なくないと伺えるでしょう。

通信業界のエンジニア求人の今後の動向と求められる経験

目覚ましい発展を遂げる通信事業ですが、現状は人で不足の状態です。その理由は変化が激しい業界なので多様化が進み、即戦力になる人材が少ないからと考えられます。では、今後の求人の動向や求められる経験とは何なのでしょうか。

多様化によるエンジニアの不足

エンジニアの転職先として人気のある通信事業ですが、多様化が進む傾向からエンジニア不足が続いています。エンジニアの多くがスキルを磨き、分野のプロフェッショナルを目指す人が多いです。特にネットワーク関連のエンジニアはその傾向が強くあります。

ですが、現在は特定の分野のみに特化した人材ではなく、様々なスキルと知識を持つ人材を求める企業が多いのです。その理由は、常に新しいサービスや商品を求める業界なので、変化が著しいことが通信事業の特徴と言えます。それに合わせて多様化が進んでいるため、幅広い技術に対応して即戦力を求める人材を求める声が多いのです。

不足が続くのはネットワークエンジニア

通信業界には様々な事業がありますが、雇用が急上昇しているのはWebサービス業です。スマホやパソコンなどの利用者が増えていることから、各事業ではたくさんのサービスが展開されています。ネットワークの需要性はより高まって行く傾向から、事業の規模はますます拡大していくと予想されているのです。このことから、人材不足が発生しやすいと言えます。

ですが、逆にネットワークエンジニアの求人は今後も増えていくと予想されるわけです。通信業界で転職を考えているエンジニアは、ネットワーク関連のスキルや知識を習得すれば、転職後も即戦力として期待される人材となるでしょう。

どのようなサービスが展開され、どんな経験が必要なのか

今後どのようなWebサービスが展開されるというと、クラウドコンピューティングサービスとウェブコンテンツ配信です。サービス別に伸びている分野はウェブコンテンツ配信とショッピングサイトの運営業、またはオークションサイトの運営業が増加傾向にあります。

特に法人だけではなく、個人でも運営できるショッピングサイトのサービスも増加しているため、利用者も増えていることから大きく拡大していると考えられます。ウェブコンテンツ配信もSNSや動画サイトなどの流行により、事業拡大が増えているのです。

個人向けクラウドサービス発展が予想されるため新しい技術への適応能力が重視

クラウドコンピューティングサービスは企業向けのサービスが多いですが、最近はスマホやパソコンのアプリから利用できる個人向けのサービスも展開を続けています。ネット利用者が増えたことで、より拡大しようと考える企業も多いのです。

この背景から、エンジニアはWebサービス業に精通していること、また進歩していく最先端技術の知識とスキル取得していることで、転職が優位に働くと言えます。

まとめ

たくさんの分野で成り立つ通信業界は、事業の拡大と共にエンジニアが不足している傾向にあります。すぐに即戦力となる人材は少ないことから、将来性を感じるエンジニアを雇う姿勢も見られるのです。特に発展が続くWebサービス業、ネットワーク関連の求人が少なくなることはないと言えます。

また、現在の傾向から幅広い知識とスキルを求める企業も多いので、一点特化するのではなく、様々な知識をエンジニアとして身に付けておくと転職が有利になると言えるでしょう。

関連する他の記事

プログラマーが転職をするタイミングはいつ?
プログラマーが転職したいと考えるタイミングはどのようなときなのか。また、転職するとしたらどのような…
スクウェア・エニックスへの転職ならDODA利用を
ITエンジニアの転職希望が多いスクエアエニックス。DODAにはいくつかの求人が出ています。今回は、DODAに…
Linux経験者が注目される転職市場と今後の動き
Linux経験者の今後の転職市場展望と、身につけておくべきスキルについてまとめました。自分の経験やスキ…
dodaは本当に中途の転職におすすめ?タイプ別おすすめ転職サービスを紹介!
「今から転職をしたいけど、この年齢で転職はできるのか?」「dodaって中途の転職には使えるの?」今回は…
pagetop